出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  ほぼ Diweekly X-ふぁいる vol.66

ほぼ Diweekly X-ふぁいる vol.66

【今週のボツ画像】
Ghost Ship
Ghost Ship / Ishtaure.Dawn


 よそのBlogでも書いたが、先月の半ばから
今月のアタマまで、ちょっと野暮用で東京を離れていた。

 ネットもない様な環境…でもなかったが、
作業がメチャメチャハードで、更新するヒマもなく、
近頃この〝ほぼ Diweekly X-ふぁいる〟は、
〝ほぼmonthly〟に変わりつつある…

 ちょっと前ココに書きたれた様に、
幽霊ネタだけは寒くなる前に終わらせたいねぇ…( ̄~ ̄)


  当ブログは・・・
相互リンク募集中です щ(゚д゚щ)カマーン


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




《最近、クソ暑いのにスーツで出歩くことが増えた》
Darth Vader
Darth Vader / skpy



【今週の検索キーワード】

 アクセス解析の結果、
〝なんでこんなキーワードで検索したんだろう? 
( ̄- ̄ )〟

と思ったキーワードをピックアップしました。


ガンダム キャタピラ
「『機動戦士ガンダム』に出てきたキャタピラのついたメカって何? (゜σ゜)」
という疑問を検索したと思われるが、このキーワードでGoogle検索しても2014年7月現在、該当記事は100位以内にも入っていない。おまけにトップページから、『ガンダム』に登場したキャタピラメカ、〝ガンタンク〟に関する記事やBlogは山ほどヒットしており、わざわざこの記事までたどり着いた検索者の真意は不明だ。
↓ これが〝ガンタンク〟である。主人公メカであるガンダムが接近戦用機動兵器であるのに対して、ガンタンクは長距離支援用メカである。つまりは〝味方側メカ〟なのだが、二足歩行の人型ロボットに比べ、発想的にはリアリティのある兵器である。
MG 1/100 RX-75 ガンタンク (機動戦士ガンダム) 【MGビルダーズパーツキャンペーン特典付き】


酸素 の元素
酸素は元素ぢゃ~~! ヽ(`Д´)ノ
と叫びたくなるキーワードである。よく見ると「酸素」と「の元素」の間にスペースが空いているので、何かの化合物で酸素が構成元素になっているモノを知りたかったのかもしれない。けど…
「そんな物質、山ほどあるわ~~~! ヽ(`Д´)ノ」
とやっぱり叫びたくなる。ちなみに、このキーワードでヒットしている該当記事は、「放射能とは何か?」ということに関して書きたれたモノで、検索者の役に立ったとはとても思えない。


let it be 聖母マリア
「let it be」「聖母マリア」とくればThe Beatlesの楽曲の中で、日本人に人気の高い『Let It Be』の歌詞に関する疑問だろう。この曲の冒頭
♪  When I find myself in times of trouble. Mother Mary comes to me.
というのを和訳すると、
「ボクが思い悩んでいると、マリア様が現れて…」
となる。ただこの〝Mother Mary〟キリスト教の聖母マリアとするのか、この歌を作詞したポール・マッカートニーの母親のマリアとするのか?という話がある。

 とりあえずV(-¥-)Vが聞いた話だと後者で、聖母マリアではないらしい…といったネタを知りたかったらしいのだが、このキーワードもYahoo!検索では60位くらいの微妙な順位で表示されており、ココに辿りつくまでには、もっと詳しく解説したページが山ほどある。上位に表示された以上の知識を求めていたのだろうか?ヒットしたネタでは無理である。
↓ そんな『Let It Be』の歌詞付動画。この動画職人は〝聖母マリア説〟で和訳している。まぁ、ポールがダブルミーイングを狙って作ったかもしれないが、どっちにしても名曲だと思う。
『Let It Be』歌詞付


↓ そういえば、配給側の予想を超えてヒットしたこの映画で、その機動力になった曲は『Let It Go』だった。微妙に意味は違うが、日本人って〝Let It ○○〟って歌が好きなんだろうか?
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック「英語版」


メーテルと星野鉄郎のアダルト画像
 今まで黙殺してきたが、『銀河鉄道999』ネタを書き垂れて以来、週に最低1件は、
「メーテル エロ画像」だの、「999 アダルト動画」だの、二次コンが怪しげなオカズを探しているとしか思えないキーワードが出てきている。
 だいたいこのキーワードでYahoo!検索をかければ、トップページのいの一番に999の二次創作アダルト画像が山ほどヒットする。該当記事は3ページ目くらいに表示されているが、検索者の期待にはまったく添えない内容になっている…ってか、それ以前にその歪んだ性癖は何とかした方がいいと思うけどね。


ゴジラの正体
 ゴジラの正体言われても…(-,―∂)ポリポリ
 非常に返答の難しい質問である。そういえば今年(2014年)は、ゴジラが誕生してから60年になる。新作が一切作られなかった〝休眠期間〟も何度かあったが、ゴジラの正体については
〝後付け設定がたくさんある _φ(-_-;)b〟
ので、一貫した説明はしにくいのである。

