出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  Re 酒ヲタク講座 第8講:ラム【1】

Re 酒ヲタク講座 第8講:ラム【1】

16 : { black strap rum }
16 : { black strap rum } / choking sun


 酒ヲタ講座・第8講は、ラム酒(rum)です。
 近年日本国内でもラム酒は結構飲まれるようになり、様々な銘柄のラム酒が手軽に飲めるようになりましたが、一般的にはまだラム酒と聞くと菓子の香り付けや、カクテルベースくらいにしか思っていない人が多いようです。

 そんなマイナースピリッツですので、まず
「ラム酒って何から作るの? (゜σ゜)」
という基本的な話からはじめたいと思います。


↓ 一昔前までラムといえば、ブランデーと並んで洋菓子の香り付けに使われる酒とか、カクテルベースの酒として知られていたが、ラム単体で飲む人は少なかった。
More goodies
More goodies / Ted Drake


 ラムの原料はサトウキビなんですがサトウキビを搾って直接作るラム酒は少なく、こうして作るラム酒は
アグリコール・ラム(農業ラム)…_φ(・・ )b〟
と呼ばれるのに対して、広く市場に出回ってるラム酒の多くは、サトウキビを搾って砂糖を作ったあとの残りモノである糖蜜(とうみつ。製糖工程の価値観からすると〝廃棄物〟なので、廃糖蜜ともいわれる)から作る
インダストリアル・ラム(工業ラム)・・・_φ(・・ )b〟
と呼ばれるモノの方が一般的なラム酒のようです。


ラムの原料はサトウキビ。サトウキビは基本的に糖の原料であり、〝ラムを作る為にサトウキビを栽培〟する事は特殊なケースで、そうして作られたラムは「アグリコール・ラム(Agricole Rum)」と呼ばれ、砂糖を製造した際に出来る絞りカスである廃糖蜜から作る一般的なラムを「インダストリアル・ラム(Industrial Rum)」と呼ぶ。
Sugar cane juice shop 01t.JPG
Sugar cane juice shop 01t.JPG / midorisyu


 そんなラム酒の語源ですが二通りの説がありまして、西インド諸島にあるバルバドス島という島が舞台になっています。

 バルバドス島は中央アメリカの西側、いわゆるカリブ海と大西洋とメキシコ湾の境界線辺りにある西インド諸島のひとつで、ここに16世紀にやってきたスペインの探検隊が作り出したという説と、17世紀になってこの地に移住してきたイギリス人が製造を始めたという2説があるわけです。

 島に関しても
〝バルバドス島ではなくてプエルトリコ島だ ヽ(`Д´)ノ〟
という説もありますが、どちらにしても西インド諸島の島でありますので、カリブ海を望む南国の西インド諸島のどこかで作られ始めたのがラム酒の起源だといえるでしょう。
 そしてラムという名前も生まれてすぐに付けられたのですが、その由来も二通りの説があります。


ラムの故郷は中央アメリカ大陸の東側、カリブ海に浮かぶ〝西インド諸島〟。なんでインドと全然違う場所が〝西インド〟なのかといえば、アメリカ大陸を発見したコロンブスは相当頑固なおっさんで、死ぬまで自分が発見したのは〝新大陸アメリカ〟ではなくインドだと信じていたせいで、インドに因んだ名前が付けられたから。
Leeward Islands
Leeward Islands / NASA Goddard Photo and Video


 まずラムの原料であるサトウキビは、ラテン語で
〝サッカルム(Saccarum)…_φ(・・ )b〟
と言いまして、その言葉尻にある〝rum〟からラムという名前が付いたという説です。


サトウキビ畑。日本では沖縄県でよく見られる風景で、南国の島で作られる代表的な農作物である。サトウキビは漢字で書くと〝砂糖黍〟、英語では〝Sugarcane〟、そして現代では学術名などで使用される事の多いラテン語では〝Saccarum〟と書き、このラテン語の言葉尻がラムの語源だという説がある。
Canya de sucre
Canya de sucre / Paco Riviere


 もう一つは(こちらの方が有名かもしれない)、ラムを飲んでいた原住民が酔っ払ってノリノリ状態で騒いでいました。
 それを見たイギリス人が、原住民の痴態を
「Rumballion! ヽ(´∀`)ノ」
と呼んだのがきっかけで、Rumballionの頭をとってラムと名付けられたという説です。

 Rumballion(ランバリオン)というのは、イギリスの方言(酪農地帯であるデボンシャー地方の方言らしい)で、〝乱痴気騒ぎ〟というような意味だそうです(ネットなどでは、Rumballionは〝興奮〟などとお上品な表現をしている場合が多い)。
 ラムの語源が言葉の頭を取ったのか言葉尻を取ったか、今となってはホントの事はわかりませんが、
〝カリブ海で産まれた陽気なお酒 (・∀・)〟
の発祥を考えると、V(-¥-)V的には〝Rumballion説〟が正しいのではないかと思っています。
=続く=


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


↓ 酔っ払いの乱痴気騒ぎなんぞ、どんな酒を飲んでも一緒だが、南国生まれのラムを飲んで騒ぐと、何か特別ファンキーになれるような気がする(画像はイメージ)。
Thrillist Launch Party
Thrillist Launch Party / _Tony_B


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示