出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  V(-\-)V的日本史:GENJI!!Ⅰ【4】

V(-\-)V的日本史:GENJI!!Ⅰ【4】

 そんなわけで長男の今若、次男の乙若は即座に寺送りになりましたが、三男の牛若はまだ乳飲み子でした。
 禅寺は基本的に〝女人禁制〟ですから、牛若のような乳幼児に乳を与える人はいませんし、オムツ交換などの世話もできませんので、牛若はしばらく常盤の元で育てられる事になったわけです。

 その後間もなく、清盛と常盤の間に子供が産まれました(♀で名前は能子(よしこ)というが今後この記事には絡んでこない)。
 その事ですけべぇ清盛も満足したのか、あるいは単に飽きたのか、常盤を洛中の藤原氏系の貧乏公家である、藤原長成(ふじわら ながなり)のところへ嫁がせました。
 余談ながら常盤はここでも長成の子供を産んでますので、彼女は源氏・平氏&藤原氏の三家の血筋を制覇(?)した
事になります。

 さて、乳幼児であるが故に禅寺に送られることを免れた牛若でしたが、当然平家からは手がかからなくなったら仏門に入るように、という命令を受けていました。
 牛若が幼児から少年になった頃(7歳説と11歳説あり)、彼は京都の鞍馬山にある鞍馬寺(そのまんまやん)に入れられることになります。

↓ 鞍馬寺の門…と言っても正面ではない。

Photo by e_s_jp

 こうして源氏宗家の直系を始末した平家一門は、まさの〝この世の春〟を謳歌します。
 清盛は平治の乱が治まった後、朝廷でもトップの役職である『従一位太政大臣(じゅいちいだじょうだいじん…と読むのだよ)になり、他にも一族をどんどん宮中政治に組み込み、全盛期には公卿16人・殿上人(でんじょうびと…つまり御所の建物の中に入る権利のある公家の事)30人余りが平家一門で独占されたのです。
 そして極め付けは清盛の娘、徳子を天皇(当時は高倉天皇)に娶らせる事によって清盛は天皇の義父の地位まで手に入れました。

 こうした権力の拡大によって、平家は当時の日本のほぼ半分を直轄の領地としました。
 ここまでいくと、もはや平家は〝支配者に対するジモッティの利益の代弁者〟ではなくなり、支配者そのものへと変貌してしまったわけです。
 清盛は太政大臣になってから程なく重病にかかって、官職を引退して出家したんですがその政治力はいささかも衰えず、福原(現在は神戸…ってか神戸に今もこの地名はある)に別荘を建てて、そこから朝廷へ影響力を発揮します。

 平家が日々勢力を強大化していく中、洛中には〝いい気になっている平家の象徴〟とも言える、禿髪(かむろ)と呼ばれるガキどもがいました。
 禿髪とはおかっぱ頭のことで、おかっぱ頭に真っ赤な衣装をきた総勢300名ほどのガキが、幾つかのグループに分かれて
「平家の悪口を言う者はおらんかぁ? ヽ(`Д´)ノ 」
などとわめきながら京都の町を練り歩き、もし平家の悪口を小耳に挟んだら、その人間を捕まえるだけでなく、住居に侵入して家財道具を打ち壊すなど、狼藉の限りをつくしたのです。

厚顔無恥なオリジナル画像002

 まぁ官費で賄われた陰口殲滅隊といった所でしょう。この禿髪は洛中に住む者にとっては恐怖の的であり、京都に住む一般住民は、新たな支配者・平家に対して不満を抱くようになっていきます。
 こうした平家の横暴に耐えながら、パンピーの振りをして洛中に潜伏している元・源氏の侍たち
は、微かな希望を耳にしました。それは〝源氏の御曹司がどこかの寺で、自分の身分を知らぬまま暮らしている〟というものです。

 御曹司というのは、分家をしていない後継者以外の男の子供のことです(結婚などで、宗家を継ぐ可能性がなくなった男子は御曹司とは言わない)。
=続く=
【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示