出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  勝手にシネマ

勝手にシネマ:se7en(セブン)【完結篇】

 そして有名な…というか悪名高いラストシーンへと物語は進んでいきます。
 ジョン・ドゥがサマセットとミルズを案内したのは、郊外の砂漠地帯にある高圧送電線の鉄塔の付近でした。そこには犬の死体以外は、特に何もありません。不信に思う二人は辺りを見回しますが、その時1台のミニバンが走ってきたのです。


↓ 死体を隠した場所へ案内するといって、ジョン・ドゥはサマセットとミルズを連れ出した。ジョン・ドゥの指定した場所には犬の死骸があったが、それを見てジョンは「それは(犬を殺したのは)…私ではない」と、軽いジョークをいった。これは洋画によく見られる手法で、シリアスになり過ぎないように、緊迫した場面でちょっとした笑いをとるのである。
【Amazon.co.jp限定】セブン ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray]

 ジョン・ドゥに共犯者がいたのか?その人物は意外なキャラなのでは?と深読み好きな方もいたかもしれません。しかし、サマセットがミニバンを強制的に止め、運転手を引きずり出して判ったのは、ミニバンは単なる宅急便でした。ジョン・ドゥから多額の報酬を受け取り、指定された時間にこの場所へ〝ある荷物〟を届けるように仕事を依頼されただけだったのです。

〝そして、その箱の中身は…〟

↓ 精一杯のネタバレ…映画を観ている人には、比較的リアルにシーンを再現しているジオラマだが、この駄文を読んでいるだけの人には判らない…と思う。
John Doe has the upper hand!
John Doe has the upper hand! / P.O. Arnas


 前述の通り、ここでネタバレしても実際にちゃんと冒頭から映像を見ていった時の衝撃は受けないでしょう。この映画の脚本を書いたアンドリュー・ケビン・ウォーカー(Andrew Kevin Walker)は、『Se7en』の結末に関しては、いくつかのシナリオを用意していましたが、
〝最も不愉快な結末 ('A`)〟
が選択されたと言われています。


『8mm』(左)と『パニック・ルーム』(右)。いずれもアンドリュー・ケビン・ウォーカー氏の脚本で、『Se7en』に負けず劣らずのダークな話である。『Se7en』の制作中、プロデューサーサイドから、あまりに話が暗すぎるのではないか?という理由で結末のシナリオの見直しが打診されたらしい。しかし監督のデヴィッド・フィンチャーやサマセット役のモーガン・フリーマンが、製作者側の打診を蹴って、当初の予定通り〝最も不愉快な結末〟で作品は作られた。
8 mm. Acht Millimeter. Panic Room [VHS] [Import]

 ただこの映画を観て、ただただ不愉快な思いしかしなかった…という感想を持つ方は、おそらく非常に恵まれた人生を送ってきた方でしょう。世の中に溢れている悪行や退廃した空気というのは、悪人だけの手によって生み出されているのではなく、それを見て見ぬ振りをする大衆の無関心こそが原因なのかもしれないのです。
 物語の冒頭ではサマセットはそんな都会にうんざりして警察を辞め、田舎に引っ込む事を決意していました(ノベライズ版では、冒頭にサマセットが田舎に買った家を見に行くシーン
がある)。

↓ 〝病んだ大都会〟にうんざりしたサマセットは、刑事を辞めて田舎に逃げ出す事を決意していた。ノベライズ本では、そんなサマセットの心境が描かれている(画像はイメージ)
Light rays on a rainy day
Light rays on a rainy day / $omebody


 一方、ジョン・ドゥはそんな荒廃しきった人々の心を正すために、キリスト教の説教である〝七つの大罪〟をモチーフに連続殺人を犯したわけです。
「動機はどうあれ、殺人はよくない! ヽ(`Д´)9」
という〝当たり前の感想〟を持つ方は、一度〝人の心に潜む無意識の悪意〟について考えてみてください。

 日本のミステリーやホラーには、被害者が数え歌や詩の一節に見立てられて殺されるシチュエーションというのは結構あります。しかし海外のミステリーで有名な〝見立て殺人〟があるモノといえば、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった(原題:Ten Little Niggers)』くらいでしょう。


↓ 見立て殺人の代表作ともいえる、金田一耕助シリーズの本格ミステリー『獄門島』。映画にもなったが、謎解きの面白さを損ねないように映画と原作小説では犯人が違う。
金田一耕助ファイル3 獄門島: 3 (角川文庫)
↓ 海外の本格ミステリーで見立て殺人といえば、この『そして誰もいなくなった』が有名だが、他にはあんまり有名なモノはない。ちなみにこの作品も映画化されているが、前述の『獄門島』同様、原作とは犯人が違う。
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
↓ あまり有名ではないモノであれば、マザーグースの歌詞がモチーフになった『僧正殺人事件』なんてモノもある。
僧正殺人事件 (創元推理文庫)

