出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  UMAな話

UMAな話 Files⑤:スカイ・フィッシュ【後篇】

 標本もただ提出すればすぐに認定されるわけではありません
 当然学会で厳しい検証がされて、やっと〝新種認定〟を得られるわけですが(簡単に認められるようなら、怪しげな死体標本が結構残っている〝河童〟だとか、後に紹介するかも知れない、死体発見例がある南米のUMA〝チュパカブラ〟もとっくに新種認定されてる)、現物の標本が一体もないスカイ・フィッシュは、どう転んでもUMAレベルから抜け出る事ができないのは当然でしょう。


↓ チリやメキシコ、アルゼンチンなど南米を中心に目撃情報のあるUMA〝チュパカブラ〟。写真や動画などもあるが、それらは全て嘘臭い。チュパカブラの骨だとか毛髪だと言われるモノもあるらしいが、新種の動物だという認定がされていないところをみると、コレもどうやら偽物だったらしい
chupacabra-picture / I'm Fantastic
chupacabra-picture / I'm Fantastic

 ところがUMAネタなら何でも信じるようなビリーバーズヲタ
「スカイ・フィッシュは止まる死んでしまう。死ぬと消滅してしまう d( ・`д・´)」
という強引な設定を作り上げてその存在を主張しするわけで、中にはスカイ・フィッシュをマジで捕獲しようとする人たちもいたわけです。

 どんどん路線変更していき、今ではUMAネタをやっていたとは想像もできないTV番組『奇跡体験アンビリバボー』でも〝スカイ・フィッシュの巣〟と番組的に勝手に認定したメキシコ北部のゴロンドリナス洞窟で、〝粘着シート〟を使ってスカイ・フィッシュの捕獲を試みていました。


↓ コミック版も出版されたTV番組『奇跡体験!アンビリバボー』。この番組、放送開始当初はホラーやオカルト中心の番組構成で、現在の放送内容とは全く違う番組だった。番組が〝オカルト路線〟だった頃、スカイ・フィッシュの捕獲を試みた事もある。
コミック奇跡体験!アンビリバボー (恐怖編) (ザ・ホラーコミックス)

 で、現在考えられているスカイ・フィッシュの正体なんですが、
〝モーションブラー現象による単なる錯覚説 (∪_∪)b〟というのが、最も有力な説となっています。

 スカイ・フィッシュは現物が捕獲されず、
〝ビデオ映像のみで確認できる…_φ(・・ )b〟
というのがミソでありまして、リアルタイムに映像が飛び込んでくる肉眼と違い、デジタルビデオの場合1秒あたり24~30コマの連続写真を撮っているような感じで録画しています(アナログタイプのビデオは〝コマ撮り〟ではないので説明が難しいが、ほぼ1秒間30コマに近いイメージで録画しており、肉眼のようにリアルタイムな録画はしていない)。


↓ 写真撮影における〝モーションブラー(motion blur)現象〟。カメラによる手ブレや、被写体がシャッター速度以上のスピードで動いてしまった場合に被写体が画像のようにブレて撮影されるのがモーションブラーと言われる現象。
kick and chase
kick and chase / amcdawes

↓ モーションブラー現象を逆手にとってこうした写真を撮る場合もある。
Homebound Traffic
Homebound Traffic / tallpomlin


 そうしたカメラの前で高速で物体が動くと、各コマには物体の残像が、出来損ないの分身術のように尾を引いて写りこんでしまうわけです。
 イメージしにくい方は、例えばハンドメイドのピンホールカメラのようにシャッター速度の遅いカメラの前で、手を振りながら写真を撮ると、手が何本も生えているように写りこんでしまう現象を想像してみて下さい。

 それが〝モーションブラー現象〟というもので、スカイ・フィッシュの正体は、撮影中のカメラの前を高速で移動する物体が残像を残して写りこんでしまうもので、ビデオ映像通りにホントに棒のようなUMAが飛んでいるわけではない、という説です。
 その場合、カメラの前を高速で移動する〝物体〟の正体はハエなどの〝昆虫〟がもっとも有力です。


