出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  銀河鉄道999の夜【3】

銀河鉄道999の夜【3】

 そんな『銀河鉄道999』のストーリーですが漫画やアニメ、あるいは劇場版などで違いはありますが、基本的な世界観としては遠い未来(TVアニメでは西暦2221年)、科学技術の発達によって人類は外宇宙へ進出するだけではなく、
〝宇宙空間を走る鉄道網 Σ(゜o゜ノ)ノ〟
を整備していました。


↓ 『銀河鉄道999』の単行本セット。今回のネタはかつてのアニメブームの最中、大ヒットした999の〝アンドロメダ編〟について書きたれる。近年になって復活した〝エターナル編〟やインサイドストーリーにあたるアニメ『銀河鉄道物語』については基本的にスルーする。
銀河鉄道999(13巻~18巻:6冊セット)

 つまりこの時代に生きる人々にとって、宇宙というのは宇宙船に乗って出かける未知の世界への冒険ではなく、
〝列車に乗って移動する生活圏 ヽ(´∀`)ノ〟
になっているわけです。

 とはいえ全ての宇宙が支配されたのではなく、以前宇宙船で旅をしなければならない場所も数多く存在するわけですが、この物語では少なくとも銀河系とアンドロメダ星雲の間にある星々は
〝銀河鉄道株式会社…_φ(・・ )b〟
が運営する空間鉄道網によって、かなりのエリアが自由に行き来できるようになっています


TVアニメ版『銀河鉄道999』のオープニング動画。曲のサビ部分には、宇宙ステーションに出入りする999以外の銀河鉄道の列車が描かれている(原作漫画では、こういった場面はほとんど描かれていない)。


 さらに科学の進歩はそうした交通インフラだけに留まらず、医療分野でも目覚しい発展を遂げており、寿命の限られている生身の肉体をすて、
機械の体を手に入れて永遠の寿命を手に入れる (◎-◎;)〟
事も可能になっているわけです。

 ただ、そんな銀河鉄道による宇宙への旅も、永遠の命を約束してくれる機械の体も、当然メチャクチャ高価な代物であり、未来社会でそうした科学技術の恩恵を受けられるのは、
〝金持ちだけ ┐( ̄Д ̄;)┌〟
という、ちょ~格差社会でした。


↓ 『999』の世界では科学技術の進歩によって、人間はすべての臓器を交換可能な機械に入れ替えて永遠に生きる技術を獲得していた。まぁ、ある意味〝究極のサイボーグ技術〟だが、自らの身体を機械化するには、すげぇ金がかかるので実際に機械の身体を手に入れられるのは金持ちだけという設定になっている(画像はイメージ)。
Mitt Romney - Cartoon
Mitt Romney - Cartoon / DonkeyHotey


 しかもこの時代の金持ち連中は、機械の体を変えない貧困層の人々を狩って遊ぶという〝人間狩り〟すら行っており、物語の主人公である星野鉄郎(ほしの てつろう)の母親も、機械伯爵(きかい はくしゃく)というセレブ機械人間に襲われて殺されてしまいます。

 つまりこの時代の貧困層の人々は人間扱いされていないという、とんでもね~世界なんですが、そんな人々たちの間で都市伝説のように囁かれていたのは、
〝銀河鉄道を走る銀河超特急999号(ぎんがちょうとっきゅう・すりーないん-ごう)に乗ると、機械の体をタダでくれる星へ行ける (゜▽゜)〟
という噂でした。


TVアニメ版〝銀河超特急999号〟の模型。これに乗れば、機械に身体をタダでくれる惑星に行けるという噂が、金の無いパンピーの間で囁かれていた。TVアニメに登場する999号はおもちゃ化を意識して石炭車などの横にカッコ良いロゴマークが入っている。ちなみに主人公の鉄郎が実際にメガロポリスステーションで999号に乗り込むまで、999号がどんな形の列車なのかは明らかにされなかった
銀河鉄道999 スーパーメカニクス 銀河超特急999号

 鉄郎母子が機械伯爵に襲われたのも、噂を信じて999号に乗って機械の体をタダでくれる星へ行こうと、999の始発駅である地球のメガロポリス中央ステーションへ向かっている途中だったのです。
  母親を亡くした鉄郎はふとしたきっかけで知り合った、謎の美女メーテルから
私と一緒に来てくれるなら、999号に乗れる〝無期限パス〟をあげる (*´ω`)ノ」
と言われ、鉄郎は機械の体を手に入れるという母との約束を果たすため、メーテルと共に999に乗り込み、宇宙への旅に出発するのでした。


謎の美女・メーテル。メーテルは鉄郎に「一緒に旅をしてくれるなら、999の乗車パスをあげる」と告げた。鉄郎は女の一人旅は危険なので、ボディーガードのつもりで鉄郎にパスを渡そうとしたのではないかと思うのだが、メーテルはそんな〝か弱い女〟ではなかった…という事実が判るのは後の話。メーテルはこれぞ松本零士の描く美女の典型といったキャラだが、そんなメーテルに萌え殺された二次ヲタも数多い。
銀河鉄道999 ピエゾグラフ「未来へ」99部限定・直筆サイン入り

 以上が『銀河鉄道999』の導入部ですが、漫画とTVアニメはほぼ同じ内容で、鉄郎はメーテルから999のパスを貰った後、地球で機械伯爵を殺して母の仇を討ち、そのせいで機械ポリスに追われるハメになってしまい、鉄郎は逃亡する意味もあってメーテルと999で地球を離れる事になっていますが、劇場版では機械伯爵は、敵役として〝もう少し大物扱い〟されており、鉄郎とメーテルが地球を旅立つ段階で、機械伯爵は地球にはいません。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ ゲーム動画による、鉄郎と機械伯爵との対決シーン。おそらくシナリオ的には原作漫画かTVアニメ版だと思われる。



ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私、もうこの作品を心穏やかに見ること出来ません。

何が嫌って、哲郎のバカさが嫌。

毎回メーテルがダメだって言ってんじゃん・・・
アレ見てるとイライラしちゃいます。

自分が歳をとった証拠なんでしょうね(涙)

Re: No title

Ryunz様

ご無沙汰しています。

> 私、もうこの作品を心穏やかに見ること出来ません。
>
> 何が嫌って、哲郎のバカさが嫌。

>
> 毎回メーテルがダメだって言ってんじゃん・・・
> アレ見てるとイライラしちゃいます。

まぁ、この作品は主人公が活躍するというより、
狂言回し的存在だと思っています。

 ですから、あんまり鉄郎が賢しくても
話が始まりません。
(メーテルに外出を禁止されて、鉄郎が
素直に従ったら何もおきませんからねぇ…)

>
> 自分が歳をとった証拠なんでしょうね(涙)

Ryunz様が歳をとったかどうかはともかく、
少なくても『999』の原作漫画は少年少女向けの
作品だと思いますし、劇場版もノスタルジーとしてなら、
観れるけど、当時のテンションでは観れないでしょう。
(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示