出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  ほぼ Diweekly X-ふぁいる vol.42

ほぼ Diweekly X-ふぁいる vol.42

【今週のボツ画像】
カプセル ハローキティ ゾンビフレンズ by MAD BARBARIANS ボールチェーンマスコット 全6種セット

 ちょっと前から、アクセス解析用タグに付いてくる
アフィリエイト広告が「ゾビラックス軟膏」というモノになった ( ̄~ ̄)。

 カタカナで「ゾ」と「ビ」が比較的くっ付いて表記されていると、ど~しても
そっち(画像のようなモノ)を想像してしまう(ホントは実写的な
ゾンビ画像にしようと思ったけど、さすがに1週間以上トップページに
グロ画像を貼るのは憚られた)… (-,―∂)ポリポリ

 当Blogは比較的、過去に貼り付けた画像や動画のリンク切れを
修復している方だが、ゾンビネタに関してだけは放置状態になっている。
 ネタバレ防止で他Blogに〝別館〟を作って
記事そのものをリンクしているせいだが、
今年中にはリニューアル&ちょっとリライトする予定…_φ(・・ )b


  当ブログは・・・
相互リンク募集中です щ(゚д゚щ)カマーン


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





《これも使ってみたかった…》
Darth Vader visits the dance
Darth Vader visits the dance / dmuth




【今週の検索キーワード】


 アクセス解析の結果、
〝なんでこんなキーワードで検索したんだろう? 
( ̄- ̄ )〟

と思ったキーワードをピックアップしました。



ロボット 正座
 実用化されているリアルなロボットに正座をさせることが可能なのか、アニメや漫画も含めて正座したロボットはいるのかという事を調べたかったのか、検索者の意図はイマイチわからない。
 当Blogだとアニメネタで、
〝設定資料通りの構造で、正座が可能な人型メカは『重戦機エルガイム』に登場したエルガイムがお初 ヽ(´∀`)ノ〟
という記事がヒットしている。

 Google検索ではあまり上位に表示されていないし、この記事にたどり着くまでには実用化されている現実のロボットでは、現時点で正座させるのは難しいという事やドラえもんは正座しているなど、そこそこロボットの正座に関する知識は身についている筈である。 (∪_∪)b
↓ ヒットした記事にも貼り付けてあるエルガイムのフィギュア。膝部分を二重関節にして90°以上曲がる構造にする事によって正座が可能になった。これは玩具用のオリジナルではなく、アニメの設定資料の段階から決まっている事であり、始めからリアルな可動を考慮してデザインされたアニメのロボットというのは、当時まだ珍しかった(リアルロボットアニメだと、今では普通だけどね…)。
魂SPEC XS-10 エルガイムMk-1



禁酒法時代
 結構ザックリとしたキーワードで、禁酒法に関する情報であれば、わざわざ当Blogのような駄文サイトにまでやってこなくても、いくらでも詳細な情報を載せたWebサイトはある。
 当Blogでヒットしたのは、酒ネタの禁酒法に関して能書きを垂れた記事で、実際にヒットしているのは〝最終回〟のようで、禁酒法についてトータルな知識が知りたいのであれば、最初から読んだ方が良いような気がする。
 あまり知られていないが、当Bligは運営サイトが用意している〝関連記事へのリンク〟の他に
【このネタを初めから読む】
をクリックすれば、該当記事が最初から1記事ずつ読めるようにリンクを貼ってるし、
=続く=
をクリックすれば、そのまま記事を連続して読める…_φ(・・ )b




ケイト・ブッシュ ジャケット
 マイナーかな…と思っていたら、意外にファンの多いイギリスの女性歌手ケイト・ブッシュ(Kate Bush)嬢のジャケットに関して調べてみたかったと思われる。
 ヒットした記事にも紹介したケイト・ブッシュ嬢のヒットアルバム『The Kick Inside(邦題:天使と小悪魔)』は、まだCDが一般的ではなかったアナログ版全盛時代にリリースされたのだが、当時は発売した国によってジャケットデザインが変わっており、日本国内版は萌え度の高いケイト・ブッシュ嬢の上半身アップだった。

 この記事を書き垂れるため、フリー画像を探したが、現在CD化した『The Kick Inside』のジャケットは、イギリス本国でリリースしたオリジナル版のデザインで統一されているらしく、昔の“萌え萌えケイト (*´ω`)”のジャケット画像は見つからなかった。
 検索者がケイト嬢に萌えていたかは不明だが、昔とジャケットが変わっている件を調べたかったのだろうが、何故ジャケットデザインが統一されたかはV(-¥-)Vも知らない。

 ちなみに2013年2月現在、このキーワードでYahoo!検索をすると、該当記事はTopの3番目に表示され(1番目と2番目はAmazonの商品ページ)、何故かWikiより上位になっている。 ( ̄- ̄ )
↓ 該当記事のコメントにあったケイト・ブッシュ嬢の『Babooshka(バブーシュカ)』。これはオフィシャルPVではなく、ドイツのTV番組で見せたモノらしい。この曲…歌詞を調べたら、泣ける…というより怖い…( ̄▽ ̄;)



