出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  メカフェチV(-\-)Vのアニメロボット列伝Ⅱ【11】

メカフェチV(-\-)Vのアニメロボット列伝Ⅱ【11】

 マクロスの大まかなストーリーを述べたときに書きましたが、マクロスは異星人のテクノロジーを利用して、地球上から月の裏側へフォールド航法を試みましたが、オーバーテクノロジーを制御しきれずに、冥王星の軌道上まで飛ばされてしまいました。
 その際にフォールド航法をする〝フォールドシステム〟そのものが消失してしまい、マクロスは通常航法で地球へ帰還しなければならないハメに陥ったのです。


↓ 冥王星軌道まで飛ばされたマクロスは、通常航法で地球に戻らなければならなくなった。『マクロス』は当時の人気アニメパターン通りに劇場版が制作されたが、TV版と違ってこの地球への帰還エピソードはほとんどカットされていた。さらにマクロスのカラーリングも変わっており、TV版では破壊されたマクロスの〝腕〟「アームド1&2」も装備されていた。画像は〝劇場版・マクロス〟
SDF-1 MACROSS (超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~) (1/3000スケール 完全変形フィギュア)

 フォールドシステムの消失による弊害はそれだけではなく、マクロス最大の武装である〝主砲(監察軍のブービートラップで、勝手にゼントラディー軍を攻撃したヤツ、地球上から月軌道上にいる標的を直撃出来る威力がある)〟が、フォールドシステムが無くなった事で、主エンジンとの接続が途切れて発射出来なくなってしまったのでした。
 マクロスはただ地球へ帰るだけではなく、しつこく攻撃してくるゼントラディー軍とも戦わなければならず、主砲を使えないのは死活問題になるわけです。


↓ フォールドシステムを失ったマクロスは、メイン動力炉と主砲を結ぶ動力パイプも失ってしまい、主砲が発射不能になってしまう。攻めてくるゼントラーディ軍に対して主砲が使えない事は致命的な事態だった。
マクロス_001

 幸いマクロスの構造は生存性を高めるために、現代の洋上船舶と同じ〝ブロック構造〟をしてまして、このブロックをパズルのように(まぁ、立体パズルのルービックキューブをイメージしてもらえればいいかも…)組み替えることで、主エンジンからの動力を主砲に直結することが出来ました。
 つまりマクロスが人型ロボットに変形するのは、別に狙って〝人型〟になろうとしたのではなく、主砲を発射するために成り行き上、そういう形になってしまったという設定なわけです。


↓ 欠損した動力パイプの予備はなく、動力炉と主砲を接続する方法としてブロック構造をしているマクロスを変形させて、主砲へ動力を送れる状態にするのを〝トランスフォーメーション〟と呼ぶ。これでマクロスは人型ロボットになってしまう。
トランスフォーメーション

 バルキリーやマクロスが変形するのは、そんな設定によるわけなんですが、これらの〝理由付け〟はスタジオぬえのスタッフの一人である河森正治によると、
「ひと目見て、納得というか、あきらめてもらえる方法 ┐('~`)┌」
として考案したそうです。
 ガンダム以来、こうしたメカのリアリティの部分を考えつつデザインしなければならない風潮が出来てきましたが、そんな中でスーパーロボット的な変形メカを堂々と取り入れ、しかもそのデザインはどれも秀逸な出来だったわけです。


↓ TV版では〝強攻型〟と呼ばれていたマクロスのロボット形態。TV版では主砲だけでなく、〝腕〟部分に接続した強襲揚陸艦「ダイタロス」の先端に重火器型のデストロイドを集合させてその腕を敵艦に叩き込み、そのままデストロイド隊によるゼロ距離射撃を行う〝ダイタロス・アタック〟という必殺技もあった。
SDF-1 MACROSS (超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~) (1/3000スケール 完全変形フィギュア)

 そんなマクロスはメカフェチたちを大いに取り込んだアニメでしたが、ストーリーの上ではヒロインがアイドル歌手という設定で〝二次元キャラ萌え〟の美少女ヲタからも支持されています。
 当時はアニメブームの真っ只中でしたので、マクロスは初回放映時から高視聴率を稼ぎ、玩具も順調に売れたために当初2クール(全26話)で終了する予定だったのが、1クール放送延長されて全36話となりました。
 ただ、この放送延長分は、制作スタッフが〝ぬえメカ〟を描き疲れてやる気が無くなった、としか言いようのないほど〝適当な話〟の連続で、マクロスのメカフェチ的〝真の最終回〟は第27話『愛は流れる』だと思います。


↓ TV版マクロス第27話『愛は流れる』の一部。敵であるゼントラーディ軍は♂ばっかの異星人である上に、戦争ばっかりしてきたので、芸能・文化というモノが全く無かった。だから、歌謡曲や男女のキスなどを見せつけるとカルチャーショックを受けて戦闘不能になってしまう、という特性に付け込んで、ヒロインのリン・ミンメイの歌を電波に乗せて攻撃したわけだが、リアル戦争でも歌謡曲を大音量で流しつつ攻撃してくる敵がいたら、唖然とする思う…


〝リアルロボットだって、変形メカをやってもイイぢゃん (・∀・)〟
という発想の元、アニメメカ史に残るデザインを残したのがこの『超時空要塞 マクロス』という作品ですが、同時期に究極のリアルロボット を目指したのが…
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示