出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  メカフェチV(-¥-)Vのアニメロボット列伝Ⅲ【13】

メカフェチV(-¥-)Vのアニメロボット列伝Ⅲ【13】

 エヴァンゲリオンは、通称〝EVA(エヴァ)〟と呼び、特務機関NERVが開発した〝人造人間〟で、正確には〝メカ〟とは言えないかもしれません。

 構造そのものは物語のキーにも関る設定なので〝謎の部分〟が多いのですが、ムーバルフレームのような機械的な構造ではなく、生体部品が基本となっている〝人工生命体〟といった感じのモノです。


↓ 〝人造人間〟エヴァンゲリオン初号機。今まで紹介してきたロボットの中で最もバイオロジカルなメカ。
リボルテックヤマグチ No.100 Evangelion Evolution エヴァンゲリオン初号機(初回生産分)

 ただ、そうしたEVAなんですが、その動力源は〝電気〟だったりしまして、しかも従来のメカとの最大の違いはエネルギータンクを内蔵していない、つまり
〝電源ケーブルを差しこんで、外部から電気を供給する Σ(゜o゜ノ)ノ〟
構造になっているわけなんです。

 電源コードをズルズルと引きずって戦うロボットなんて、文章で書くと笑ってしまうような、お間抜けな感じもしますが自分のコードに絡まってコケたりするようなアホなシーンはなく、それなりにリアリティをもち、メカフェチ魂に響く描写で描かれています。
 それに考えてみれば、エネルギーを外部から供給するというのは、結構〝兵器的〟には理に適っています


↓ 何か引きずっている…そう、エヴァンゲリオンは外部から電源供給を受けつつ戦うのである。
LMHG エヴァンゲリオン初号機(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破) (新世紀ヱヴァンゲリオン新劇場版)

 ロボット兵器なるものが実在した場合、当然それを動かすには何らかの動力が必要になります。
 スーパーロボット系の代表格であるマジンガーZには、透視図を見ると鳩尾のあたりに動力炉(光子力エンジンとも呼称されているようだが、この動力炉の呼び名は様々)がありますし、ゲッターロボも腹のなかにゲッター反応炉を内蔵しており、この炉をゲッターロボ自ら腹を裂いて取り出すシーンが原作漫画にはあるのですが、これが炉なのかエネルギータンクなのかは、資料によって様々でハッキリしません。


↓ ゲッターロボは原作漫画で、腹部にあるゲッターエネルギータンクを自ら取り出すシーンがある(キット化されているとは…)。劇中のセリフでは〝エネルギータンク〟なのだが、描写的にはどう見ても〝炉〟である。
新世紀合金 ゲッター1 ダメージVer. アニメエクスポート限定【アオシマ/ミラクルハウス】

 また、リアルロボット系でもガンダムザクなどMSには、腰の内部に核融合炉が納まっている設定になっており、これまでのロボットは、ほぼ100%活動エネルギーを生み出す機関(ジェネレーター)を内蔵しているのでした。

 ただ、こうしてジェネレーターを内蔵するというのは、色々とデメリットがありまして、まずジェネレーターから動力を生み出すには、当然何らかのエネルギーを投入してやる必要があり、当然エネルギータンクも必要になります(そこまで理詰めで考えた設定をしているロボットアニメは少なく、前述の様にゲッターロボもジェネレーターとエネルギータンクの区別が曖昧)。
 この駄文で紹介してきたロボットも含めて、エネルギータンクをちゃんと設定したメカはほとんどありません。


↓ 『ガンダム』作品に登場するMSも基本的には動力部が腰部にあるという設定になっている(作品によっては違う場合もあるが…)
機動戦士ガンダム MS戦線0079 特典 メモリアルディスク付き

 まぁ、あくまで〝SF世界〟の話ですので、それぞれのロボットがどのくらいの効率でエネルギーを変換できるかは不明ですので、あれだけハデに戦うために必要なエネルギーの量も不明ですが(このネタで登場した『重戦機 エルガイム』のメカ〝ヘビーメタル〟は太陽光線をエネルギーに転換しながら動くので、基本的にエネルギータンクは不要、という設定もある)、最も効率のいい考え方は、今回紹介しているEVAのように、
〝ロボットを稼動させられるエネルギーを外部から直接供給する〟
という方式でしょう。


↓ エネルギータンクを内蔵しない事が有利な理由は、本文中の説明以外にもメカが活動するためにエネルギータンク(および中に入っている燃料)の重量は、活動の邪魔にな〝ロス重量〟になる。戦闘機の場合、長距離を飛行する場合、画像のような燃料の〝増槽タンク(機体の下に3本ぶら下っているヤツ)〟を装備して飛立ち、タンクが空になったり戦闘になった場合は切り離す構造になっており、余計な重量を増やさない工夫がされている。
Strike Fighter Squadron (VFA) 146
Strike Fighter Squadron (VFA) 146 / AN HONORABLE GERMAN


 ただ、こうしたEVEのようにケーブルで外部からエネルギーを供給するタイプのロボットがほとんど登場しなかったのは、この方式は色々と欠点もあるからです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示