スカイ・フィッシュの正体は〝コイツ〟。とはいえ、特定の種類のハエではなく、翅(はね)を持った小型の〝羽虫〟と呼ばれる昆虫全般が〝スカイ・フィッシュ化〟しているというのが真相らしい。
Fly
Fly / Sander van der Wel


 当時放映されていたオカルトTV番組『特捜リサーチ200X』でもこのスカイ・フィッシュは取り上げられていて、モーションブラー現象の実験が行われました。

 一秒30コマの家庭用ビデオとプロ機材のハイスピードカメラ(1秒に300コマから8000コマくらい撮れる機種があるが、実験用に使われた機種は不明、しかし最低でも家庭用ビデオ10倍以上のコマ数の撮影が可能)でハエの飛行シーンを撮影するという実験です。

 その結果はハイスピードカメラではハエがしっかり飛んでいる様子が撮影されていましたが、家庭用ビデオで撮った方にはハエが、いかにもスカイ・フィッシュ風に写っていました。
 V(-¥-)V的には…というか世間一般的にもスカイ・フィッシュとはUMAではなく、このモーションブラー現象が正解ではないかと思われ、スカイ・フィッシュの話題は急速に沈静化していったわけです。


〝スカイ・フィッシュ現象〟を撮影した動画。機材が揃っていれば、撮影する事はさほど難しくはないようだ。


 スカイ・フィッシュが話題になり始めた頃、移動スピードは〝音速を超える〟とかいう情報もあったり、科学的な検証がされるたびに情報が修正されていく辺り、その実在はやや疑わしいと言わざる得ません。

 まぁ、もっとも全ての〝スカイ・フィッシュ現象〟がモーションブラー現象ではなく、ホントはスカイ・フィッシュが密かに実在する…かもしれません。
=完=


Webサイト『スカイフィッシュの捕まえ方』内にあるジョーク商品〝フクダのもごし〟。テレフォンショッピングのパロディのようで、ちょっと時間は長いが笑える動画である。ただ、真実は山ほどのヨタ噺の中に紛れ込んでいる事もあり、スカイ・フィッシュと呼ばれるUMAがホントに居ないという断言は出来ない


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る

スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

UMAな話 Files⑤:スカイ・フィッシュ【前篇】

RAW PRICE MUSIC

 UMAとはUnidentified Mysterious Animals(アンアイデンティファイド・ミステリアス・アニマル)〟の事で、学術的に存在が確認されていない生き物全般の事です(ちなみにUMAは〝ユーマ〟と発音する。決して〝ウマ━━(゚Д゚)━━!!!〟ではない)。・・・・とここまでは毎度このシリーズのコピペ・・・

 今回は世紀末から新世紀にかけて、彗星のようにUMA業界で話題になり、流れ星のように消えていったUMAスカイ・フィッシュ(SKY Fish)〟についてあれこれ能書きを垂れてみます。


↓ 20世紀末から21世紀初頭にかけて出版されたUMA本に数多く登場し、TV特番でも盛んに取り上げられたUMAが〝スカイ・フィッシュ〟だが、最近はめっきりその姿を見かけない。その理由も兼ねて〝時期はずれUMA〟であるスカイ・フィッシュを取り上げる。
未確認動物UMAの謎 (ムー・スーパーミステリーブックス)

 事の始まりは1994年、ビデオ編集を生業とするホセ・エスカミーラというおっさんが、アメリカのニューメキシコ州で撮ってきたビデオを編集中、コマ送りで画像を見ている時に〝ヘンなモノ〟を発見したのです。

 それは長さ数十センチの棒状で、両端に帯状の翅らしきものが付いている生き物らしく、高速で画面を横切っていました。
 体色は白か透明で、イメージとしては、古代カンブリア紀に棲息していた〝アノマロカリス〟という動物に似ている…といっても想像しにくいでしょうから、足のないトンボに翅が頭から尻尾までズラっと左右に一杯並んでいるような生き物と考えればいいでしょう(もっとも、ネットなどで入手できるスカイフィッシュの画像で〝頭〟が確認できるものは皆無で、胴体部分はただの〝棒〟に見える)。


