出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  日本刀講座【完結篇】

日本刀講座【完結篇】

 ところがその方法は、実は現在では〝失われた技術〟なのです。今まで垂れてきた能書きで言われる〝日本刀を作る技術〟は鎌倉時代頃に確立されたようで、室町時代辺りで頂点を極めたものの、その後はだんだん衰退していき、江戸時代には完全に失われました。

↓ 中世期以前に作られた〝超高品質な日本刀〟は、現代の日本の工業技術をもってしても作る事は出来ない(らしい)。

Photo by BebopDesigner

 これは、室町時代以降は日本全国で戦乱が起き、まともな経済活動が出来なかったせいで廃業する刀工が多かった事と、天下統一後の江戸時代には、平和な時代が続いたせいで実戦向けの刀剣の需要が激減した事で、室町以降&江戸時代のいずれにしても刀鍛冶たちの生活が立ち行かなくなり、すぐれた刀工たちの技術は失われていったのでした。

↓ 近年は戦国時代といえば、勇ましい華やかな時代のように盛り上げているが、庶民の経済は相当苦しかった。
関ヶ原合戦屏風「黒田長政隊付近」マルチペーパー

 そんな〝幻の日本刀〟を、刀剣業界では〝古刀(ことう)〟と呼び、それ以降の時代に作られた日本刀を〝新刀〟と呼びます(古刀と新刀の時代の分け方は諸説入り乱れており、様々な分類方法がある)。
 新刀も一応は複合構造を持っていますが〝折れず〟〝曲がらず〟〝よく斬れる〟という日本刀の特徴は結構劣化しており、その精度は古刀の名作には遠く及ばないと言われています。
 もう一つ、こうした技術が廃れたのには、特許も登録商標もなかった昔は、本当に大事な技術は一子相伝で細々と伝えられていった事にも起因します。


↓ 一子相伝といえば・・・
北斗の拳 プレミアムベスト

 刀工の下で働いていた弟子が、日本刀作りのミソである焼入れに使う水の温度を盗み取ろうと、水の中に手を入れたのに気付いた刀工は激怒し、その弟子の手を切り落としてしまったという逸話が残っている事からも、日本刀を作る技術は細々と厳重に守られてきました(これは温度計などのセンサー類がまだ発明されていない〝人間の経験とカン〟の時代に起こった話。最近の研究では、焼入れに使う水の適温は7~10℃らしい)。
 ここまでは、日本刀の製造法と構造について語ってきましたが、最後にその形状について、能書きを垂れてみます。

 西洋刀をイメージすると、大抵は左右対称の諸刃の物が思い浮かびますが、日本刀は片刃で〝反り〟がついています。
 まぁ、日本にも諸刃の剣が作られていた時代はありましたが、それは青銅器と鉄器が混ざり合っていた古代の話です。
 ちなみにこの頃の日本刀は諸刃であるだけでなく、枝のような刃が何本もついた七支剣といったヘンな刀も作られています(古代刀についてはV(-\-)Vもあまり知識がないので、なんとも言えないが、七支剣に実用性があるとはとても思えないので、祭祀用の装飾品かもしれない)。

↓ 七支剣のレプリカ。日本で発見されたが、作られたのは大陸製で〝国産〟ではない。
七支剣
画像参照-Wikipedia-『七支刀』

 しかし、そうした諸刃の古代刀が日本で作られたのは、日本の歴史がかなりあやふやだった時代の話で、大和朝廷が確立されて都が奈良に、そして京都に平安京が作られた頃には、すでに日本人が持つ剣は、片刃の日本刀になっていました。
 日本刀が片刃になったのは、刀身に〝反り〟がつけられた結果です。

 反りのある剣は日本刀だけではありません。このネタの冒頭にもちょっち登場した中国の剣である青竜刀も刀身に反りが付けられています。
 刀が反っているのは、直刃(〝すぐは〟と読む。真っ直ぐな刃のこと)に比べて〝斬る〟ことに適した形状なのです。というのも、人間が刃物を振り回す場合、その軌跡は円運動になり、刃も獲物(?)に対して円を描きながら食い込んでいく事になるわけです。


↓ 剣先の軌跡を見ればわかるが〝刀を振る〟というのは、肩を中心にした円運動なので、刀の刃はカーブ(反り)が付いていた方が、スムーズに切り込める。

Photo by renfield

 こうした角度でモノを斬る時、刃が直刃であるより、反りがついている刃の方が、斬るものに対して鋭利な角度で切り込んでいくのです。
 日本刀の鋭利さは剃刀に匹敵すると言われており、日本刀がいかに〝斬る事を極める〝為に作られた道具であるかという事がわかります。

 これらの工夫は日本の匠たちが、経験とカンによって培われた結果であり、日本刀を単なる〝人斬り包丁〟ではなく、美術品の領域にまで昇華させています(ただし、V(-\-)Vは〝徹底した機能美の結晶〟である銃器や兵器に、とにかく萌えるミリタリーヲタなので、V(-\-)Vが日本刀を美しいと言ってもあまり説得力はない)。



Photo by Samuele Storari

 日本史史上の英雄たちの多くは、日本刀を下げていますが、彼らの腰にはこんな脅威のテクノロジーを秘めた最強のアイテムがあったと思うと、また歴史が面白くなると思います。
=完=


↓ オマケ。あまりの下らなさにちょっと笑えたので・・・
ダメージ 日本刀 両面 Tシャツ (アッシュ) M

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示