 そういう意味でも『Se7en』は、特徴がある話ですし、その上見立ての題材がキリスト教の説教というインモラルさは、比較的敬虔なクリスチャンの多い欧米諸国では衝撃的だったようです。だから、無信仰な日本人が観てもクリスチャンほどの衝撃は感じないかもしれませんが、ヘビーな物語を観たい方にはお勧めの作品です。
=完=


【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

勝手にシネマ:se7en(セブン)【7】

 あまりにもネタバレが激しい記事が続くので、未見の映画のネタバレを知るのがイヤな方の為に、ネタバレ中は非公開形式にしました。

 すでに作品を観ている方や、ネタバレなんぞ気にしない方
E!チャット管理人 X-ふぁいる【別館】
までお越し下さい。

公開Passワードは echatxfiles20 です。

今回の記事の直リンは


http://echatxfiles2013.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

になります。
=続く=

【このネタを初めから読む】

オマケ動画・・・
『Se7en』エンディングPV


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

勝手にシネマ:se7en(セブン)【6】

 トレイシーの問いかけにサマセットが何と答えたかは実際に作品を見てもらった方がいいと思いますが、サマセットが刑事を辞めて街を離れようとしている動機が垣間見えるシーンでもあるわけです。

 作品ではサマセットが退職前1週間という設定なので、真面目にリサーチしていない雑誌の作品解説では、
〝定年退職間近の老刑事サマセット…φ(-_-;)b〟
と紹介されています。しかしノベライズ本によれば、サマセットは決して若くはありませんが、定年まではまだ間があり、
〝サマセット自身が辞表を出して辞める、依願退職 (∪_∪)b〟
だった事がわかります。


↓ サマセットを演じたモーガン・フリーマン。これは近年のご本人なので、この位の歳になれば流石に定年退職がお似合いだが、『Se7en』が製作された頃は、もう少し若かったし、作品の設定上も本人の意思で辞める依願退職という設定だった。
Best of the Silver Screen Series: The Academy Awards 1995 (Best Actor), Including Morgan Freeman, John Travolta, Paul Newman, Tom Hanks, Et. Al.

 サマセットが警察を辞める理由は、〝毎日軽い動機で起きる凶悪事件〟にうんざりしたからであり、同時に犯罪が日常になり過ぎた町に住む住人たちは、繰り返される犯罪や違法行為に対して無関心を決め込んでおり、サマセットは警察官としてこの堕落しきった街を守る意義を見失っていたからです。

 これも小説版を読まなければわからないキャラクターの心情ですが、ジョン・ドゥが自分の部屋で手製のノートに書き綴った日記のような内容には、無関心で自堕落な街の住人に対する憎しみが記されており、それを読んだサマセットは密かにジョン・ドゥに対してシンパシーを感じてしまったのでした。


↓ 『Se7en』の舞台は日常的に犯罪が頻発する大都会。ジョン・ドゥはそんな堕落した街で暮らす日々に怒りを募らせており、その思いは彼の日記に記されていた(画像はイメージ)。
Southside Crude Crime
Southside Crude Crime / ▲Bonard▼


 『Se7en』ではそんな〝病んだ街〟を演出するため、冒頭からず~~~っと雨が降り続いていました。しかし月曜日から始まった物語も最終日の日曜日にはようやく雨が上がります。
 この日はサマセットの最後の出勤日となるのですが、サマセットは
「この事件が終わるまでは、〝相棒〟でいさせてくれ」
とミルズに話し、引き続きジョン・ドゥを追う決心をしました。


↓ 映画ではラストを除き、天気はずっと雨だった。これは〝病んだ街〟を現す演出である(画像はイメージ)。
Downpour
Downpour / betancourt


 そころがそんな話をしながら警察署に出勤したサマセットとミルズの前に、なんとジョン・ドゥが単身出頭してきたのです。〝七つの大罪〟を見立てた殺人は、5つ目が終わった所で、まだ〝嫉妬(envy)〟と〝憤怒(wrath)〟の殺人が終わっていません。
 この時点でジョン・ドゥが出頭したのはなぜか?


