出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  吸血鬼な話【18】

吸血鬼な話【18】

 基本的にモンスターの登場する恐怖映画というのは、そのモンスターが斃されてハッピーエンドというのが〝お約束〟です。

↓ モンスター映画はウケるというわけで、当時のハリウッドでは様々なモンスターが登場する映画が作られた。
吸血狼男 -HDリマスター版- [DVD]大アマゾンの半魚人 【ベスト・ライブラリー2011年 ホラー映画特集~「本当は聞きたくない!山の怖い話 発売記念」:初回生産限定】 [DVD]
巨人ゴーレム 新訳版 [DVD]フランケンシュタイン [DVD] FRT-275

 したがってモンスター映画全盛時代でも登場するモンスターは、大抵人間の知恵と勇気の前に敗れ去るわけで、そういう点を考えるとモンスター映画というのは、
〝続編の作りにくいジャンルの映画 ┐( ̄Д ̄;)┌〟
ともいえます。

 いくら人気があって続編を作っても前作で登場したモンスターというのは、
〝すでに弱点がバレている (・∀・)v〟
わけですので、観客は前作以上の恐怖を感じる事が出来ないわけです。


↓ すでに弱点がバレているモンスターが再登場しても大して怖くないので、こういうムチャな〝対決路線〟の作品も作られた。
フランケンシュタインと狼男 (初回限定生産) [DVD]三大怪人 ドラキュラ VS.フランケンシュタイン VS.狼男 [DVD]

 ですから映画会社は様々な〝新モンスター〟を考えて世に送り出したのですが、そんな中で吸血鬼…特にドラキュラ伯爵
〝何度も復活して続編が作られた稀有なモンスター〟
だと言えるでしょう。

 カラー映画が主流になってからは、ドラキュラ伯爵といえば、クリストファー・リー(Christopher Lee)の演じるモノをイメージするする人の方が多いかもしれませんが、クリストファー氏の演じたドラキュラ作品は7作以上あります。


↓ モンスター映画は続編を作ってもせいぜい2作か3作でコケるのだが、吸血鬼(特にドラキュラ)物は、リメイク版や続編が数多く製作され、しかもそれらはそこそこヒットした。
凶人ドラキュラ [DVD]新ドラキュラ/悪魔の儀式 [DVD]
↓ モノクロ時代の怪奇映画を観たことが無い世代の人たちには、カラー映画時代に最も多くドラキュラ役を務めたクリストファー・リー氏の方がドラキュラ伯爵のイメージは強いかもしれない。ちなみにリー氏はドラキュラ役だげに限らず、出演映画は250作にも上り、〝世界でも最も多く劇場映画に出演した俳優〟というギネス記録の保持者。
Scars of Dracula (Ws) [VHS] [Import]

 それらの作品の中には原作『吸血鬼ドラキュラ』のカラーリメイク版もありますが、基本的に復活したドラキュラが再び人間を襲うという続編的なモノです。

 まぁ、吸血鬼というのは不死者(アンデッド・モンスター)ですので、斃してもまた復活するというのも吸血鬼の大きな特徴であり、そういう意味で続編を作っても再び観客に恐怖を与える事が出来たのかもしれません。


↓ アンデッド(不死)モンスターである吸血鬼は、滅ぼされても再び甦る(画像はイメージ)。
Ghoul
Ghoul / allspice1


 とはいえ1960年代後半から70年代にかけて、恐怖映画のあり方は変化し始めます。
 これは以前「勝手にシネマ」のカテゴリで能書きを垂れた事ですが、科学の進歩によって幽霊の存在がリアリティを失い、土地開発によって秘境と呼ばれる地域が地球上からほとんど無くなったことによって、
「〝伝説のモンスター〟とか〝謎の怪獣〟なんて実在しねぇよ ┐('~`;)┌」
というのが一般的な認識になりました。


↓ 科学が発達し土地開発が進んだ20世紀末、もはやモンスターはファンタジーの世界でしか存在しないというのが一般的な考えになってしまった(画像はイメージ)。
Fantasy Castle
Fantasy Castle / RL Fantasy Design Studio


 映画というのは〝信じられる嘘〟ですので、大衆が実在を信じなくなった幽霊やモンスターがスクリーンに登場しても、あまり恐怖を感じなくなり、モンスター映画は次第に衰退していき、恐怖映画は〝連続殺人鬼〟といった
〝ホントに怖いのは人間 ('A`)〟
という作品か、人食い鮫や大地震など〝自然の恐怖〟を扱ったパニック作品、あるいは〝謎の細菌〟とか〝暴走したロボット(コンピュータ)〟というようなSFテイストの作品へと人気のある映画は路線変更していったわけです。


↓ もはやホントに恐ろしいのはモンスターではなくリアルな人間という恐怖を描き、〝サイコホラー〟というジャンルを確立した名作ホラー『サイコ(PSYCHO)』
サイコ [DVD]
↓ 空想のモンスターなんかより、自然に生息している肉食生物の方がよっぽど怖いという〝動物パニック映画ブーム〟を巻き起こした『ジョーズ(JAWS)』
JAWS/ジョーズ 【プレミアム・ベスト・コレクション800】 [DVD]

 もちろんモンスター映画そのものが滅びたわけではありませんが、人外魔境から平和な人間社会を脅かすモンスターの代表格であった狼男や吸血鬼は、宇宙の彼方に潜んでいるエイリアンほど人々に恐怖を与えなくなりました

 そんな流れの中で〝吸血鬼のキャラ〟は次第に変わっていったわけですが、それを端的に表しているのは1979年に作られたドラキュラ映画、
『ドラキュラ都へ行く(Love at First Bite)』
でしょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 空想のモンスターなら、宇宙の彼方に潜む未知の生物がリアルに怖いというSFテイストの名作恐怖映画『エイリアン(ALIEN)』。
エイリアン ディレクターズ・カット アルティメット・エディション [DVD]

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示