出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  ふぇいばりっと♪(19) The Beatles(ザ・ビートルズ):Let It Be

ふぇいばりっと♪(19) The Beatles(ザ・ビートルズ):Let It Be



The Beatles(ザ・ビートルズ)『Let It Be』 です。

 今では義務教育の音楽の教科書で紹介され、
〝ロックのクラッシック Σ(゜o゜ノ)ノ〟
という感じのThe Beatlesですが、V(-¥-)Vはリアルタイム世代ではなく、物心がついて音楽に興味を持ち始めた頃には、The Beatlesは既に解散していました。
 この『Let It Be』は、The Beatlesの数ある楽曲の中でも、そろそろ解散の噂が囁かれ始めた頃の作品になります。


↓ 『Let It Be』が収録されているアルバム『Let It Be』。The Beatlesのドキュメンタリー映画『Let It Be』のサウンドトラックアルバムという位置づけで、実質的に〝The Beatles最後のオリジナルアルバム〟になる。
Let It Be (Dig)
「〝The Beatles最後のオリジナルアルバム〟といえば、こっちだろ? ヾ(`◇´)ノ」という意見も多い『Abbey Road(アビィ・ロード)』。確かに〝企画&レコーディング順〟で順番を決めるのであれば、この『Abbey Road』の方が後になるのだが、実際にリリースされたのは『Abbey Road』の方が早く、『Let It Be』がリリースされたのは、『Abbey Road』リリースの半年以上後になる。
Abbey Road

 そんな『Let It Be』の歌詞はこちらです。
 いくら仲が良くてもあんまり長い間一緒に居ると、だんだん相手の事が鬱陶しくなるもので、特に感性の鋭いミュージシャン同士というのは、そうした傾向が強く、〝音楽性の違い〟などという尤もらしい理由で
〝グループ解散 Σ(゚ロ゚;)〟
という事は現在でもよくある話でしょう。

 1960年代にそれまでとは違う〝新しいサウンド〟を作り出し、世界規模で大ブレイクしていたThe Beatlesも、メンバー同士の諍いが生まれ始めていた頃に生まれたのが、この『Let It Be』です。


仲の良かったメンバーだが、『Let It Be』を制作している頃には、目指す音楽の方向性にズレが生まれ、特にポール・マッカートニー(Paul McCartney:画像上段の右側ページ)ジョージ・ハリスン(George Harrison:画像下段)との仲は、この時期相当険悪だったらしい(まぁ、解散後はストレスも無くなり、仲直りしてるけどね)。
BEATLES, LET IT IT BE, BOX, book,..
BEATLES, LET IT IT BE, BOX, book,.. / badgreeb RECORDS

BEATLES, LET IT IT BE, BOX,,,,
BEATLES, LET IT IT BE, BOX,,,, / badgreeb RECORDS


 そんなメンバーの分裂状態に凹んでいたポールの元に
「すべてあるがままに受け入れなさい (*´ω`)ノ」
と囁いたのが、『Let It Be』の歌詞にあるMother Mary(マザー・マリア)〟であり、この曲はそんな情景を描いた歌なんですが、この場合の〝Mother Mary〟というのは、キリスト教の〝聖母マリア〟ではなく、ポールの亡き母親マリア・マッカートニー(Mary McCartney)〟の事だとポール自身がインタビューで明かしています。


キリスト教圏で〝Mother Mary〟といえば、キリストの母である〝聖母マリア〟をイメージし、『Let It Be』も途方にくれた時、聖母マリアが優しく囁いてくれる…といった意味に受け取りがちだが、ホントの所はポールの母親の名前も〝マリア(メアリーと発音するらしい)〟で、彼は亡き母からのメッセージを歌にした(画像はイメージ)。
ave maria
ave maria / Eddi van W.


 V(-¥-)Vが初めて『Let It Be』を聞いたのは、中学生くらいだったと思いますが歌詞なんぞ解からないなりに、
「洋楽って結構良いぢゃん ( ̄- ̄ )」
と思った最初の曲だったと記憶しています。

 この『Let It Be』というのは、結構〝日本人向き〟らしく、
日本人が選ぶThe Beatlesの名曲ベスト10 ヽ(`Д´)9〟
でも確かベスト3くらいに入っており、洋楽の入門曲としてオススメの曲でしょう。

 ちなみにThe Beatlesに関してリアル世代ではないものの、能書きを垂れたい曲は山ほどありますので、またの機会に別の曲もどんどん紹介していく予定です。
=完=


↓ V(-¥-)VがThe Beatlesの中でベストだと思っていアルバムは、『SGT PEPPER’S LONLEY HEARTS CLUB BAND』。コンセプトといい、収録曲といい、一番好きなアルバム。ココに『Strawberry Fields Forever』が入っていればさらに良いのだが、この時期シングル曲はアルバムには収録しないという業界の風潮があって、収録されなかった 。・゚・(ノД`)・゚・。.
SGT PEPPER’S LONLEY HEARTS CLUB BAND

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ



にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Youtube
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示