額や頭から発射するもの ウルトラマンセブン
 額や頭? ( ̄~ ̄)
 ずいぶんとタイトな部分を細かく分けた表現である。
 まぁ、ウルトラセブンの場合、
・額から発射するエメリウム光線
・頭部のトサカを飛ばすアイスラッガー
という2種類の必殺技があるので、それを知りたかったのかもしれない…ってよく見るとウルトラセブンじゃなくて
〝ウルトラマンセブン Σ(゜o゜ノ)ノ〟
になっている。

 検索者は絶対に特撮ヲタではないと思われるが、そんな非ヲタがなんでエメリウム光線やアイスラッガーの呼び名を知りたがったのかは謎だ… (゜ω゜)

↓ 今更だが、画像が〝ウルトラセブン〟。決して〝ウルトラマンセブン〟ではない。非ヲタの方がなんでもかんでも「ウルトラマン○○」と言ってしまう理由はわからないではない。〝ウルトラ兄弟〟といわれるウルトラマン系の巨大ヒーローで〝マン〟が付かないのはウルトラセブンくらいのモンだからである(〝ウルトラ兄弟〟以外のウルトラマン系のヒーローなら〝マン抜き〟は居る)。
RAH ウルトラセブンVer.2.0
↓ ちなみにこの画像が「ウルトラマン○○」の魁となった〝ウルトラマンA(えーす)〟であるが、企画段階の呼び名は〝ウルトラエース〟だった。何故それが「ウルトラマンエース」になったかは、次にウルトラマンネタを書き垂れる時に明らかになる(…っていつの話だよ)。
Real Action Heroes ウルトラマンエース


リメイク版 マッドマックス
 映画ネタで『マッドマックス(MAD MAX)』シリーズを書き垂れて以来、毎週『マッドマックス』絡みのキーワードがあるのだが、〝リメイク版〟というのはちょっと意外だ。
 該当している記事の末尾にも書き垂れたが、2013年2月現在、『マッドマックス』シリーズの新作が製作されているというのはホントの話で、『マッドマックス フューリーロード(Mad Max: Fury Road)』というタイトルらしい(原題なので日本公開時には変わる可能性アリ)。

 この作品が第1作目の『マッドマックス』の〝リメイク〟かというと、V(-¥-)Vが調べた限りでは、
〝完全新作で、マックスは登場するが演じるのはメル・ギブソンではない…_φ(・・ )b〟
というのが真相っぽい。

 つまり正式には『マッドマックス4』という事になるわけで、この『4』の企画は結構昔からあり、その頃はマックス役のメル・ギブソンも演じる気満々だったのだが、あんまり企画が進まないのでメル・ギブソンがドロップアウトしてしまった…という話は該当記事でも書き垂れた。
 記事には
「もうV8インターセプターみたいな、メカフェチを狂喜させるようなメカは登場しないっぽい ('A`)」
と書いたが、最近のプレス発表によると、どうもスゴいメカが出てくるらしい…( ̄ゝ ̄ )ボソッ



天ぷら 惣菜店
 「天ぷら」と「惣菜店」などという何でもないキーワードであるが、問題は
〝インターネットで天ぷらや惣菜店の何を知りたかったのか? (◎-◎;)〟
という点である。

 近所のウマ━━(゚Д゚)━━!!!!な天ぷらを食える惣菜店を探しているのであれば、せめて自分の住んでいる都道府県くらいキーワードに入れないと日本中の天ぷらを扱っている惣菜店のWebページがヒットしてしまう。
 事実、このキーワードでGoogle検索をすると、結果はステマの巣窟である「食○ログ」の記事ばかりで埋め尽くされてしまっており、当駄文Blogの該当記事は決して上位にヒットしていない。
 それにも拘わらず、該当記事までたどり着いた検索者の意図は不明である。



極点の穴
 〝極点の穴〟というのは、第二次世界大戦くらいまでは世界的に結構信じる人も多かった、
〝地球の北極と南極にはデッカイ穴が開いていて、そこから地下世界へ行き来できる! ヽ(`Д´)9〟
という有名なオカルト与太噺の事だろう。

 当Blogも当然そのネタを取り上げた記事で、UFOは何処からやってくるのかという諸説の中の一説として紹介している。
 2013年2月現在、Google検索だと該当記事は、検索ページの3ページ目くらいに表示されるのであるが、この記事に辿り着く頃には〝極点の穴〟に関する知識はほとんど判明しているはずで、どうして検索者がココにまで顔を出したのか、イマイチ理由がわからない (´、`∂)ポリポリ
↓ 該当記事にも貼ってあるが、〝極点の穴〟を撮影した写真…とオカルトビリーバーズが騒いでいる衛星写真。確かに本物の衛星写真なのだが、真相は…該当記事を読もう ヽ(´∀`)ノ
地球の空洞
kuudou1/sanpokai


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

ホームへ帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき・・・
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示