出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  昭和ガメラ伝説【11】

昭和ガメラ伝説【11】

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』
 昭和ガメラシリーズの代表作と言えば、この作品でしょう。
 平成ガメラでもガメラの敵としてリメイクされたのは、このギャオスです。


↓ 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』のDVD。当時のポスターをパッケージにしてあるが、ガメラとギャオスの目線が全然合っていない、いかにも適当に切り張りしましたという感じの安っぽさが(・∀・)イイ!!
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス デジタル・リマスター版 [DVD]

 前作の『ガメラ対バルゴン』は、前述の通り比較的対象年齢の高い作品でした。
 この頃TVが一般家庭にも普及し始め、カラー放送と白黒放送が混在していた、いわゆる〝TVの黎明期〟だったのと同時に、円谷プロがTVに進出し『ウルトラQ』をはじめとした〝ウルトラシリーズ〟がスタートし、同時期に『マグマ大使』『ジャイアントロボ(実写版)』といった特撮ドラマもはじまり、〝怪獣ブーム〟と言われた時代でもあります。

 それらの特撮TVドラマは、やはり対象年齢は子供向けのモノが多く、第三作目となったガメラにも再び子供が感情移入できるキャラという事で、子供が登場するわけですが前作同様、大人の欲望丸出しストーリーも含まれており、ただ単に子供向け怪獣映画というわけでもありません。


↓ この時期、一般家庭へのTVの普及率が高まると同時に、特撮モノの新場組が次々と登場した。この画像は説明不要、特撮ヒーローの代表的存在『ウルトラマン』
ウルトラマン Vol.1 [DVD]
↓ 原作は手塚治虫氏、放送禁止用語連発でまともに放送できない回もある『マグマ大使』
マグマ大使 第一巻 [DVD]
↓ こちらも原作は横山光輝氏、今じゃOVAの方が有名で、実写版はマニアしか知らない『ジャイアントロボ』
ジャイアントロボ Vol.2<完> [DVD]

 さらに今回登場するギャオスという怪獣は、バルゴンより生物的にリアリティを狙ったキャラで(といっても、あくまで当時のレベルで…)、東宝のゴジラシリーズに比べて、ちょっとグロい独特な特徴を持っており、これは大映の作る怪獣映画の個性だとも言えるでしょう。

↓ 大映映画に登場する怪獣は、東宝のゴジラシリーズに比べて〝生物の生々しさ〟が強く、独特の世界観を持っている。
ガメラ&ギャオス_01
画像参照-godzilla-germany.com-

 ストーリーは当時の時代背景を窺わせるモノで、高度成長に乗りまくって土地開発を盛んに進めていた日本の各地で火山が次々と爆発し始めたところから始まります。

 爆発した火山というのは明神礁という海底火山が皮切りだったんですが、この明神礁を知っているのは、おそらく50代より上の世代の方々だと思いますが、『ゴジラ(1954年…つまり初ゴジ)』が製作・公開された頃、実際に噴火してその溶岩が島を作るほどの噴火をしたのですが、『ガメラ対ギャオス』が作られる頃には、すっかり噴火も収まった上、打ち寄せる波に削られて島は消滅しています。

 『ガメラ対ギャオス』ではそんな明神礁が爆発した当時のニュース映像を挿入してリアリティを高めた後、続いて三宅島、さらに同じ火山帯に属する富士山まで噴火してしまいました。


↓ 噴火をして、島になった当時(1952年)の明神礁。溶岩が海水で急冷されて出来た岩なので、その構造は脆く打ち寄せる波に耐え切れず、すぐに崩落してしまい、現在は島ではなく名前の通り岩礁になっている。
明神礁
画像参照-Wikipedia-『明神礁』

 その富士山の噴火に誘われて、ガメラがエネルギーの吸収に飛来したトコロで映画のオープニングタイトルが流れるわけですが、この頃のガメラはすでに人工物を攻撃するような、人類にとっては脅威となる行為はしなくなっているようです。

 富士山の噴火と言えばトンでもない大事件ですから、当然調査団が編成されてヘリで富士山麓まで飛んでいったのですが、そのヘリが富士五湖上空に差し掛かった時、不気味に輝く洞窟からビームが発射され、ヘリは真っ二つに切断されて墜落してしまいます。

 映画は実際にヘリの墜落シーンを描いていますので、謎のビームに撃墜された事はわかりますが、ストーリー的には
「墜落原因は不明 ┐('~`;)┌」
とされました。


↓ 富士山噴火の調査に向かったヘリは、富士五湖周辺の森林地帯に墜落した…(噴火している富士は脳内でイメージしよう)。
13Kawaguchiko
13Kawaguchiko / Evil Julia


 というのもヘリが墜落したのは、〝中央縦断高速道路〟の建設反対住民が土地買収を阻止する為に立ち入り禁止地区にしたエリアだったのです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2011/03/25

 本日二本目の更新です。一本目「ガメラの風景 /03/25 」はこちら。 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などをご紹介。 前回の更新「 湯浅版視聴記 /03/18 」にはこちらから。 関連で「大阪アジアン映画祭2011の大

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示