出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  UFOな話【5】

UFOな話【5】

 もっとも、深海900mぐらいの圧力であれば生物の存在にはさほど影響がないのかもしれません。
 地球の深海900mには、少数ですがそれなりの生態系がありまして、大陸棚のような豊かな生態系にならないのは、一重に〝太陽光が届かない〟という理由に起因しているようです。


↓ 地上の気圧の数倍にもなる水圧を受け、太陽の光も差し込まない深海世界でも生命は存在している(画像はイメージ)。
9-8-8 023
9-8-8 023 / neoerik


 そうなると、金星に生物が居そうな気がする人もいるかもしれませんが、金星に〝生物が絶対にいない理由〟は、金星の地表温度が摂氏400~500℃もあるからなのです。
 生命活動の基本となるたんぱく質は摂氏60~70℃で、熱変性という現象を起こして固まってしまいます(こういうと小難しいが、簡単に言えば生卵を熱湯にブチ込めば茹で卵が出来るし、熱した鉄板に生肉をのせれば焼肉が出来るということ)。

 そうなればたんぱく質は生命活動を続ける事はできませんので、地表温度が400℃を越えるような環境では、我々が想像する〝生物〟といわれるモノは100%生存不可能なのです(地球上でも70℃を越える温泉…というより熱泉の中で生きているエビみたいな生物が最近になって確認されたが、コイツにしたって流石に400℃オーバーの世界では生きていけない)。


↓ ブラックスモーカーと呼ばれる深海の熱水噴出孔を撮影した動画。地熱によって熱せられた地下水は300℃以上の温度で海中に噴出している。水圧の関係で沸騰はせず液体のまま噴き出すが、周りの海水温度が0℃近いので、すぐに温度は100℃以下に下がる。とはいえ噴出孔付近は70℃を越える熱湯地帯なのだが、そこに生き物蠢いているのが動画で確認出来る。コイツらはそんなタンパク質が凝固しそうな世界で生きている(もっともコイツらは通常の温度だと死んでしまうらしい)が、流石に金星のような400℃を越える環境ではこんな生物も生存は不可能。


 ちなみに金星がそれほど高温なのは(金星の平均地表温度は、金星より内側を回る水星より高温らしい)、前回書いた金星の大気成分が関係していまして、大気の大部分を占める二酸化炭素が太陽熱を金星の大気圏外に放出される事を阻害する、いわゆる〝温室効果〟によって引き起こされているからだと考えられています。

 地球もこのまま二酸化炭素の増加を抑制せずに放置すると、金星のような〝灼熱の惑星〟になってしまうかもしれない…というエコなヨタ噺はともかく、金星は少なくともアダムスキーのおっさんが、宇宙人とコンタクトを取ったと自称していた頃には既に〝完璧な死の星〟であり、金星の英語名である〝ヴィーナス(Venus。ギリシャ神話に登場する美の女神のこと)〟のような綺麗なね~ちゃんの〝金星人〟は実在しているはずはないのでした。


↓ 〝金星の実情〟が知られる前でも、地球より太陽に近い金星は熱帯気候のような星ではないか?と思われており、アダムスキーのおっさんは金星の英語名通りヴィーナス(Venus)のような薄着の萌え萌えなね~ちゃんが沢山いると言っていた。だけどこんな画像のような萌えね~ちゃんはリアル金星の環境の中で1秒も生きていられない。
Afrodita (Clásica)
Afrodita (Clásica) / NeoGaboX


 他にもアダムスキーのおっさんは、太陽系の星々について
「太陽の表面は熱くない (∪_∪)b」
とか
「月の裏側には宇宙都市がある! ヽ(`Д´)9」
などと、現在の天体観測ではありえねぇ噺をしています(ちなみに最近まで月の裏側が不明だったのは、たまたま月の自転速度と地球を回る公転速度が同じで、地球から見ると月は常に同じ方向しか見えないから)。

 ただ、アダムスキーのおっさんに言わせれば、
「月や金星が死の星だなんて、大国が情報を隠蔽してるだけザマス! ヽ(`Д´)9」
という事なんですが、アメリカやロシアが〝宇宙の真実〟を隠蔽して何の得があるかV(-¥-)V的にはよくわかりません。


↓ UFOやエイリアンについて〝真実を知った者〟は、政府組織によって抹殺され、真実は今も隠蔽されている…と本気で思っているヤツは結構いる。画像は映画『MIB(Men in Black)』の主人公たちの蝋人形。
MIB @ Hollywood Wax
MIB @ Hollywood Wax / alberth2


 その後、アダムスキー氏が提供した円盤の写真がトリック写真である事がバレたり、彼が宇宙人とコンタクトをした〝体験談〟の内容が、アダムスキー氏自身が有名になる前に書いた小説と似ていた事が看破されたりと、〝アダムスキー噺〟はどんどん信用をなくしていきました(ただ一般的には、アダムスキーの書いた小説と〝体験談〟は内容がそっくりだと言われているが、ホントのところは〝一部かぶっているネタがある程度〝らしい)。
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示