出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  V(-\-)V的日本史:GENJI!!Ⅱ【10】

V(-\-)V的日本史:GENJI!!Ⅱ【10】

 日本のあちこちで反旗を掲げた源氏ですが、前述した武田氏も木曽氏も別に連帯していたわけではありません。
 ましてや頼朝の〝配下〟になっている気も毛頭ありませんでした(ただ、武田氏はこの後、比較的早い時期に頼朝と連合する)。
〝一族は皆家族ぅ~ ヽ(´∀`)ノ〟
という平家の人間関係と違い、源氏は
〝一族こそが敵!! ヾ(`◇´)ノ〟
という殺伐とした人間関係が常に持ち上がってしまいます。


↓ 一族同士でも相争う、それがGENJI

Photo by t-bet

 結果的に貧乏くじを引いてしまった頼政じ~さんが、最初は頼朝たち坂東源氏に貧乏くじを引かせようと考えていた事を見ても分るとおり、一族の主導権を争うのが源氏の習性みたいなところがありました(平治の乱で源氏が負けたのはこういう一族内の主導権争いが原因の一つ)。
 ただ今回の反乱で平家も含めて世間の目は源氏は一枚岩と見ており、そんなわけで討伐隊も頼朝の拠点である鎌倉を目指したわけです。

 討伐隊を率いるのは清盛の孫平維盛(たいらのこれもり)を総大将とし、まだ若い維盛を補佐する意味で、清盛の弟である平忠度(たいらのただのり)とこれまた清盛の子供、平知度(たいらのとものり)が副将として編成されました。
 討伐隊が組織された事を知った頼朝も、ボンヤリ待っているわけはなく、迎え撃つべく鎌倉から出陣していくわけですが、歩兵は徒歩で移動していたこの時代、源氏と平氏が激突するまでには少々時間がかかりますので、舞台を奥州に移します。


↓ ついに頼朝征伐隊が結成され、源平合戦が勃発した(画像は副将の一人、平忠度。肝心の総大将・維盛の画像は見つからなかった)
平忠度
画像参照-Wikipedia-『平 忠度』

 ここで京を脱出して奥州へ逃れた源氏の御曹子、源義経がやっと登場なんですが、久々に登場した彼は、悲壮な決意をしていました。
 というのも、奥州の覇者、藤原秀衡の庇護の下ですくすく伸び伸びと成長していた義経ですが、都に行商へ行っていた者から
〝頼朝、ついに起つ!〟
という噂を聞きつけたからです。


↓ 中央から遥かに離れた奥州にも頼朝決起の情報は届いた。

Photo by dishhh

 義経は打倒平家を人生の大目標として、今日まで生きてきました。兄である頼朝が挙兵した以上、それを助けるべく、すぐにでも頼朝の元へ駆けつけようとしました。
 しかし、勇んで鎌倉へ向かおうとした義経を止めた人物がします。それは彼の庇護者である秀衡でした。
「御曹子、慌てて行く事もない。もう少し様子を見られよ。時が来れば、我が奥州八万騎が御曹子の味方として一緒に平家を倒しまする ( ´∀`)ノ」
とやんわり、義経を牽制します。

 この秀衡の言葉は我が子同然と思う義経を手放したくなかったから…というようなウェットな解釈をする歴史物語もありますが、実際の所はもっと政治的な動機があったようです。
 前述したように、この頃奥州(今の福島県・宮城県・山形県・岩手県・秋田県辺りの東北地方)は、朝廷から半独立状態になっています。
 しかし正式に独立したわけではなく、単に奥州は都から地理的に相当距離があり、広大な金鉱を持っていた事から経済的に勝手に自治を始めたというのが実情のようでした。


↓ 藤原秀衡。ドラマなどでは義経を実の子供以上に可愛がって奥州を発つ事を留めたという描かれ方が多いが、そうした〝情〟以外にも、奥州を半独立国として存続していくため、中央の権力争いに関り合いたくなかったという気持ちが強かったと思われる。
藤原 秀衡
画像参照-Wikipedia-『藤原 秀衡』

 勿論、自治を認めてもらうために都へ多大な献金もしたでしょうし、奥州から正式な交易ルートで運ばれる砂金や見事な馬は、朝廷をはじめ中央の人々にとって重要な物資でしたので、結果的に朝廷は奥州の自治を黙認したわけです。
 ただ、こうした奥州の半独立の絶対条件は、あくまで奥州が中央政権に対して、政治的に中立を守る事でした。
=続く=

【このネタを初めから読む】

E!チャに帰る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示