 さて、ここから映画はサイコホラーで語り草になる〝衝撃的な結末〟へと加速していくわけですが、このラストに関しては、是非本編を実際に観て欲しいと思うわけです。
 しかしこの映画のテーマはラストを知っているからこそ面白いわけで、次回の能書きは
〝すでに作品を観た人限定〟
で書き垂れます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 映画評論家は「言いたいけど言えない衝撃的なラストは作品を観てね (・∀・)b」と煽るのが普通だが、この『Se7en』に関しては、「ホントに言いたくない…┐( ̄Д ̄;)┌」という心境になる結末である。語ったり文字すれば簡単なラストなのだが、〝映画史上屈指の不愉快な結末〟は、やはり最初からしっかり作品を観て味わってもらいたい。
Se7en [DVD] [Import]

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 映画
ジャンル : サブカル

勝手にシネマ:se7en(セブン)【5】

 立て続けに行ったジョン・ドゥの殺人は
〝色欲(lust)〟

〝傲慢(pride)〟
でした。

 〝色欲(lust)〟でターゲットにされたのは性病持ちの売春婦で、お上品なFCブログでは書けないような〝特製ボンテージナイフ〟で殺されました。
 本作の特徴として挙げられるのは、殺人サスペンス映画でありながら、
〝被害者が犯人に殺されるシーンがほとんど出てこない Σ(゜o゜ノ)ノ〟
点があります。


↓映画『サイコ(Psycho)』の有名な〝シャワーシーン〟。<サイコホラー>というジャンルを生み出してしまったほど、インパクトのある恐怖映画であり、被害者がなぞの犯人に襲われるシーンは有名である。『Se7en』もカテゴライズすれば、こうした〝人間が犯す犯罪の恐怖〟を描いた作品だが、モロに殺人が行われるシーンはほとんど登場しない。


 一般的な殺人サスペンスドラマといえば、被害者の背後から黒い影が忍び寄り、振り向いた被害者が恐怖の叫び声を上げる…といったシーンは大抵盛り込まれていますが、『セブン』で行われた殺人事件というのは、基本的に犯人であるジョン・ドゥによる犯行は〝終わった後〟であり、特に〝色欲(lust)〟に至っては現場で具体的に何が行われていたかというのは、描写されていません。

↓ 『Se7en』における〝色欲(lust)〟の殺人現場シーン。具体的な殺人方法はジョン・ドゥに銃で脅されて〝女を殺す加害者〟にさせられた男が語る。
【Amazon.co.jp限定】セブン ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)[SteelBook] [Blu-ray]

 一方、〝色欲(lust)〟に続いてジョン・ドゥが引き起こした〝傲慢(pride)〟の殺人も、犯行シーンそのものは描かれていませんが、犯行現場はジョン・ドゥ自ら警察に110番(アメリカは119)して知らせました。
 被害者はモデルの女性で鼻を削ぎ落とされた後、片手には電話機、そしてもう一方の手には睡眠薬のピンを接着剤で付けられていたのです。ジョン・ドゥは被害者の女性に
「電話を使って救急車を呼べば、鼻を失った姿でも生きていける…ただ醜い姿で生きていきたくないという〝プライド〟があるのなら、睡眠薬で自殺しろ ( ̄^ ̄)b」
という〝究極の選択〟をさせた結果、女性は死を選んだのでした。


↓ 〝傲慢(pride)〟で殺された被害者の手には、左右それぞれ電話機と睡眠薬(多量に飲めば致死量)の瓶が接着剤で固定されていた(画像はイメージ…ってか、この〝傲慢(pride)〟の殺人現場は作品公開当時、宣伝用に結構フリー画像が出回っていたが、今回見つからなかった)。
sweet sweet internet drugs
sweet sweet internet drugs / Nina J. G.


 さて、ここまでのあらすじはジョン・ドゥの引き起こす事件を中心に書き垂れてきましたが、主人公であるサマセットとミルズは、ず~~っと事件に掛かりっきりで家にも帰らずにいたわけではありません。
 話は前後しますが、マセットは一人暮らしなのですが、ミルズは嫁はんのトレイシー(グウィネス・パルトロー)と一緒に田舎から出てきています。住んでいるアパートは不動産屋に騙されて、とんでもね~欠陥がある部屋なのですが、それなりに楽しく暮らしているわけで、知り合いのいないこの街で唯一の知人になったサマセットをディナーに招いたりします。


↓ サマセットとミルズはず~~~っと事件を追い続けていたわけではなく、劇中に彼らの私生活が垣間見えるシーンも挿入されている。
ブロマイド写真★映画『セブン』ブラッド・ピット&モーガン・フリーマン/カラー/腕組み

