出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  吸血鬼な話【15】

吸血鬼な話【15】

 ブラムはその後も彼が生きる〝19世紀の現代〟に吸血鬼が現れるという物語をよりリアルに仕上げるために、東欧地域の吸血鬼伝承や古城のイメージなどをコツコツと取材し、ついに1897年に満を持して『吸血鬼ドラキュラ』を出版しました。

↓ ドラキュラ城のモデルになったルーマニアにあるブラン城。ブラムは長期間フィールドワークを含めた取材を続けて『吸血鬼ドラキュラ』を書き上げた。
Castelul Bran
Castelul Bran / DT24


 そんな小説『吸血鬼ドラキュラ』の当時の評判ですが、前述したように〝お上品〟なイギリス文学界において、怪奇小説というのはキワモノ扱いでしたので、評論家の書評などは、この作品が100年後の文芸作品も影響を与えている事を予想していなかったようで、
「面白いけど、表現がグロい ┐( ̄Д ̄;)┌」
というやや辛口の評価が目立ちます。

 しかし一般読者の反応は大ウケだったようで、その度合いというと、当時吸血鬼小説というのはそれほど珍しいモノではなく、色んな作家が書いていたはずなのですが、『吸血鬼ドラキュラ』が発表されてから、同時期に出版されていた吸血鬼小説が、後世にほとんど記憶されていない位、大ヒットしたわけです。


↓ 『吸血鬼ドラキュラ』は当時発表されていた他の吸血鬼小説を駆逐してしまう程ヒットした(画像はイメージ)。
Vampire
Vampire / Enokson


 もっともそのヒットはあくまで
〝吸血鬼小説の中では (∪_∪)b〟
という前提であり、当時一般大衆向けの娯楽小説としては、アーサー・コナン・ドイル(Arthur Conan Doyle)
『シャーロック・ホームズシリーズ』
ダントツの人気を誇っており、『吸血鬼ドラキュラ』は、ホラー色の強い怪奇小説を好む読者層の支持を得たものの、人気ミステリーシリーズであるシャーロック・ホームズシリーズを凌ぐほどではなかったと言われています。


↓ シャーロック・ホームズシリーズ。『吸血鬼ドラキュラ』は怪奇小説としては大ヒットしたが、当時ベストセラーだったシャーロック・ホームズシリーズには及ばなかったらしい。
完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻

 とはいえ『吸血鬼ドラキュラ』のヒットはブラム自身の予想を越えたレベルだったようです。
 そんなヒットを生み出した理由は作品のクオリティと共に、『吸血鬼ドラキュラ』の出版に合わせて
〝劇場化 Σ(゜ロ゜;)〟
された事でしょう。


↓『ハリー・ポッターと賢者の石』の書籍(右)とDVD(左)。ベストセラー小説が映像化されるというのは、今に始まったことではなく、当時も行われていた。ただ映画はまだ一般化していなかったので、舞台劇として上演された。
ハリー・ポッターと賢者の石 (1)ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 [DVD]

 まぁ、劇場化と言っても勿論映画ではなく、舞台劇として上演されたわけで、人気のある漫画や小説をすぐに映画化する現代の興行界と似ているといえば似ていますが、ブラムの場合は前述の様にもともと劇団のマネージャーですから、こういうタイアップ企画はやり易かったわけです。

 ブラムは小説の発売に合わせて、ヘンリーの劇団で、
『ドラキュラ あるいは不死の人』
という舞台化作品を公開しました。


↓ 『吸血鬼ドラキュラ』は、小説の発表と同時に舞台劇として上演された。これはブラムが劇団マネージャーをしていたから出来た事で、こうした原作本の発表とほぼ同時に舞台劇を封切りするという、メディアミックス的なタイアップは、もしかしたら〝世界初〟かもしれない(画像はイメージ)。
Dracula cast
Dracula cast / xinem


 5幕47場で公演時間は4時間に及ぶこの〝舞台劇版・ドラキュラ〟は、名優ヘンリー・アーヴィングが総監督を勤めて製作されたのですが、ヘンリー自身は出演していません
 高尚なシェイクスピア作品を演じ、前述の様にイギリス王室からナイトの称号を貰っているヘンリーにとっては、
「今更、低俗な怪奇モノなんかに出演できるかよ ┐( ̄Д ̄;)┌」
と思っていたようです。


↓ 舞台劇『ドラキュラ あるいは不死の人』でドラキュラを演じたのは座長のヘンリー・アーヴィングではなく、ミスター・ジョーンズという役者。当時の写真が残っていないので、どんな役者だったのかは不明だが、ブラムがドラキュラのキャラとしてイメージしたヘンリーは、シェイクスピア俳優のプライドから、低俗なモンスターが登場する劇に出演する気もなく監督に徹した…って、ツッコミを入れるとシェイクスピアの『ハムレット』だって幽霊が登場するんだけどね…(´、`∂)ポリポリ(画像はイメージ)
Dracula's Castle
Dracula's Castle / dave was already taken

 ただ、この作品は結構ヒットして他の劇団でも製作され、これまたロングランヒットするなど、小説との相乗効果で〝吸血鬼ドラキュラ〟というキャラは一般に広まっていったのですが、吸血鬼の定番としてドラキュラのイメージが世界中に定着したのは、この頃発明された新しいメディアである
〝活動写真(映画) ヽ(´∀`)ノ〟
のお陰でしょう。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ ドラキュラがヴァンパイアのグローバル・スタンダードとなったのは、小説や演劇ではなくやはり映画が決定打になったと思われる…(画像はイメージ…ってか、この画像だけで映画のタイトルがわかった人は相当のドラキュラマニアです)。
Nosferatu
Nosferatu / ciscai


E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示