 このキーワードでYahoo!検索をすると、一応該当記事は1ページ目に表示されるがトップではなく、この記事より上位にもゴジラの正体について紹介しているWenサイトがいくつかヒットしている。該当記事はまだ内容的に第1作目の『ゴジラ』と続編の『ゴジラの逆襲』に関してだけしか書き垂れていないので、平成ゴジラ以降の作品も含めた〝ゴジラの正体〟には触れていない。したがって検索者の参考になったかどうかは不明だ。

↓ 初代ゴジラ。設定上の正体は、ジュラ紀に生息していた海棲爬虫類から陸上爬虫類への中間生物で、絶滅を免れてUMAとして細々と生きてきた種だが、アメリカの水爆実験により棲家を破壊された上、巨大化&凶暴化した怪獣である。
ゴジラ (1954年) ~GOZILLA~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

↓ ゴジラザウルス。〝昭和ゴジラ〟の設定は上記の通りだが、〝平成ゴジラ〟シリーズの『ゴジラVSキングギドラ』になって、ゴジラの原型はゴジラザウルスという恐竜だったという後付設定が打ち出された。上記の〝海棲爬虫類から陸上爬虫類への中間生物〟をゴジラザウルスと呼称するようになったかどうかという設定はあいまいで、少なくとも劇中のゴジラザウルスは水中でも死なないみたいだが、陸上を生活拠点にしていた。
ゴジラ ソフビ ゴジラザウルス

↓ 1998年に公開された、いわゆる〝ハリウッド版ゴジラ〟。コイツの正体はイグアナで、核実験によって突然変異を起こした事が示唆されている(ハッキリ描かれているわけではない)。手足が妙に細長くヒョコヒョコ走るスタイルは、往年のゴジラヲタには不評な上、「ミサイル攻撃で死ぬようなヤツはゴジラぢゃねぇ! ヽ(`皿´)ノ」とボロクソに貶されている。
GODZILLA 【60周年記念版】 [DVD]

↓ 『ゴジラ ファイナル ウォーズ』のビデオ。『ゴジラ2000』かた始まる、一連の〝ミレニアムゴジラ〟シリーズは作品ごとにゴジラの設定が変わっており、第1作目のゴジラが実は死んでいなかったとか、戦争で死んでいった英霊の魂だとか様々なモノがあった。
ゴジラ ファイナル ウォーズ【日本語吹替版】 [VHS]

↓ 2014年版〝ハリウッドゴジラ〟。前回のイグアナのヒョロヒョロゴジラが不評だったことを意識してか、今度のゴジラはデブである。設定も原点回帰が見られ、古代の生物が放射線の影響で巨大化&凶暴化したらしい。
GODZILLA ゴジラ オリジナル・サウンドトラック

↓ 『ゴジラが来る夜に』。映画の設定だけでなく、思想的な〝ゴジラの正体〟に迫った本。なぜ日本人はゴジラに魅かれるのか?というディープなネタを語った本である。
ゴジラが来る夜に―「思考をせまる怪獣」の現代史 (集英社文庫)


吸血鬼な話10
 吸血鬼ネタの〝ご指名〟かい?! Σ(゚ロ゚;)
と思ったが、どうやら違うらしい
 ネット界でそこそこ人気のあるイラスト投稿SNS『pixiv』に投稿されている同名の不定期連載漫画の事らしい。コメを見ると二次創作っぽい上に、BL臭もするので爺ぃのV(-¥-)V的には遠慮したいモノだった。
 2014年7月現在、その投稿漫画もV(-¥-)Vの駄文もYahoo!検索の1ページ目に表示されているが、V(-¥-)Vの記事にはちゃんと「E!チャット管理人 X-ふぁいる 吸血鬼な話【10】」と表示され、内容もちょっと載っているので、検索者は『pixiv』に投稿されているモノとは違うことは百も承知で該当記事にたどり着いたはずだが、お好みの記事であったかどうかはわからない ┐('~`;)┌


yamato2520 続編はありますか
 ない! ( ̄^ ̄)
と断言してもいいだろう。
 だいたい宇宙戦艦ヤマトシリーズの続編OVA『YAMATO2520』の存在自体、ドマイナーでありリアルタイムのアニヲタでなければ知らない作品だ。DVDで復刻したという話も聞かないし、オリジナルのビデオ動画すら滅多にお目にかかれないのである。

 2014年7月現在、Google検索では2ページ目くらいに該当記事が表示されるが、ヒットした記事に書き垂れてある通り、OVAそのものが制作会社の倒産で未完になった作品なので、続編どころか存在自体が忘れ去られる可能性の方が高い。
↓ フリー画像で入手可能なのは、OVAのサントラ盤のみという『YAMATO2520』。続編(というか、ちゃんとした完結篇)が見られるとしたら、2014年現在、そこそこ評価されているリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』が大ブレイクして、それをきっかけに『YAMATO2520』がDVD化され、それもヒットすることが条件だろう…相当ムリがあると思われる。
「YAMATO 2520」 オリジナル・テーマ曲集 1


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

ホームへ帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき・・・
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示