出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  核兵器な話【17】

核兵器な話【17】

 その場合、ソ連の共産主義圏に対抗する〝資本主義の最前線〟として、大日本帝國を味方にしておきたいという思惑があり、日本人から恨みを買うような原爆投下などというマネはしたくないと思っていたわけです。
 ですから、アメリカ軍人どもが新兵器を闇雲に使ってみたくて大日本帝國に対して原爆を投下したというのも、必ずしも真実とは言えません


↓ 大戦後の世界はアメリカ(資本主義)VSソ連(共産主義)の戦いが予想された。大日本帝國の敗北は決定的になっていても、その後は〝資本主義側陣営〟の仲間にする為、国民感情を大きく傷つけるような非道な核兵器を使う事に反対する軍幹部は少なくなかった(画像はイメージ)。
The World According to Ronald Reagan
The World According to Ronald Reagan / digitonin


 実際大日本帝國への原爆投下を命令したのは、ハリー・トルーマン大統領です。
 このトルーマンというおっさんは、フランクリン・ルーズベルト大統領が1945年4月12日に突如脳卒中で死亡した事により、副大統領から昇格して大統領になったのですが、実は
〝大統領に就任するまで、マンハッタン計画の存在自体を知らなかった ( ̄□ ̄;)!!〟
わけで、原爆というモノがどんな破壊力を持った兵器なのか、よく理解していなかったとも言われています。


↓ ハリー・S・トルーマン(Harry S. Truman)。ルーズベルト大統領が急死した結果、急遽副大統領から第33代アメリカ大統領になったおっさん。副大統領だったのだから、それなりに才能はあったと思われる。但しマンハッタン計画については大統領に就任するまで全く知らされていなかったらしい。
Harry S Truman
Harry S Truman / bk1bennett


 もっともトリニティ実験が行われた頃、すでにルーズベルト大統領はこの世になく、マンハッタン計画はトルーマン大統領の下で進められていましたので、具体的な原爆の威力をトルーマンが知らなかったはずはありません

 彼が原爆投下命令を出した理由は諸説あるものの、〝納得できる理由〟としては、
ソ連(共産主義国)への恫喝
核開発を継続する為

でしょう。


↓ アメリカが原爆を投下した外交的理由は、やがて敵になるであろう共産主義国家に対する威嚇行動だった(画像はイメージ)。
Cold War
Cold War / mbrolinPHOTO


 さらに軍の上層部が全員原爆使用に反対したかと言えばそうでもなくジョージ・C・マーシャル(George C. Marshall)陸軍元帥ヘンリー・L・スティムソン(Henry L. Stimson)陸軍長官といったマンハッタン計画を仕切っていた軍人達は、原爆使用推進派でした。

 ジョージ・マーシャルやヘンリー・L・スティムソンは、ソ連に対する恫喝の為に原爆を実戦で使用する事をトルーマンに勧めた…というより、
「原爆投下はすでに決定事項ですから… (∪_∪)b」
とトルーマンに報告していたようです。


↓ ルーズベルト時代からマンハッタン計画を指揮していたジョージ・C・マーシャル元帥と・・・
ジョージ・C・マーシャル
画像参照-Wikipedia-『ジョージ・マーシャル』
↓ ヘンリー・スティムソン陸軍長官。ちなみにアメリカ人が持っている「原爆爆投下は多くの兵士の命を救った」という〝原爆神話〟はコイツが考え出したと言われている。
ヘンリー・L・スティムソン
画像参照-Wikipedia-『ヘンリー・スティムソン』

 つまり大日本帝國への原爆投下は、ルーズベルト大統領存命時からの決定事項で、彼が生きていたところで原爆投下は回避できなかった事になりますが、その理由は、
〝マンハッタン計画につぎ込んだ軍事費があまりにも巨額だったので、具体的な〝計画の成果〟を示さなければならなかったから Σ(゜ロ゜;)〟
だと言われています。

 副大統領時代には一切知らされていなかったマンハッタン計画に投じられた金額を知って、おそらくトルーマンはイスから転げ落ちるくらいに驚いたと思われます。
 しかも何度もいうようにマンハッタン計画は極秘プロジェクトですので、予算は全て〝事後承認〟で、
〝もう使ってしまった金 ('A`)〟
なのです。


↓ 執務を執るトルーマン。彼がブッたまげたのは原爆の威力より、その開発に使われた莫大な予算(税金)の額だったと思われる。
Truman, President Harry
Truman, President Harry / San Diego Air & Space Museum Archives


 ちょっとした小国の国家予算に匹敵する金を4年間に渡って使い切っておきながら、
「ヤバ過ぎて実戦には使えませんでした ┐('~`;)┌」
なんて報告が、日本以上にうえるせぇアメリカ議会で出来るわけはなく、ルーズベルト大統領時代からマンハッタン計画は〝何らかの成果〟を出す必要がありました。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ いくらアメリカが豊かな国だといっても、総額で19億ドル(現在の価値で2兆円)もの血税を注ぎ込んでおいて、具体的な成果が示せないでは議会が黙っているわけはない。原爆投下は外交的な理由だけでhなく、そうした内政的な理由があった事は否定できない(画像はイメージ)。
100_2439
100_2439 / danorth1


E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示