出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  メカフェチV(-¥-)Vのアニメロボット列伝Ⅲ【8】

メカフェチV(-¥-)Vのアニメロボット列伝Ⅲ【8】

 そんな世情を反映したのか、『パトレイバー』は、
〝ロボットが実用化され始めた世界〟
を舞台にしています。

 ストーリーは1998年頃の日本から始まっていまして(作品はその10年前に〝未来の出来事〟として作られた)、この作品の世界では通称〝レイバー〟と呼ばれる多脚歩行作業機械…つまり人間が乗って操縦するロボットが実用化されています。


↓ 『パトレイバー』の世界は極めて近い近未来、〝レイバー〟と呼ばれる多脚歩行の作業ロボットが見慣れた風景になった時代(画像はイメージ)。
Giant Robot Spider
Giant Robot Spider / owenfinn16


 用途は主に土木建築現場であり、ブルドーザーやクレーン車などの重機の一種として、日常生活にロボットが見慣れた存在になっているわけです。
 そんなレイバーは人が自動車や重機のように乗り込んで扱う機械ですから、当然レイバーの事故も発生しますし、レイバーを使って行うテロ事件なんて物騒な事態も発生するわけで、警察はそんなレイバー犯罪に対抗する為に、警察所属のレイバー部隊を設立し、そこで活躍する主人公たちの姿を描いた作品が『パトレイバー』になります。


↓ 増加するレイバーによる事故や犯罪に対処する為、警察はレイバー部隊を設立した。画像は主人公を含む警視庁特車二課の皆様。
機動警察パトレイバー

 『パトレイバー』の主人公メカは警察用レイバーとして採用された篠原重工の最新鋭機〝イングラム〟と呼ばれるレイバーなんですが、主人公の泉野明(いずみ のあ)が、初めてイングラムを見たとき、
「これは…趣味の世界ですねぇ…」
と呟いた様に、モロにロボットアニメの主人公メカといったフォルムをしています。

↓ 主人公の泉野明が「趣味の世界」と言った篠原重工の最新型レイバー「イングラム」。基本デザインはほぼ同一だが、OVA・漫画・映画などで細部は異なる。
機動警察パトレイバー 98式AV 1号機 アルフォンス (1/48スケール完成品)

 作品の世界観は〝ロボットが日常に溶け込んだ社会〟ですが、物語の冒頭1990年代後半というのは、レイバーが一般化したといっても、まだまだ〝黎明期〟であり、見た目のデザインより実用性が優先されており、〝人型のレイバー〟などというのは珍しい存在だったのです。

 リアルな世界でロボットを運用する場合、まず要求されるのは想定される作業をこなす事であり、その為にロボットが人型でなければならない必然性はありません。
 ですから物語初期に登場するレイバーで、比較的人型に近い汎用レイバーといえば、菱井インダストリー社の〝ヘラクレス〟といわれるレイバーで、これは、ブサイクな潜水服のようなフォルムで、まさに絵に描いたようなやられメカです。


↓ 物語の開始時、市販されているレイバーで、最も人型に近いのは、菱井インダストリーが開発・販売していた「ヘラクレス」という機体だった。
機動警察パトレイバー ヘラクレス (MOVIE版) ソフビフィギュア

 さらにレイバーというのは、あくまで〝多脚歩行〟作業機械ですので、モノによっては三本脚や、四本足のカニのようなレイバーもあり、〝無駄に人間ソックリ〟というレイバーは、作品世界ではイングラムがお初だったといえます。

 しかしストーリーでは、イングラムの登場以降、次々と人型のレイバーが開発されていきますが、これは劇中でも語られていますが、
〝人型レイバーの開発=レイバー技術の高さのアピール〟
という風潮があったという設定になっているわけです。


↓ ホンダの開発した二足歩行ロボット「ASIMO」。バイク&自動車メーカーであるホンダが〝人間ソックリ〟のロボットを作ったのは、別に趣味ではなく技術力のアピールである。ASIMOを動かしているテクノロジーはスゴイものだが、そのハイテクを一般人に解かりやすくアピールする為に人型ロボットを作ってみせるというのは有効な方法。
タイトルなし
タイトルなし / skl8em


 そんなレイバーのメカ的な特徴ですが、レイバーというのは多脚歩行でマニピュレーター(手)を使用して、人間以上の効率で仕事をさせる汎用作業機械ですから身長は10m弱で、関節部は幌で覆われているのが特徴でしょう。

 このスケールで人型に拘らなければ、現代の技術でもすでに似たようなメカは実用化されています。
 そんなメカが『パトレイバー』の世界ほど社会に普及していないのは、コストがバカ高くて人間を雇って作業をさせた方がマシだという点と、多脚歩行機械というのは、意外に活躍できるフィールドが少ない点です。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 爆弾処理に使われる遠隔操作のロボット。リアル世界では『パトレイバー』のような色んなことをやらせる多目的汎用ロボットより、用途を限定した専用ロボットが主流。その方が構造も簡単で使いまわしも楽になる。さらに、それらのロボットはほとんどがキャタピラか車輪で移動する。多脚歩行の技術がないわけではないのだが、それが実用機に導入されない理由は次回で…
Capitol Police bomb disposal robot
Capitol Police bomb disposal robot / Jay Tamboli


E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示