出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  V(-\-)V的日本史:GENJI!!?【12】

V(-\-)V的日本史:GENJI!!?【12】

 頼朝一派は気を取り直して、今度は北條家に対し夜這い作戦を開始…しようとしたんですが、伊東祐親が三女を他家に嫁がせて縁切りした上、千鶴を殺しただけでは飽き足らず、頼朝本人を亡き者にしようと、襲撃を計画している事が発覚しました。
 まぁ、小心者がキレると何をするか判らない、という典型的なパターンでしょう。


↓ 伊東祐親像。本文中はボロクソに貶されているけど、地元では人気がある。
伊東祐親像

 そんな祐親ごときに殺されちゃ、頼朝もたまりません。しかし周りに取り巻きは増えてきたといっても、頼朝の元にまともな数の戦闘員はいません。
 打倒平家の為に乗っ取りを企んだ程の豪族である伊東家と戦って勝てるわけはありません。そこで頼朝は、永年住んできた蛭ヶ島を脱出して逃げ出す事に決めたわけです。
 しかも頼朝は、ただ逃げ出すだけでなく、逃亡先に北条家を選びました。


 当の北条家は、当事日本を支配していた清盛率いる平家とは、遥か昔に枝分かれして、直接の縁戚にはありませんが、北条家の家系を遡れば、清盛と同根の桓武天皇に至るという完璧な〝平氏〟です(ちなみにブチキレ小心おやぢ伊東祐親は〝自称〟藤原氏で、正体はヂモッティの成り上がりモンらしい)。

 生粋の平家である北条が源氏の頭領の命を守るか?と思う方もいるかもしれませんが、その辺りは、東海から関東の武士団の作法として、情にすがって頼ってきた者は、相手が誰であれ受け入れるという習慣がありました。

 今回の場合、頼朝の本当の目的はさておいて、頼朝は祐親の私怨によって命を狙われただけで、中央政権から
〝見つけ次第、頼朝のタマを取れ! ヽ(`Д´)ノ〟
と手配されていたわけではありません。

 ですから頼朝が保護を求めた場合、いくら生粋の平家とはいえ北条家は上記のような、武士団のしきたりによって頼朝を受け入れる事になります。
 祐親が頼朝に刺客団を放ったのは、頼朝が北条家に逃げ込んだ直後で、彼は命拾いしたと同時に〝次のターゲット〟である北条家に潜入する事に成功しました。

 頼朝は北条家の敷地内にある離れに住居を与えられます。頼朝は一応流罪を申し渡された〝罪人〟ですので、北条家も命は助けたましたが、それ以上の自由は頼朝に与える気はないようでした。
 しかしそんな環境の中で頼朝は北条家の娘をたらし込もうと、一緒に脱出した邦通たちを使って北条の娘に接触を試みます。

 その時北条家には二人の年頃の娘がいまして、どっちを〝狙うか?〟という件について頼朝は、何の躊躇いもなく
「次女にする (・0・)」
と言い切り、邦通たちを驚かせました。
 というのも、次女というのは当事の美的感覚からいって、どう見てもブス美形ではなかったからです。邦通が理由を聞くと頼朝は、
「長女は前妻の娘で、次女は後妻にはいった現在の正妻の娘だから (∪_∪)b」
と答えました。

 実は前回の夜這い騒動の相手、伊東祐親の三女は祐親の前妻の娘で、今の正妻が祐親を煽った…という噂もあり、二度目の失敗を犯さない為にも〝現在の正妻の娘〟というポイントが大事だと頼朝は考えたわけです。
 目的達成の為には相手手段を選ばないという辺りも、なかなかパンピーに出来る事ではありません。

↓ 北条政子と頼朝との恋を描いた漫画『華の王』。コレが北条政子(間違っても平安美人ではない)。
華の王 上 (朝日コミック文庫 い 70-1)

 そんな頼朝の意思を受けて邦通たちは再び夜這い作戦の段取りをしますが、思わぬ事態が発生します。
 それは北条家の長女〝政子〟
が頼朝にかなりの興味を持っており、妹を差し置いて横恋慕する形で頼朝に逢おうとしたのでした(もっとも政子の意思だけでなく、頼朝の部下が独断で北条の娘に宛てた恋文を次女でなく長女の政子に届けたらという説もアリ)。

 政子という女性は美人で頭も良いんですが、この頭の良さが災いし、良縁談には事欠かなかったにも関わらず、伊豆の田舎に住む♂連中の垢抜けなさが好きになれず、婚期を逃してます(当事彼女は21歳。この時代で21歳独身といえば、現代の40過ぎのオールドミス並)。
=続く=
【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示