出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  エネルギーに纏わる2、3の話【11】

エネルギーに纏わる2、3の話【11】

 太陽というのは朝は東から上って西に沈むまで、ず~~~っと動いているモノであり、メーカーが示していた変換効率というのは、
ベスト・エフォート(best effort)な状態 (´∀`;)〟
で得られるデータなのです。


↓ ベスト・エフォート(best effort)というのは直訳すれば〝最大限の努力〟。日本でこの言葉がよく使われ始めたのは、インターネットのブロードバンド接続が普及し始めた頃で、チラシやカタログデータ通りのスペックが実際には得られない場合、メーカーがユーザーに対してする言い訳の決まり文句である。画像はインターネットの接続速度をテストした結果だが、この接続契約はADSLで8M~12Mコース辺りではないかと思われるが、結果は下りで3MBが下回っているわけで、ベスト・エフォートであるネット接続だとこの程度が限界。これと同じく太陽光発電に関しても、チラシやカタログ通りの発電量を得られるケースは極めて稀である。
ADSL Broadband speed test
ADSL Broadband speed test / sridgway


 具体的にはメーカーが示しているデータは、ソーラーパネルに最も効率よく太陽光が吸収される時間帯…だいたい午前10時過ぎから午後2時くらいまでの、
〝わずか3~4時間 ┐('~`;)┌〟
の変換効率を示しています。

 しかも天候は
〝快晴時限定 ( ̄~ ̄;)〟
だという事は言うまでもありません。


↓ 太陽電池がカタログデータ通りの効率で発電できるのは、文字通り〝雲ひとつ無い快晴〟の元であり、しかも時間帯は正午を中心にした3~4時間くらいに限られる。
快晴
快晴 / HIRAOKA,Yasunobu


 ですから、リアルに太陽光発電の収支計算をする場合、ソーラーパネルの変換効率をカタログデータの数値をそのまま当てはめるのは現実的ではありませんし、1日とか1年の発電量のデータにしても、やっぱり現実の天気変化とは一致しませんので、太陽光発電は
〝正しい発電量を予測する事は不可能 ┐('~`;)┌〟
という事になります。

 そんな不確かな発電方法を電源供給の主力に出来るわけはありませんので、太陽光発電はメインの発電システムを補う
〝補助的な役目 (∪_∪)b〟
にするのがもっとも適切だと言えるでしょう。


地球上で人間の住める場所は、晴れの日ばかりではなく曇りの日も珍しくないし雨や雪も降る。その度に太陽光発電の効率は下がっていくわけで、天気次第で発電量に波のある不安定な太陽光発電は、次世代エネルギーの中心にはなり得ない(画像はイメージ)。
Solar array - Hazelnut Valley Farm Tour
Solar array - Hazelnut Valley Farm Tour / CERTs


 ただ、将来的に宇宙開発が本格的に行われれば、
〝天気の影響を受けない宇宙空間にソーラーパネルを設置する (゜▽゜)〟
という方法が使用できる可能性が出てきますので、絶対に太陽光発電が次世代エネルギーになり得ないというわけではありませんが、それが実現するには早くても数十年の年月が必要です。


宇宙空間で太陽光発電を行うというのであれば、現在程度の技術レベルでも相当なエネルギーを生み出す事が出来る。宇宙空間には雲なんか無いので、天気によって発電効率が左右される事はないし、第一に土地を確保する必要もないので、大電力を生み出すバカみたいにデカい太陽光パネルを設置できる。ただ、問題は宇宙で生み出した電気を地上に送る〝送電方法〟に色々とややこしい問題があるので(一応技術的に送電は可能だが、平和利用以外に使えるので…)、実現性はイマイチである。
How Will We Sustain a More Populated Planet?
How Will We Sustain a More Populated Planet? / NASA Goddard Photo and Video

↓ この画像は前にも使ったが、地上と繋がっていて送電線を内蔵できる軌道エレベーターが実用化すれば、送電問題もクリアして、宇宙空間に巨大な太陽光発電施設を運用する事も可能になる。
Space Elevator GEO Station
Space Elevator GEO Station / FlyingSinger


 また、前述したように現時点では太陽光発電は、ソーラーパネルや電流の交換機、あるいは夜間電力に向けての蓄電装置などの設備費用を償却出来るほど電力を発電する事は出来ませんが、現在のようにソーラーパネルの普及が進めば、設備を製造するコストは下がっていきます

 さらに発電効率はまだまだ技術革新によって向上させる事は出来るようなので、いずれは真の意味
〝太陽光発電が儲かる時代 ヽ(´∀`)ノ〟
が来るかもしれません。


↓ このネタを書き垂れている2012年4月に、ちょうど自然エネルギーの買取価格が発表され、太陽光で発電された電気は1KW辺り42円で全量を買取る事が決まりそうになっている。この法案が通れば「太陽光発電は儲かる (゜▽゜)」事が確定し、早くも某大手企業がタダ…とじゃいかなくても超格安で一般家庭の屋根に太陽光パネルを設置して電気を買取るというビジネスに乗り出した。自然エネルギーの普及を手放しで喜ぶ人も居るかもしれないが、1KW辺り42円というのは、水力発電や火力発電より遥かに高額で、ヘタをすれば〝原子力より高い電気を買わされる時代〟になった事を忘れてはいけない。将来的に太陽光発電のコストは下がるだろうが、今回生まれた〝利権〟を手放して電気料金が下がる事が期待出来るだろうか?
solar array
solar array / Muffet



《風力エネルギー》
 太陽光エネルギーと並んで、政府や電力会社が強力に推し進めているのが、
〝風力エネルギー d( ・`д・´)〟
になります。

 風力に関しては、太陽電池のような特別な素材が使われているわけではなく、風の力で発電機を回して発電するという、極めてシンプルな発電方法なんですが、商業発電として利用され始めたのは比較的最近の話です。


↓ 太陽光発電と並んで普及が進んでいる自然エネルギーが〝風力発電〟で、実際にプラントが数多く建設されて稼動している。
wind power II
wind power II / petter palander

〝風の力をエネルギーにする〟というと、ヲタであるV(-¥-)Vはこっちを想像してしまう。
Masked Rider No.1
Masked Rider No.1 / masatsu


 ただ単に風を利用した施設というのは
〝風車(ふうしゃ)…_φ(・・ )b〟
というモノが大昔からあり、中世のヨーロッパ辺りだと小麦粉を挽いたりする動力源として風力は使われていましたが、そんな風力が発電になかなか利用されなかったのは、
〝技術的なハードルがあった ('A`)〟
からでした。


風の力を利用した〝風車〟は結構昔からあり、現代ではヨーロッパの観光名所になっている所もある。
Windmills
Windmills / Alter Wolf


 風力発電の基本構造というのは、実は
〝扇風機と同じ (∪_∪)b〟
で、電気を流せば扇風機の羽根が回りますが、逆に扇風機の羽根を手で回す
〝電気が発生する Σ(゜o゜ノ)ノ〟
のをご存知の方は多いでしょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

電気を使ってファンを回すのが扇風機であり、ファンを回して電気を起こすのが風力発電で、機械の基本的な構造は全く同じもの。
R0010885
R0010885 / duck75


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示