 またジョン・ドゥの起こしている事件だけに限らず、日々凶悪事件が絶えないこの街に馴染めないトレイシーはミルズに内緒でサマセットに会い、自分の妊娠を告げ、
「こんな街で赤ちゃんと育てていけるのかしら? ('A`)」
と相談しました。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 映画
ジャンル : サブカル

勝手にシネマ:se7en(セブン)【4】

 サマセットとミルズはそんな〝偽名丸出し〟のジョン・ドゥの住むアパートに行ったのですが、二人はここでジョン・ドゥと鉢合せする事になります…というか、お出掛けしていたジョン・ドゥが自分の部屋の前に立っているサマセットとミルズを発見し、いきなり発砲したわけです。

 劇中で唯一のアクションチェイスシーンだったのですが、ジョン・ドゥは見事二人を振りきり姿を消します。
 この追跡劇でミルズは報道だと〝重傷〟と載るほどの怪我を負いますが(左腕の骨折&額をちょっと切った)、実際の撮影でもスタントを使わなかったらしいブラッド・ピットは、マジで骨折してしまったそうです。


↓ 『セブン』のDVD。日本公開当時、最もポピュラーだったポスターの構図だった。ミルズを演じたブラッド・ピットはこのチェイスシーンで、ホントに骨折してしまったらしい。この段階でまだ本格的に姿を晒していないジョン・ドゥ役のケビン・スペイシーも、このポスターでは〝走り去る黒い人影〟として写っている。
セブン [DVD]

 いきなり発砲してきた上に逃走するという事は、ジョン・ドゥが少なくても事件の重要な鍵を握った人物である事は間違いありませんので、ジョン・ドゥが住んでいるアパートの部屋を強制捜査することになるわけですが、彼の部屋はこの事件を象徴するような異様な部屋でした。
 窓は塞がれ、外から一切光が差し込まない上に、
〝部屋全体が真っ黒に塗りつぶされている部屋 Σ(゚ロ゚;)〟
であり、事件の証拠も見つかりました。


↓ ジョン・ドゥの部屋で印象的なのは黒一色で統一された部屋もそうだが、ベットのそばで赤い電灯にライトアップされた黒の十字架。相当宗教の世界にハマっている事を窺わせるが、それは一般的な伝統宗教ではなく、間違いなく〝カルトの臭い〟がする。この部屋の異常性は是非DVDで確認してもらいたい(画像はイメージ)。
Crosses I
Crosses I / bilderheld


 そして、ジョン・ドゥが手製で作ったと思われる膨大な量のノートが見つかっており、そこには彼の日記が記されていたのです。
 日記といっても日付はバラバラで、ジョン・ドゥが日々生きる中で思っている雑感が、取り留めもなく書かれているのですが、サマセットはその日記を読みジョン・ドゥに対して密かなシンパシーを感じてしまうのでした(この辺りの心境は小説版を読まないとわからない)。


↓ 『セブン』のオープニング動画。ジョン・ドゥが日記を綴ったり、何やら資料集めをしているシーンが断片的に描かれている。映像的にも斬新だと評価も高いオープニングである。


 さらに部屋の捜索が続く中、写真の現像に使われていたであろう部屋で、ミルズは意外なモノを発見します。それはカメラに向かって怒鳴っているミルズ自身を撮った写真で、実は〝Sloth(怠惰)〟事件の際にジョン・ドゥは新聞記者のフリをして、サマセットとミルズに接触していたのです。

 さらに家宅捜査が終わりかけた頃、ジョン・ドゥは自らの部屋に電話をかけてきました。受話器を取ったミルズにジョンは、
「よくココ(住んでいる部屋)がわかったな… ( ̄- ̄ )」
とほめた後、今後の予定を変更する事にしたと告げ電話を切りました。


↓ ジョン・ドゥが使っていた電話機は、映画公開当時でも珍しいちょ~クラッシックな黒電話。ジョン自身電話が掛かってくrのが嫌いだったらしく、普段は意外な場所に放り込まれている。それが何処かは映画を見てのお楽しみ…って固定電話が一般的だった昔、日本でもこういう所に電話をしまっていた人もいるかもしれない。
Old black Bakelite phone
Old black Bakelite phone / nreijmersdal


 サマセットとミルズがジョン・ドゥの居所を掴めないままだった場合、ジョン・ドゥがどんな展開で殺人を行っていったのかは不明ですが、姿を消したジョン・ドゥは矢継ぎ早にふたつの連続殺人を実行に移していったのです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 映画
ジャンル : サブカル

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示