出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  エネルギーに纏わる2、3の話【27】

エネルギーに纏わる2、3の話【27】

 この頁岩層に含まれた天然ガスを採掘する技術が実用化したことで、天然ガスの可採量は大幅にアップしたわけですが、
〝日本には直接関係のない話 (-,―∂)ポリポリ〟
になります。


↓ 噴き出す天然ガス。シェールガスというのは採掘される場所と方法が違うだけで、中身はこれまで使ってきた天然ガスと変わりはなく、しかも直接日本には関係のない話…。
Natural Gas
Natural Gas / todbaker


 というのも、頁岩層というのはメチャメチャ古い地層であり、比較的新しい地層ばかりの日本列島に頁岩層は少なく、またしても
〝日本にない資源 ( ̄Д ̄)〟
であり、シェールガスが登場して日本が受けたメリットというのは、
〝天然ガスの市場価格が多少下がった (*´ω`)〟
事くらいでしょう。
 そんなわけで、シェールガスという言葉は耳新しいモノですが、日本にとって新エネルギーと呼べるものではありません。


『シェールガス争奪戦』という本。読んだことはないので内容はわからない。たまたま表紙に使われている世界地図が、地球上の主なシェールガスの取れる地域を赤く示しているから拝借した。これを見ても判るとおり、日本ではシェールガスは採れない。シェールガスの採掘技術が確立した事で大喜びしているのはアメリカだろうと思われ、日本が恩恵を受けるのは天然ガスの価格が多少下がったくらいである。
シェールガス争奪戦―非在来型天然ガスがエネルギー市場を変える (B&Tブックス)


・バイオマス
 バイオマス(biomass)というのは、もともと生物と環境との相互関係を考えた生態学(ecology)〟という学問で使われ始めた言葉なんですが、エネルギー関連の話では、
化石燃料を除いた、生体由来の有機系燃料や資源…_φ(・・ )b〟
を指しています。


『"バイオマス本当の話』という本。帯に書いてあるセリフに〝バイオマス(生物由来の有機資源)〟という判り易い定義が明記してある。もっとも広い括りで言えば、石油や石炭などの化石燃料も遥か昔に生きていた生物の死骸が原料だと考えられているから、化石燃料もバイオマスと言えないことはないので、クリーンな次世代エネルギーを考える時、化石燃料はバイオマスに含まない事にしている。
バイオマス本当の話: 持続可能な社会に向けて

 ですからバイオマスというのは植物動物〟、あるいはバクテリアレベルのモノまで有機系の資源全てを含めた
〝めちゃめちゃ範囲が広くてアバウトなモノ ┐('~`;)┌〟
だと言えますが、エネルギー関連の話に絞ると
〝生物由来で燃やす事が出来るモノ・・・_φ(・・ )b〟
という定義になるようです。


↓ バイオマスといのは植物や動物はもちろん、微生物に至るまで〝有機生命体全て〟を指すので、メチャメチャアバウトなモノであるが、エネルギー問題で語られるバイオマスは〝燃料に出来るモノ〟という解釈になる…といっても、有機物で燃えないモノはほとんどないけどね。
JELLO TWINS!
JELLO TWINS! / ??? TORLEY ???


 具体的には木材とか、脂といった
〝古代から人間が燃料にしていたモノ (・∀・)〟
になるわけですが、それを燃料にして発電に使おうというのが、エネルギー論議に出てくる
〝バイオマス発電 ヽ(´∀`)ノ〟
になります。

 具体的には、火力発電に石油や天然ガスのような化石燃料ではなく、廃材や生ゴミなど
〝今までごみ焼却場で燃やしていたゴミを使おう (゜▽゜)〟
という発想です。


↓ バイオマス発電は、化石燃料ではなく有機系燃料で発電しようという考え方で、わかり易くいえばゴミの焼却場で燃やしていたゴミを火力発電所で燃やそうというわけである。
ゴミ処理場の煙突
ゴミ処理場の煙突 / puffyjet


 このバイオマス発電のメリットは、
カーボン・ニュートラル(carbon neutral)であること…_φ(・・ )b〟
だと言われています。

 石油や天然ガスといった化石燃料は、自然サイクルを離れて地下などに封印されていた炭素を燃やすという事ですので、地球の大気内に含まれる
〝二酸化炭素を増大させている (-_-;)〟
ということになるわけです。


化石燃料を燃やすという事〟は、石油や天然ガスという形で地下に封印されていた二酸化炭素を解き放つわけで、大気中の二酸化炭素を増大させている(画像はイメージ)。
Stove Fire
Stove Fire / Ndecam


 それに対してバイオマス燃料は、化石燃料を含まない現在自然サイクルの中で循環している炭素(C)を燃やすという発想ですので、例えそれで二酸化炭素が排出されたとしても、それはもともと大気中にあった二酸化炭素が光合成などで植物に取り込まれて循環しているモノであり
〝大気中の二酸化炭素増大には繋がらない ( ´∀`)ノ〟
というのが、バイオマスのメリットである〝カーボン・ニュートラル〟の考え方です。


カーボン・ニュートラルの考え方を説明した動画。化石燃料より薪が良いを煽っているが、人類が石油や石炭のような化石燃料に走ったのは、〝薪を切り過ぎて森林が減少してしまったから〟であり、この動画の製作者は過去の過ちを学ばないアホウだと言える。


 まぁ、個人的には人間の作り出す二酸化炭素の増減なんぞ、地球温暖化にどの程度影響を与えているか疑問に思っていますので、カーボン・ニュートラルなんて考え方は
〝どうでもいい (´、`∂)ポリポリ〟
のですが、バイオマス発電に関するメリットというのは、
〝今まで無駄に燃やしていたゴミを発電に利用する ヽ(´∀`)ノ〟
という点くらいで、むしろバイオマスを発電ではなく資源として考えた場合、これまで書き垂れてきたどの新エネルギーより有望だったりします。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示