出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  変身ヒーローFiles(1):仮面ライダー【3】

変身ヒーローFiles(1):仮面ライダー【3】

 それが石ノ森氏が企画に参加した事で、
〝主人公は悪の秘密結社によって改造されたサイボーグ (∪_∪)b〟
という『仮面ライダー』の雛形が出来上がっていったわけです。


↓ 石ノ森氏が参加した頃に『仮面ライダー』の基本設定はほぼ決定したが、この頃はまだタイトル主人公キャラは決定していなかった(画像はイメージ)。
仮面ライダーをつくった男たち 1971・2011 (KCデラックス)

 さらに石ノ森氏が『仮面ライダー(この時点では『十字仮面』だった)』の番組企画に参加した事で、
「どうせだったら、原作漫画を少年誌で連載しましょう ヽ(´∀`)ノ」
と企画も浮上し、石森氏のマネージャーが講談社と交渉し、『仮面ライダー』は番組の放映と平行して原作漫画が連載されるという、
〝メディアミックス作品〟
になりました。


↓ 2012年1月現在、もっとも簡単に入手しやすい〝原作版〟『仮面ライダー』は漫画文庫だと思われる。掲載雑誌は週刊少年マガジンの〝弟分〟として多少年齢を下げた『ぼくらマガジン』だったが、『ぼくらマガジン』は1年半ほどで週刊少年マガジンに統合吸収され、その際『仮面ライダー』もマガジンの方に移って連載された。
仮面ライダー (1) (中公文庫―コミック版)

 こうした子供向けの人気作品が、TVと少年誌で同時進行するというパターンは別に『仮面ライダー』がお初というわけではなく、TVの人気番組を漫画化したり、人気漫画をアニメ化するという事は結構昔から行われてきたわけですが、TV番組の企画段階から原作漫画の連載が検討され、実際に同時進行したケースというのは、まだ珍しいパターンだったと言えるでしょう。

 そんなTV番組の制作と漫画の同時進行というケースは『仮面ライダー』以降に盛んに行われ、有名なところでは永井豪(ながい ごう)氏原作の『デビルマン』『マジンガーZ』などのアニメ作品であり、人気アニメや特撮番組の基本制作パターンのひとつになっていくわけです。


↓ アニメ制作と原作漫画の連載が同時進行したものの、内容的にずげぇギャップがあった『デビルマン』と…
【ロマンアルバム4】デビルマン 1978年 別冊テレビランド増刊 [雑誌]
アニメの制作をしたのは〝講談社系〟の東映なのに、原作漫画は集英社の週刊少年ジャンプに連載された為に版権で揉め事が起こり、漫画の連載が打ち切り同然で突如終了したという〝曰くつき〟の作品『マジンガーZ』
新装版 マジンガーZ オリジナルver.(2) (講談社漫画文庫 な 2-34)

 ただ石ノ森氏は最初から新番組専用のシノプシスを考えたのではなく、当時週刊少年マガジンに掲載した
『スカルマン』
という読み切り漫画を雛形にした、
〝仮面ライダースカルマン…_φ(・・ )b〟
というキャラを提案しました。

 スカルマン(Skull Man)というキャラは、文字通り髑髏をイメージさせる仮面を被ったキャラで、石ノ森氏自身は相当お気に入りだったのですが、製作者側の評価は不評で、
「放送時間は夜の7時半から8時の夕食時なのに、そんな時間帯に〝髑髏の仮面〟なんてキモい ('A`)」
という理由で却下されます。


島本和彦氏による『スカルマン』。『スカルマン』は近年アニメ化されたり、他の作家によって続編が描かれたりしているが、たしかにこの仮面が夕飯時のTVに現れたら子供はドン引きするかもしれない…
スカルマン (4) (MF文庫)
↓ 平成ライダーの『仮面ライダーW』に登場した〝仮面ライダースカル〟はスカルマンをオマージュしている。
MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダースカル (仮面ライダー ダブル)

 実際に放映された『仮面ライダー』の放送内容を考えると、髑髏の仮面なんて全然問題ない様にも思えるわけで、グロを感じる当時の感覚はイマイチ判らないんですが、スカルマンのキャラが却下されたのは、
「新番組に過去のキャラの焼き直しなんか使うな! ヽ(`Д´)ノ」
というのが〝ホント理由〟だったのかもしれません。

 スカルマンのデザインが却下された石ノ森氏は、相当落ち込んだと言われていますが、〝お仕事〟ですので番組に使える新キャラクターを考えたわけですが、最終的に辿り着いたのは、
〝昆虫をモチーフにした仮面…_φ(・・ )b〟
でした。


↓ スカルマンのデザインが却下されて凹んでいる石ノ森氏に、昆虫のモチーフを提案したのは、石ノ森氏のマネージャーだったと言われている。昆虫の正面を拡大して見ると、確かにスカルマンっぽい気はする。
Mosquito.
Mosquito. / nick kulas


 石ノ森氏は50枚以上のデザインを描きましたが、バッタをモチーフにした最終デザインを選んだのは、
〝当時幼稚園児だった石ノ森氏の息子 Σ(゜o゜ノ)ノ〟
だったと言われています。
 そんな紆余曲折で決定した『仮面ライダー』のデザインですが、あらすじの方はTV放映より先に連載が開始された原作漫画から紹介しましょう。


↓ 石ノ森氏は様々な昆虫をモチーフにしてデザイン画を描き、息子に「どの絵が一番カッコいいか?」を選ばせたらしいが、息子が選んだのはバッタをモチーフにしたデザイン画だった。
A Leafy Insect
A Leafy Insect / rainy city


 時代設定はとりあえず番組放送当時であった1970年代、城南大学生化学研究所の学生でIQ600というズバ抜けた知能と、オートバイレースで優秀な成績を残している優れた身体能力を兼ね備えた主人公・本郷猛(ほんごう たけし)は、その才能に目をつけた悪の秘密結社ショッカーに拉致されてしまいます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示