出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  核兵器な話【16】

核兵器な話【16】

 もっとも大日本帝國には、ナチスドイツ同様に
〝核兵器開発疑惑 Σ(゜o゜ノ)ノ〟
もありました。

 しかも、これは単なる疑惑ではなく〝事実〟であり、大日本帝國は太平洋戦争開戦前の1940年頃から核兵器の開発に取り組んでいます。


↓ 大日本帝國でも核兵器の開発は行われていた(画像はイメージ)。
laboratory
laboratory / mararie


 大日本帝國の核兵器開発のきっかけを作ったのは仁科 芳雄(にしな よしお)という物理学者のおっさんで、彼は当時の物理学会で一大センセーションを起こしていた核分裂から〝新型爆弾〟を作れる可能性に気付いた一人です。

 仁科氏を中心にした核兵器開発プロジェクトは、仁科の頭文字から「ニ号研究」と言われ、これも極秘プロジェクトとして研究が進んだわけですが、完成には程遠い〝基礎原理レベル〟の研究で頓挫し、1945年5月に計画は打ち切られました。


↓ 仁科芳雄氏。日本における〝現代物理学の父〟と言われている偉いおっさん。
仁科 芳雄
画像参照-Wikipedia-『仁科 芳雄』

 大日本帝國の核兵器開発失敗には、いくつか理由がありますが、開発に当たって陸軍と海軍が別々に開発を進めるという効率の悪い方法で行っていた事や、当時日本国内には開発に十分な埋蔵量があるウラン鉱床が見つかっておらず、核兵器開発には欠かせないウラン濃縮作業が十分に出来なかった事がありますが、当時の日本人物理学者が無能だったという事ではありません

 そして大日本帝國軍が核兵器開発を完全に断念した理由は、
〝ウラン濃縮に使っていたプラント(熱拡散塔)がアメリカ軍の空襲によって破壊されてしまった ( ̄Д ̄;)〟
からです。


↓ 岡山県と鳥取県の県境にある「人形峠」ここでそこそこの規模のウラン鉱床が発見されたのは戦後の話(1955年)。大戦当時大日本帝國の勢力圏内で質の良いウラン鉱石が掘り出せる場所は発見されておらず、そうした資源不足は核兵器開発が遅れた大きな要因だと言える。
人形峠
画像参照-Google Earth-

 そんな大日本帝國の核兵器開発の実情をアメリカが何処まで正確に把握していたかは…よくわかりません
 ただ大日本帝國の機密情報は、暗号コードをアメリカにすっかり解読されていた為にダダ漏れでしたので、核兵器の開発をしている事、そして計画は頓挫した事がバレていたのは間違いないでしょう。


↓ 太平洋戦争勃発前から大日本帝國の暗号無線はアメリカ軍によって傍受され、解読されていた。アメリカの暗号解読能力も高ったが、それに加えて大日本帝國の機密漏洩に対する危機管理は結構杜撰で、大日本帝國の機密情報は、アメリカにダダ漏れだった(画像はイメージ)。
Radio Intercept at Bletchley Park
Radio Intercept at Bletchley Park / joncallas


 そして、情報がダダ漏れのせいでバレてしまった大戦末期の重要機密というのは、大日本帝國が、
〝密かにソ連(現ロシア)を通じて、アメリカとの和平交渉をしたがっている (゜Д゜)〟
という事でした。

 戦争中の国家が第3国を通じて交戦国に対して和平交渉を行うというのは、実質的に
「この戦争はもう勝てねぇや ┐('~`;)┌」
という〝弱気の表れ〟でもあります。


↓ アメリカは徹底抗戦を表明している大日本帝國が、水面下でソ連に対して和平交渉の仲介を打診している情報を、ほぼリアルタイムで察知していた(画像はイメージ…ってか東條英機の蝋人形らしいが、全然似てねぇ)
Hideki Tojo
Hideki Tojo / cliff1066™


 もし大日本帝國が核兵器開発に成功するなど、戦局を一気に挽回するだけの〝切り札〟を持っていたのであれば、わざわざ第3国に和平交渉を頼むなどといった回りくどいマネをせず、直接アメリカを恫喝してきた筈ですので、そういう意味でもアメリカは大日本帝國が核兵器開発に失敗した事を確信出来たわけです。

 そんな大日本帝國に対してアメリカが2発の原爆を投下した理由として、日本人が思っている理由は、
「軍人どもが新兵器を実戦で使ってみたかったから ┐( ̄Д ̄;)┌」
というモノなのですが、実は当時アメリカ軍上層部の司令官達は
〝大日本帝國に対して原爆を使用する事を反対する者が多かった Σ(゜o゜ノ)ノ〟
と言われています。


↓ 後に大統領になるドワイド・D・アイゼンハワーの肖像。服装から見ても判るとおり、太平洋戦争当時は軍人で、陸軍元帥としてヨーロッパ方面の占領地帯の軍政長官を勤めていたという、文字通りアメリカ軍のトップの一角を占める人物だったが、彼は大日本帝國への原爆投下に関して〝猛反対〟した。
Dwight D. Eisenhower, Thirty-fourth President (1953-1961)
Dwight D. Eisenhower, Thirty-fourth President (1953-1961) / cliff1066™


 というのもアメリカ軍のトップや政務官の多くは大日本帝國との戦いより、大戦後の世界におけるパワーバランスを考えており、〝次の敵〟がソ連であると思っていました。
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示