出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  Re 原子力に纏わる2、3の話【21】

Re 原子力に纏わる2、3の話【21】

 〝核燃料サイクル〟と言われるものは、まずはウラン235の採掘から核燃料製造までを指す、
〝フロントエンド(front end)…_φ(・・ )b〟
と呼ばれるモノがあります。


原発の核燃料サイクルを示したイラスト。英語で書いてあるのでサッパリわからないかもしれないが、内容はこれから紹介する。尚、本文の能書きと必ずしも内容が一致していない部分もあるが、それは国によって核燃料サイクルの内容が違うから…
核燃料サイクル
画像参照-Wikipedia-『核燃料サイクル

 フロントエンドの核燃料サイクルは、

「ウラン鉱石を採掘」

「精錬・濃縮」

「核燃料製造」

「原子炉で使用」


 というウラン235が原子炉で使用する核燃料になるまでを指しており、これだけでは核燃料は循環しているわけではなく、正確には〝サイクル〟とは呼べませんので、核燃料として使用後のリサイクルを指す
〝バックエンド(back end)・・・_φ(・・ )b〟
と呼ばれるモノを含めて全体が核燃料サイクルになるわけです。


↓ 使用後の核燃料を再び使用するまでの工程を含めれば、〝サイクル〟となる・・・(画像はイメージ)
Centrale nucleare di Caorso
Centrale nucleare di Caorso / Simone Ramella


 バックエンドの核燃料サイクルは、

「使用済み核燃料の抽出と保管」

「再処理」

「再利用できる材料のリサイクル」


という工程に分けられますが、日本は2012年3月現在
〝「再処理」以降の工程は、まだ試験段階 ┐('~`;)┌〟
だというのが現状で、とても実際の商業運用が出来る状態ではありません。


↓ 使用済み核燃料の再処理技術は、まだ〝試験段階レベル〟で、原発で生み出される多量の使用済み核燃料の再処理に対応できていないのが現実(画像はイメージ)。
UREX+ Nuclear waste recycling
UREX+ Nuclear waste recycling / Argonne National Laboratory


 つまり核燃料サイクルはバックエンドに幾つもの
〝越えられないハードル ('A`)〟
を抱えており、それらをクリアしない限り〝サイクル〟なんて言葉は大嘘であり、原発推進派の説明など
〝絵に描いた餅 (∪_∪)b〟
だという事です。


↓ その昔、原子力という新エネルギーを手にした人類は、原子力の持つ莫大なエネルギーに支えられた素晴らしい未来社会を夢見たが、そこに辿り着く為の技術的ハードルは高く、現時点では〝絵に描いた餅〟でしかない(画像はイメージ)。
Picnic Day II - Mitchell Joachim - Future City Mobility
Picnic Day II - Mitchell Joachim - Future City Mobility / Cea.


 そして原発問題の抱える最大の問題
廃棄物の処理問題・・・_¢(ーー;)b〟
だと言えます。

 さて、核分裂をし続けて内部に含まれるウラン235が減少してしまい、定格の熱量を出せなくなった核燃料は前述の様にキャスク単位で交換されますが、そんな使用済み核燃料がどうなっていくのか、順を追って紹介しましょう。


原発の抱える最大の問題は、原発によって生み出される〝廃棄物〟の問題。この深刻さは考えようによっては〝事故以上〟なんだが・・・(画像はイメージ)。
Nuclear power plant
Nuclear power plant "Isar" / bagalute


 使用が終わった直後の核燃料は、核分裂によってバラバラになった〝燃えカス〟が、安定した元素になるために〝崩壊熱〟というとんでもね~高温の余熱を発していますので、
冷却用プールで半年から1年冷やされる Σ(゜o゜ノ)ノ〟
事になっています。

 この崩壊熱がハンパな熱量ではなく、ただ水を張ったプールに浸けておくだけでは、プールの水がすぐに沸騰して蒸発してしまいますので、常に水は循環させておかなければなりません。
 使用済み核燃料には、前述の様にまだ燃えていなかったウラン235も結構残っていますので、そんな燃え残ったウラン235をもう一度使う為に行うのが
〝再処理 ( ̄~ ̄)〟
という工程になるわけです。


↓ 福島の原発事故で、放水車を使って水をブッ掛けていたのは、原子炉だけではなく電源消失で冷却水が循環させられなくなった〝使用済み核燃料プール〟を冷やす目的もあった(特に2号機はそれが主目的だったっぽい)。冷やし続ける事が出来なくなった使用済み核燃料は、自らが出している崩壊熱で溶け始め、最悪の場合は核分裂が勝手に始まる〝再臨界〟を引き起こす(画像はイメージ…ってか、単に事故現場の画像が欲しかっただけ)。
新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書)

 再処理の内容ですが、冷却して〝比較的〟安定した使用済み核燃料を強酸液で溶かして
〝使えるモノと使えないモノに分離する…_φ(・・ )b〟
という言葉で書けば簡単な作業なんですが、現実は
〝口でいうほど簡単ではない ┐( ̄Д ̄;)┌〟
わけで、この使用済み核燃料の再処理技術というのは極めて高度な品質管理が必要であり、実際に商用利用が可能なレベルで稼動している再処理工場は世界に数ヶ所しかなく、日本国内にある再処理工場は
〝未だ試験運転中 ┐('~`;)┌〟
だったりします。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ TVのアホなコメンテーター「日本の原子力技術は世界一 ( ̄^ ̄)」と言っているが大嘘である。特に再処理技術で世界最高水準の技術を持っているのは〝おフランス〟になる(画像はイメージ)。
Radiochemical separation
Radiochemical separation / Idaho National Laboratory


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示