出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  Re 酒ヲタク講座 第1講:酒とは何か?【2】

Re 酒ヲタク講座 第1講:酒とは何か?【2】

ネット無料素材0001


 基本的に人体にとって有害な物質であるアルコールなんですが、摂取すると全体量の20%ほどは、胃で速効で吸収されてしまいます(残りは食べ物などと一緒に小腸で徐々に吸収される)。

 吸収されたアルコールは血液に混ざり、全身を駆け巡る事になりますが、この有害物質を無毒化するのは肝臓です。
 アルコールは肝臓内の酵素が分解していくわけですが、すんなりと無毒化できるわけではないのが厄介な所です。

 アルコールは酵素によって分解されると、〝アセトアルデヒド〟という物質に変わります。このアセトアルデヒドというのはアルコールとは違った毒性をもっていまして、顔面紅潮・頭痛・吐き気などを引き起こします(そう、酒を飲んで顔が赤くなったり、吐き気がしたりするのは、アルコールが変質したアセトアルデヒドのせい)。

 このアセトアルデヒドも、やはり肝臓で分泌される酵素の働きによって酢酸に変化し、最終的には水と炭酸ガスに分解され、体外に放出されます。
 この代謝のスピードは相当個人差がありますが、平均するとビールの大瓶1本に含まれるアルコールは大体3時間くらいで、ほぼ代謝が完了すると言われています。

 ただ、このアルコール分解の代謝は肝臓にとって結構大きな負担で、連続して体内にアルコールが入ってくると、だんだんとその代謝能力は低下していき、ついには処理しきれずに血管の中を駆け巡るアルコールの量がだんだん増えていくハメになって、前回書いたように脳全体を麻痺させてしまうわけです。

 さらに世間にはアセトアルデヒドを酢酸へ分解する酵素を、先天的にほとんど持っていない人がいます酵素を持っていないのは遺伝的特性であって、決して病気ではない)。

 そういう人は酒を飲むと開放感を得られる前に、いきなり頭痛や吐き気といったアセトアルデヒドの毒性ばかりが表れてしまう、いわゆる〝下戸の人〟なんですが、この下戸の人は日本人をはじめとした黄色人種に結構多いと言われています。

 白人や黒人は、黄色人種に比べてアセトアルデヒドの分解酵素を無駄に多く持っていますので、映画に出てくるワンシーンのように、ウィスキーの瓶をラッパのみに出来るわけです。日本人でこんな飲み方が出来る人はそうそういません。

 そんな〝下戸大国・日本〟ですが、そのくせ年間ビール消費量は世界で第6位だったりします(04’年度キリンビールまとめ)。アルコールに対する耐性が比較的低い民族なのに〝酒を飲む機会〟は、他の国に勝るとも劣らないほど頻繁にあります。

 すでに成人して数々の〝宴会という名の修羅場〟をくぐり抜けてきた人たちは、大体〝自分の限界〟を経験則から知っていますが、本格的に酒を飲んでいない人たちはどうすれば(・∀・)イイ!!のでしょうか? 逆に〝宴会デビュー〟する若いモンに酒を飲ませるときに、相手の酒量をどのように推し量れば(・∀・)イイ!!のでしょうか?

 まぁ、試しに飲んでみる…というのが簡単な方法ですが、下戸だった場合、死ぬほどの悪酔いを味わって地獄を見たり、ヘタすりゃ命の危険すらあるわけで、実はそうした〝危ない橋〟を渡らずに、酒量を知る方法があります。


 酒を飲まずに酒量の限界を調べるのに用意するものは、
エチルアルコール(手に入らない場合はアルコール度数96%という世界最強の酒『スピリタス』でも可)
脱脂綿
バンドエイド(ただの粘着テープでも可)
くらいでOKです。

 まず脱脂綿にアルコールをよく染込ませ、腕の内側にその脱脂綿をバンドエイドなどで貼り付けます。そしてそのまま7分ほど放置したのち、脱脂綿を剥がします。

 するとアルコールが皮膚から直接浸透して、脱脂綿を貼り付けた皮膚がちょっち赤くなっているはずです。この〝赤み〟が体内のアルコール&アセトアルデヒド分解酵素の作用で消えていくわけですが、何分くらいで赤みが消えて元に戻るかで被験者のアルコール耐性がわかるわけです。

 大体一般人の方でしたら10~20分ほどで元に戻ります。逆に分解酵素を持っていない人は30分以上経っても〝赤み〟が消えません。
 そんな人は、
「俺の酒が飲めねぇのか? ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァン」
とヨッパな先輩や上司に絡まれても、絶対に飲まないことをお勧めします。

 前述しましたが、アルコールの分解酵素を体内に持っていない事は、体質であって決して病気ではありません。
「下戸なので飲めましぇ~~ん ('A`)」
キッパリお断りしましょう。

 さて、一方〝赤み〟が消えるのに10分もかからず、もっと短時間で消えてしまった人…あなたは相当な酒豪です。よほど体調が悪くない限り、少なくとも飲んでいる最中に悪酔いして地獄を見ることはない・・・と思います。

 しかし、アルコールの分解は肝臓を酷使してする〝解毒作業〟なんです。己の身体を過信して連日深酒するような生活を続ければ100%寿命を縮めます。
 酒に強い人は、若いうちは己の限界に挑む飲み方も一興でしょうが〝量〟を競って飲むのは、せいぜい20代で卒業して〝質〟を追求して飲んで欲しいと思います。
=続く=


E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示