出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  UFOな話【11】

UFOな話【11】

 まぁ、動きが直線的だからといって、必ずしもソレが流れ星だという事はありませんので、V(-¥-)Vのような怠け者でなく、
〝意地でも不思議を明らかにしたい人 (゜へ゜)9〟
は、そうした物体を目撃した場合、目撃した場所や時間、あるいは物体が現れた方角を正確に記憶し、翌日にでも最寄の天文台に問い合わせれば、大抵その正体はわかると思われます(ほとんどの場合は、流れ星か、人工衛星だと親切に教えてくれる。天文台にはこのテの問い合わせは結構多いらしい)。


↓ 謎の飛行物体を見たら、ソレを見た場所・時間・方角などを記憶して、最寄の天文台に問い合わせると正体が判る場合もある。天文台の連絡先はタウンページやネットで調べよう。
View from the cathedral patio
View from the cathedral patio / Micah Sittig


 また流れ星以外にUFOと誤認される自然現象としては、雷とかプラズマ現象なんかが挙げられます。
 雷は、この駄文を読めてる程度の年齢になっている方なら、大抵見た事があると思いますが(発光と同時にビックリするほどの雷鳴を響かせるこの自然現象をUFOと見間違える人がいるのは、前述の飛行船や気球を見間違える人と同じく、V(-¥-)V的にはどうかと思う)、プラズマ現象とはどういうモノかといいますと、結構日常的に見かける現象だったりします。


↓ 〝プラズマ〟と聞くと、一般的にはTVとか空気清浄機を想像するが・・・
パナソニック 42V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ TH-P42GT3SHARP 高濃度プラズマクラスター搭載 イオン発生機 車載用カップ ホワイト系 IG-CC15-W
↓ プラズマそのものを見たい方には、こんなインテリアもある。放電によってプラズマを作り上げる『エネルギー・プラズマ ライティングボール』という玩具。自然界でも条件が揃えば起き得る現象。
エネルギー・プラズマ ライティングボール

 物質は普通温度によって、固体・液体・気体の状態になる事はご存知だと思いますが、さらに高温になると物質に取り込まれている原子や電子がバラバラになってしまう状態を〝プラズマ〟というんですが、この場合の〝高温〟というのは物質によって異なり、人間が普通に生きていける状態、つまり〝常温〟でも物質よっては固体だったり(鉄とか)、液体だったり(水とか)、気体だったり(酸素や水素とか)しますので、桁外れの〝高温〟でなくともプラズマ状態になってしまう物質はそれほど珍しくはありません。

 広義の意味のでは、物が燃えるときに見える〝炎〟もプラズマの一種ですし、最近流行のプラズマテレビも光源はプラズマ基盤と言われるとても小さなガラスに封入された希ガスに高電圧をかけてプラズマ化させているもの(原理的にはネオン菅と同じ)であり、そしてどこの家庭でも必ず一個はあると思われる蛍光灯が光るのもプラズマ現象の一種です。

↓ 薄型TVには「液晶TV」と「プラズマTV」があるが、その違いは発色のメカニズムで液晶TVの場合、常に白色の蛍光灯がバックライトとして光っており、液晶のカラーフィルターが様々な色をつけて発色する。一方プラズマTVはザックリ言うとすげぇ小さいネオン管がビッシリついており、必要に応じた色が光って発色している。
R0011275
R0011275 / duck75


 自然現象のプラズマとして有名なのは宇宙空間では太陽の〝炎〟で、地球上だとオーロラ辺りが代表的なプラズマ現象なんですが、これらをUFOと見間違える可能性は低いでしょう。
 球形に発光するもので、天然のプラズマ現象といえば非常に珍しい球形の雷〝球電〟というモノもあるそうですが、V(-¥-)Vは見たことはありません(ただ、日本でも発生例は報告されており、ホントにあるらしい)。


↓ 球電…のイメージ画像。雷の一種で、その多くは雷雨の時に現れると言われているが、雷が無い場合でも目撃例はある。どちらにしても相当レアな自然現象なので、その発生メカニズムはよくわかっていない。
Ball Lightning
Ball Lightning / inottawa

↓ ちなみに巷で起こる全ての超常現象の正体は全てプラズマ現象だというのが、オカルト系番組に数多く出演していて、オカルトファンにはお馴染みの大槻教授。
子供は理系にせよ! (生活人新書)

 あと、最近では球電現象並に珍しいモノで〝天然の燐(りん、と読むのだよ)が自然発火する〟という現象もあります。
 燐は犬や人間など哺乳類系生物の骨に結構多く含まれていますが、これらの死体が野ざらしになって、そこに雨なんかが降ると燐が常温でも酸化が起こり、結果〝青白い炎(つまりプラズマ)〟が見えたりしました。

 今時の日本では人間は勿論のこと、何かの死骸が放置されている事はほとんどありませんので、こうした〝発光現象〟にお眼にかかる事はまずないでしょう。


↓ 獣の骨に含まれる燐が酸化して発光する現象(ココまでハッキリ映ってると作りモノっぽいけどホンモノかどうかは不明)。一般的に「鬼火」とか「狐火」とか言われているが、人間も含めて野外に獣の死体が放置される事が滅多に無くなった文化圏で、こういう現象は滅多に見れない。
foxfire
foxfire / MonkeySimon


 その上、この〝燐の自然発火〟は地面あたりでボンヤリと起こる発火ですので、見間違えるのであればUFOより〝人魂〟で、別なオカルト現象になると思われます。
 流れ星以外の自然発光現象がUFOと見間違われるケースは極めてレアだとも言えますが、逆に言えば滅多に遭遇しない現象にパニくった人が、それをUFOだと勘違いする事もあり得るとも言えるわけです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示