出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  お笑い宇宙戦艦ヤマト~栄光と凋落~【24】

お笑い宇宙戦艦ヤマト~栄光と凋落~【24】

 V(-¥-)Vは『ヤマトよ永遠に』を観ていません
 というのも、事前に公開されたストーリー設定を知った時点で、この映画が〝クソ映画〟である事を確信した為、現在に至るまで観ようとも思っていないわけです。


↓『ヤマトよ永遠に』のDVD。とにかくヤマトが観たいという人であれば構わないが、ムリにオススメはしない
EMOTION the Best ヤマトよ永遠に [DVD]

 まず『ヤマトよ永遠に』の世界設定は、西暦2203年という事になっています。
 ヤマトワールドで、ガミラスの侵攻によって人類が滅亡寸前に追い込まれたのが2199年で、2200年にヤマトがイスカンダルへの公開を果たして帰還したわけですが、その翌年の2201年には今度は白色彗星帝国が地球に向けて侵攻してきました。

 そして2203年に今度は
〝暗黒星団帝国 Σ(゜o゜ノ)ノ〟
が侵攻してくるというわけで、
「地球は1年おきに侵略されるんかい! ヽ(`Д´)ノ」
というツッコミを入れたくなります。


↓ ヤマトワールドではガミラス侵攻以来、1年おきに侵略者が地球を襲うようになった・・・ってか、いくらなんでも狙われ過ぎだろ?(画像はイメージ)
Yamato_1042.jpg
UFO in the orbit / Markusram

 まぁ、確率的にゼロだとは言いませんが、宇宙レベルというフィールドで見れば、チリほどの大きさにならない地球という惑星を狙って、隔年で外宇宙の異星人が攻めてくるという不自然さは如何なものかと思うわけで、この辺のリアリティのなさは、当時〝アニメの抱えていた問題〟を浮き彫りにしていました。
 その本題というのは、
〝キャラクターの年齢問題…_φ(・・ )b〟
になります。


↓ 今度の敵は〝暗黒星団帝国〟。ここまで頻繁に地球が狙われる設定が生まれたのは、実はアニメ作品の抱える問題があったから・・・
メカコレクションNO.17 プレアデス

 アニメ作品の多くは〝時間〟というものに対して結構いい加減で、主人公をはじめ主要キャラというのは、
〝基本的に歳をとらない (∪_∪)b〟事になっています。

 『巨人の星』みたいなSF要素の無い人間ドラマは、主人公が成長する上で学生からプロになる上での時間経過はあるものの、『鉄人28号』『鉄腕アトム』、あるいは『マジンガーZ』『ゲッターロボ』といったヒーロー物と言われるアニメの大部分は何年経っても歳はとらず、初期設定の10代後半の外見とメンタリティを保って悪と戦い続けているわけです。


↓ スポ魂アニメの名作『巨人の星』(画像・左)は、主人公・星飛雄馬が少年からプロになる過程も描いているので、主人公も歳を取る(もっとも周りのキャラはあまり歳を取っているようには見えなかったが…)。一方100%空想世界と割り切った『マジンガーZ』(画像・右)に登場するキャラは主人公も含め、一切歳を取らない…というより〝時間の流れの無い世界の住人〟である。
巨人の星 劇場版 コンプリートBOX [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 1 [DVD]

 もともとそうした〝スーパーロボット系〟の世界では、時代設定すら曖昧ですので、永遠に歳を取らずに活躍をしていても、余り気にならないのですが、ヤマトシリーズの場合、骨太SF路線を目指して物語の最初に
〝西暦2199年 ( ̄^ ̄)9〟
と時代設定をしっかり打ち出した上に物語を盛り上げる為、TV番の第1作目では毎回ラストに
〝人類滅亡まで、あと××日〟
というテロップを出していましたので、時間の経過が明白になってしまっています。

 これは物語のリアリティを高めるためには良い事なのですが、アニメ作品を作る上で
〝キャラクターが歳を取って、立場と人間関係が変わってしまう ('A`)〟
という問題が出てきてしまうわけです。


↓ 『宇宙戦艦ヤマト』は、最初に〝西暦2199年〟という時代設定を明確にしており、さらに1年以内にイスカンダルへの航海を終えなければ人類は滅亡するという時間的なリミットも設けられていたせいで、リアルな盛り上がりがあった反面、主要キャラも〝歳を取る必要性〟が出てきてしまった。動画は新作アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の予告編…って、またやるのかよ ('A`)


 ヤマトワールドに当てはめれば、作品スタート時点で血気盛んな若者である古代進も5年とか10年経てば、部下を指導する立場になってしまい、自分が自ら戦闘機で出撃するわけにはいかなくなります。

 またその他の主要キャラだって結婚して家庭を持ったりして仕事へのモチベーションが変わったりする事も考えられるわけで、〝リアルなドラマ〟を目指せば、第1作目と変わらない人間関係を保つのは、不自然になってしまう事になります。


『宇宙戦艦ヤマト 復活編』の主題歌CDジャケットに描かれたイラスト。中央のアルフィーはスルーして、右から2番目が古代進。物語の設定は2220年で、古代もそれなりに歳をとっており立場も変わっている。リアルな時間経過を物語の進行に取り入れれば、こうして主人公は歳を取るし、立場や人間関係も変わってくる。
この愛を捧げて(B)

 そんなわけで、第1作目の人間関係を少しでも維持させようと西崎プロデューサーの考えた設定が、
〝隔年で襲ってくる異星人たち (-_-;)〟
という、違う意味で〝不自然な設定〟になったわけです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


《今日の発進》

『ヤマトよ 永遠に』のヤマト発進シーンのゲーム動画



PS2ゲームのタイトルは『暗黒星団の逆襲』で、『永遠に』ではない。
ヤマト名物の〝発進シーン〟だが、第1作目を意識した
〝岩盤を突き崩して現れるヤマト〟
というのは、多少〝無理矢理感〟がある


E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示