出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  Re 原子力に纏わる2、3の話【27】

Re 原子力に纏わる2、3の話【27】

 この
〝核廃棄物をロケットで宇宙に棄てよう案 ヽ(´∀`)ノ〟
というのは、科学の万能を信じていた1950~70年代に青春時代を過ごしていたような能天気な爺さんたちが、今でも半ば本気で主張しているようですが、失敗した時のリスクがデカ過ぎて絶対に採用できません。


SF作家で、日本のアニメ史にも深く関わっている豊田有恒(とよた ありつね)氏も、〝核廃棄物はロケットで宇宙に棄てろ説〟を支持していた(今も支持しているかは不明)。豊田氏は原発問題に関して〝原子力発電所好き〟と言いつつも、もっと作れという推進派ではない。原発に関する基本知識も学ばないまま、気分イデオロギー、あるいはビジネスで反原発運動をしている連中に批判的で、そういう意味ではV(-¥-)Vとスタンスが似ている。もっともV(-¥-)Vはロケットで核廃棄物を宇宙に棄てるのは反対だけどね。
日本SFアニメ創世記―虫プロ、そしてTBS漫画ルーム

 しかし人間の生活圏と完全に隔離できる、〝宇宙に棄てる〟というアイディアそのものは悪いモノではありませんので、現在〝もしかしたら実現出来るかもしれないレベル〟まで技術が向上してきて、計画がちらほら立ち上がってきた
〝軌道エレベーター ( ̄- ̄ )〟
を使って宇宙に廃棄するという事は可能になるかもしれませんが、軌道エレベーターが実用化される日はまだまだ遠いでしょう。


軌道エレベーターの想像図赤道上の衛星軌道に宇宙ステーションを作り、そこと地上との行き来するエレベーターを作ろうという計画である。宇宙へ物資を送るのにロケットなんか使わなくても、低コストで確実に送り出せるし、宇宙空間で効率よく太陽光発電したエネルギーを地上に送り込める〝夢の建造物〟だが、近年技術的には実現可能になりつつあるが経済的、あるいは政治的問題は山積みで越えなければならないハードルは多い。
Space Elevator GEO Station
Space Elevator GEO Station / FlyingSinger

↓ ちなみにそんな〝軌道エレベーターが実現した世界〟を舞台にしたアニメが『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』である。
機動戦士ガンダム00 MEMORIAL BOX 【初回限定生産】 [DVD]


②南極の地下深く埋めよう案
 ・・・・・( ̄~ ̄;)
 え~~っと、一応この案は経産省が、〝本気〟で書いたレポートに挙げられている高レベル廃棄物処理方法の試案の一つで、原発絡みの放射性廃棄物処理法を説明した経産省や関連特殊法人のWebページなどで今でも見かけるアイディアです。


南極大陸は人間が暮らすにはあまりに過酷な環境であるため、研究以外の目的でココに定住している人間はほとんどいない。したがって人間の生活圏とは隔絶された地域であり、核廃棄物をココに棄てようというアイディアが生まれた。ただ南極の領土権を主張している国はイギリスやオーストラリア、あるいはアルゼンチンなど数ヶ国いる(国際的には認められていない)。もっとも南極を制覇している真の支配者のはペンギンである…かもしれない。
penguin group small
penguin group small / Antarctica Bound


 ご存知のように南極大陸の上には、
「嘘?! ( ̄□ ̄;)!!」
と言いたくなるほどデッカイ氷の塊が乗っかっています。

 まぁ、〝乗っかっている〟というより、南極大陸そのものが氷漬けになっているようなもんですが、その厚みは分厚いところで〝数km〟にもなるそうです(日本の調査隊が2.5kmにも及ぶ氷床を掘削した記録がある)。


↓ 地図などでよく見かける〝上からみた南極大陸〟の図。南極は大陸の大部分が氷に覆われており・・・
Ice Thinning and Thickening in Antarctica
Ice Thinning and Thickening in Antarctica / NASA Goddard Photo and Video

↓ ボーリングマシンで穴を空けると、底が見えないほどの〝氷の層〟があり、その厚みは数kmに達する場所がある。
U.S. Ambassador in Antarctica 2010 - Day 2
U.S. Ambassador in Antarctica 2010 - Day 2 / US Embassy New Zealand


 この氷の塊を〝氷床(ひょうしょう)〟というのですが、南極の氷床は
〝氷として何万年もず~~っと同じ場所に留まっている Σ(゜o゜ノ)ノ〟
ので、そんな氷床をくりぬいて高レベル放射性廃棄物を放置してしまおう、というのが〝南極の地下深く埋めよう案〟になります。

 ただ、南極氷床が数万年に渡って動かず、そのままの状態なのは、
〝人間が何もしていないから ┐('~`;)┌〟
という意見もありますし、氷床という地形が〝どんな特性〟を持っているのか、実はまだよくわかっていない事も多いも多いわけで、そこに人工物を無理やり作って高レベル廃棄物を処分した場合、今まで通り何万年も安定した状態を氷床が保っていける保障はありません。


↓ 地質調査の結果、南極大陸の氷床は数万年間、〝そのままの状態〟が保たれている事が判り、ココに核廃棄物を保管すれば、中身が外の世界に漏れ出す可能性も極めて低いと言われている。しかし、それはあくまで〝今ままでの話〟であり、人間が色々とちょっかいを出す事で南極大陸の氷床に変化が現れる可能性もある。
rikr0137
rikr0137 / NOAA Photo Library


 万が一南極の氷床が全部融けてしまった場合
〝世界の海の海水位が61.1m上昇する Σ(゜ロ゜;)〟
というのは、地球温暖化問題でちょくちょく紹介されている話で、崩壊熱を発し続けている高レベル廃棄物がそんな〝南極氷床融解〟の引き金になる可能性は、決して低くはありません。


↓ 南極大陸を覆っている氷が全て溶け出した場合、世界中の主要都市が水没するというのはホントの話。まぁ、もともと都市部の人口密集地帯っていうのは、どこも海抜はそれほど高くない〝水辺の街〟だからなんだけどね(画像はイメージ)
Global warming is awesome!
Global warming is awesome! / quinn.anya


 それにこのアイディアは、実現可能かどうかを検討する以前南極条約(『機動戦士ガンダム』に出てくる南極条約とは無関係…まぁ、念のため)〟で、
南極大陸における核爆発および放射性廃棄物の投棄が禁止 ヽ(`Д´)9〟
されていますので、南極条約を批准している日本が、南極に廃棄物を棄てることなど〝論外〟です。


↓ 南極に翻る世界各国の旗。これらは南極に科学的調査隊を送り込んだ国の旗で、南極条約を批准している国はもっと多い。南極条約と言うのは『機動戦士ガンダム』に出てくる〝アレ〟の事ではなく、南極大陸をふくむ南極地域の開発に関するルールを定めたモノで、主目的は「平和利用しよう ( ´∀`)ノ」という事で、核実験みたいな軍事目的でこの地域を利用する事は全面的に禁止されている。核廃棄物の廃棄も〝軍事目的に含まれる〟ために、南極大陸に高レベル廃棄物を棄てる事は許されない
U.S. Ambassador in Antarctica 2010 - Day 4
U.S. Ambassador in Antarctica 2010 - Day 4 / US Embassy New Zealand


 こんな荒唐無稽な廃棄物処理案を、未だアイディアとして掲載しているのは、政府が提案している
〝廃棄処理案の本命 (∪_∪)b〟
を受け入れやすいように、わざと〝無理目のアイディア〟を列挙しているような気さえしてきます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示