出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  Re 原子力に纏わる2、3の話【24】

Re 原子力に纏わる2、3の話【24】

 さて、そんな〝ヤバイ冷却材〟を使っている〝もんじゅ〟が、宣伝通りに燃料(プルトニウム239)を増やす事が出来るか?という問題ですが、
〝宣伝するほど盛大には増えるかどうかは不明 ┐('~`;)┌〟
というのが真相です。


高速増殖炉の冷却材の候補といえば、ヤバ過ぎる冷却材であるナトリウム以外では、〝鉛〟もあるらしいが、冷却材を変えるという事は〝全ての冷却材配管を交換しなければならない〟上に、特性の違う冷却材に切り替えた事で起こる〝不測の事態〟というのも予想され、そうした費用やリスクを考えると、〝今のまま突っ走った方がマシ〟と推進派は思っているらしい…(画像はイメージ)
Zuruck in die Zukunft (3)
Zuruck in die Zukunft (3) / digital cat ?


 〝もんじゅ〟の転換比(使った放射性物質と、増えた放射性物質の比率)は、「1.2」とされており、理論上は
〝1回の運転で20%燃料が増える計算…_φ(・・ )b〟
になっています。

 つまり、もんじゅを通常の原発と同じ点検サイクルで5回運転すれば、1回分の燃料がもんじゅ自身の原子炉内で生成できる計算なのですが、あくまで〝計算上〟であり、ホントにプルトニウムを増やせるかは、〝実証〟されていません


プルトニウムを燃やす(核分裂させる)と同時に、燃やした以上のプルトニウムを生成させることの出来る増殖炉の性能は施設毎で違ってくるが、もんじゅの場合、計算上1回の運転で20%プルトニウムが増えるらしい(画像はイメージ)。
there appears to be an alien infestation
there appears to be an alien infestation / ??? TORLEY ???


 なぜならもんじゅは、着工から試験運転開始まで11年も掛かり、さらに1995年にようやく発電を開始したと思ったら、
3ヶ月程度で、ナトリウム漏れを起こして停止 Σ(゜ロ゜;)〟
してしまい、2012年3月現在に至るまで、
17年間、まともに動いた事は一度もない ┐( ̄Д ̄;)┌〟
わけです。


こういう本も出ている。V(-¥-)Vは読んでないが、ここで書き垂れている内容が詳しく書かれていると思われる。こおネタでは高速増殖炉の詳細は結構端折って書いているので、興味がある方は読んでみよう。
動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない

 これは、もんじゅに限った話ではなく、現在の所
世界中の国で高速増殖炉の運用に成功している国はひとつもない…_φ(・・ )b〟
のが事実で、原子力分野において日本以上のノウハウを持っているフランスですら
〝一時的に高速増殖炉から撤退 (-_-;)〟
しており、高速増殖炉の運転で〝計算通りに燃料が増えた〟という事は
〝まだ証明されていない (∪_∪)b〟
と言っていいでしょう。


↓ フランスの開発した高速増殖炉〝スーパーフェニックス(Superphenix)〟。一応1986年に本格稼動まで漕ぎ着けたが、技術的なトラブルが相次ぎ1990年にサジを投げて運転を停止し、その後紆余曲折あって1998年に施設閉鎖された。
スーパーフェニックス
画像参照-Wikipedia-『スーパーフェニックス

 さらにフランスが一時的に高速増殖炉か撤退した理由は色々あったものの、大きな理由はふたつあり、そのひとつに
〝原因不明の出力低下現象があった ( ̄□ ̄;)!!〟
というモノです。

 この〝謎の出力低下現象〟というのは、現在においても原因は解明されていないんですが、原因が掴めない理由は
〝炉内にあるプルトニウムの挙動がよくわからない (-,―∂)ポリポリ〟
という点にあるらしいと言われています。


↓ 高速増殖炉の場合、炉の中でプルトニウム239がどんな具合に変化しているのか、まだ判っていない点もあり、核分裂の完全な制御が出来ているわけではないらしい(画像はイメージ)。
Plasma lamp details
Plasma lamp details / DavideProd


 つまり高速増殖炉の炉内では、どんな反応が起こっているのかを技術者が全て把握しているわけではない
〝研究途上のテクノロジー ( ̄~ ̄;)〟
であり、原発推進派はこんな未完成で中途半端な技術を使って、燃料が増える〝夢の原子炉〟だの、〝核燃料サイクル〟だの言っているわけです。


↓ 高速増殖炉をアニメに例えると、ちょうどコイツ(EVA)みたいなモノ・・・( ̄- ̄ )
EVA!
EVA! / Intro Spirit


 そしてフランスが…というか、アメリカやイギリス、あるいはドイツなど20世紀には原子力開発を積極的に行い、高速増殖炉の研究もしていた国が、世紀末になって次々と高速増殖炉から撤退していった、もっとも大きな理由は、
〝予算の問題 (`、´;)〟
だったと言っていいでしょう。

 もんじゅの体たらくを見れば判り易いのですが建設されて以来、わずか3ヶ月程度試験運転を行っただけで、ほとんどの期間〝止まったまま〟の国産高速増殖炉には、2012年現在建設費だけで1兆800億を越える金が注ぎ込まれていますが、当初予算は約5900億であり、
〝予算の2倍近い資金(税金)がブチ込まれた Σ(゜ロ゜;)〟
わけです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ フォーカスは水着のね~ちゃんに合っているが、彼方にみえる建物が〝もんじゅ〟。ココにブチ込んだ国家予算を日割りにすると1日あたり5500万円になるらしい。
a beatch nearby the FBR
a beatch nearby the FBR "Monju" / ayumu_k


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示