出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  エネルギーに纏わる2、3の話【20】

エネルギーに纏わる2、3の話【20】

 火力や原子力に比べて、地熱発電を始めとした自然エネルギーが非力であるというのは、逆に言えば
化石燃料核燃料の生み出すエネルギーがデカ過ぎる (◎-◎;)b〟
というわけで、今までの人類は未来の環境の事を考えず、野放図にエネルギーを消費してきた事を反省した方がいいのかもしれませんが、便利な生活というのは、そうそう手放せませんので、脱化石燃料&脱原発を真面目に取り組む上で、自然エネルギーをもっと活用していかなければならないでしょう。


↓ 自然エネルギーに共通した弱点として、生み出せるエネルギーがショボいという事があるが、これむしろ〝火力や原子力の生み出すエネルギーがデカ過ぎる〟とも言える。人類は後先考えず膨大なエネルギーを使いまくってきたが、一旦馴染んでしまった〝楽な暮らし〟というのはなかなかやめられない
nuclear power thriving in England
nuclear power thriving in England / redjar


 そんなわけで、日本では地熱発電所も今まで以上に増やしていく予定なんですが、日本が地熱資源に恵まれている割に地熱発電所が増えなかった理由は大きく分けて三つの理由がありました。
 それは、
・他の発電システムに比べて候補地の調査に時間が掛かる ( ̄~ ̄;)
・火山帯の多くは国立&国定公園に指定されていて、発電所などの施設を建設するのに法的な規制がある ('A`)
地元住民の反対運動が大きい (-_-;)
といったモノです。


↓ 本来地熱発電には恵まれた環境にあるはずの日本でイマイチ開発が進んでいないのは、色々な理由がある(画像はイメージ…ってか、これは多分よその国の地熱発電所)
地熱発電所らしい
地熱発電所らしい / mersy


 地熱発電というのは、前述の通り地下深くにある高温高圧の地下水脈を掘り当てなければなりません。
 確かに日本は火山帯だらけの国ですので、煙が出ているような活火山や、高温の源泉が溢れて出ている温泉地の側を掘れば地熱発電に使えるような場所は簡単に見つかるような気もしますが、現実はそう甘くはないのです。

 商業発電所という大規模施設を建設して発電するのですから、その投資額は莫大なモノであり、適当に穴を掘ってみたら
〝十分な水蒸気が出なかった ┐( ̄Д ̄;)┌〟
などという事は絶対に許されません。


↓ 発電所建設というのは、何十億という金が動くブックプロジェクトである。「掘ってみたけど肝心の水蒸気が出ませんでした…┐('~`;)┌」では済まされないので、何年にも及ぶ徹底的な調査や試験採掘が繰り返されるので、他の自然エネルギーに比べると、どうしても時間が掛かってしまう(画像はイメージ)。
Circular Excavation: Well, Cistern, Or Chamber
Circular Excavation: Well, Cistern, Or Chamber / TyB


 建設する発電所に見合った量の水蒸気が必ず噴出する地下水脈を探し当てるには他の自然エネルギーと違って、綿密な調査と試掘を繰り返すという時間の労力の掛かる事前作業が必要になるわけで、この事前調査にかかる費用と時間が地熱発電の開発を遅らせている原因のひとつです。

 まぁ、こうした地下の水脈を探し当てる為の技術というのは、地熱エネルギー開発を続けていく上で向上していくものですので、昔に比べれば調査期間は短縮している傾向にあるでしょうし、探査技術のノウハウというのは将来的に
〝日本の地熱発電技術を世界に売り込む ( ̄- ̄ )〟
といった事にも繋がっていきますので、調査が難しいからと言って地熱発電から撤退したりする事はないでしょう。


↓ 地下にある熱泉を探し当てるという技術は日々進歩しているし、得られたノウハウは日本の産業にとって財産にもなる(画像はイメージ)。
Grand Archaeology - F1gridoverview
Grand Archaeology - F1gridoverview / Grand Canyon NPS


 今まで日本国内で地熱発電が増えなかったのは、地熱発電に適した候補地を探した結果、その多くが
〝国立公園や国定公園内にあった (-,―∂)ポリポリ〟
という理由は結構大きな要因になっています。


↓ 現在判っている地熱発電所が建設できそうな場所というのは、その多くが国立公園や国定公園の敷地内にあるらしい。
Iouzan 硫黄山 (阿寒国立公園)
Iouzan 硫黄山 (阿寒国立公園) / jetalone


 国立公園や国定公園というのは、「自然公園法」という法律に基づいた管理地で、
〝ニッポン固有の自然風景を守っていこう (・∀・)v〟
という発想の元、自然環境の保護管理をしているエリアであり、基本的に
〝土地開発禁止! ヾ(`皿´)9〟
で、自然の景観を損なう建造物の建設は出来ないです。


↓ 阿寒湖。阿寒国立公園に指定されているこの地域には、観光施設などが景観を損なわない程度に作られているが、建造物に関する規制は厳しい。国立公園や国定公園内に人工建造物の権化ともいえる発電所建設なんか出来ないのである。
Lake Akanko 阿寒湖
Lake Akanko 阿寒湖 / jetalone


 日本国内で大規模地熱発電が出来そうな地域というのは、火山地帯でもそうした国立公園や国定公園内にある場合が多く、
〝発電所を作りたくても作れない ┐('~`;)┌〟
という事情がありました。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示