アノマロカリス(Anomalocaris)のイラスト。スカイ・フィッシュを実在する、あるいは過去に実在した地球の生物の何に似ているかと言うと、このアノマロカリスに似ているらしいが、アノマロカリスが生存していたのは今から5億年以上前のカンブリア期である。
Anomalocaris canadensis
Anomalocaris canadensis / Ryan Somma


 この得体の知れない〝モノ〟はその棒のような形状からフライング・ロッド(Flying Rods)〟または単なるロッド(The Rods)〟と呼ばれ、他のビデオ映像でも発見されるようになりました。
 日本では一般的な〝スカイ・フィッシュ〟という呼び名は、数々のUMA本の著者として有名な奇現象研究家・並木伸一郎氏が言いだしっぺだと言われています。

 このスカイ・フィッシュは肉眼では見えず、ビデオなどの映像機器でやっと発見される高速移動体で、そのスピードは画像解析の結果、時速80km~300kmくらいは出ているそうです。


防犯ビデオに写ったスカイ・フィッシュ音声は入っていないが、2012年現在YouTube上で確認できるスカイ・フィッシュ画像では相当鮮明に写っているモノ。


 スカイ・フィッシュの生息地は、最初に確認されたニューメキシコ州の〝ゴロンド・リナス〟という縦穴洞窟の入り口だけでなく、世界各地を撮影したビデオ映像でも発見されたため、世界中に分布していると考えられていますが、その後の発見例は〝水中〟、挙句の果てには〝宇宙空間〟にまで及びました。

 これだけそこら中にのさばっているスカイ・フィッシュは当然、日本でも目撃例の報告がありまして、V(-¥-)Vが知っているのは六甲山で、ここでは
〝スカイ・フィッシュに襲われた Σ(゚ロ゚;)〟
という話がありました。


六甲山山頂付近から見た風景。ココでスカイ・フィッシュに襲われたというヨタ噺噂話があったらしい。
六甲山から見た風景
六甲山から見た風景 / inucara


 その〝被害者〟の話によると
「スカイ・フィッシュは低空では飛行スピードも遅く、ちゃんと顔もあって、歯のようなモノもあった! d( ・`д・´)」
だそうです。

 以上のような多くの証拠映像や証言があるのに、スカイ・フィッシュがUMA扱い、またはヨタ噺扱いされたのは決定的な理由があります。
 それは
〝現物が捕獲されていない ┐('~`;)┌〟
という事でした。


人を襲ったスカイ・フィッシュには顔や歯があったらしい…(画像はイメージ…ってかアノマロカリスの模型標本
Anomalocaris
Anomalocaris / ibsut


 〝生物〟として公式に認められるのは〝標本〟の提出が最低限の条件なのです(標本はもちろん生きているのが望ましいのだが、死体でも可能)。

 Files①で紹介したネッシー標本無しで、仮の学名を与えられた奇特な生物で(あくまで〝仮〟であり正式に認められているわけではない)、それ以外で標本も無しに学名を与えられた生物を、少なくともV(-¥-)Vは知りません。
=続く=


↓UMAとして世界的に有名な〝ネス湖のネッシー〟は一応「ネッシテラス・ロンボプテリクス(Nessiteras rhombopteryx)」という学名が付けられている。もちろんネッシーは生きた個体が捕獲されたわけでもないし、死体も発見されていない。どうしてネッシーだけがUMAなのに学名が与えられたかと言うと、イギリスがネッシーの本格的な調査を始めた際、調査団に加わった学者の一人が「ネッシーは絶滅危惧種なので、保護する必要がある ヽ(`Д´)ノ」と主張し、保護対象動物として指定する為には学名が必要な事から、とりあえず見つかる前から〝仮の学名〟をつけたというのが真相(画像は…もちろん偽物)。
Nessie!
Nessie! / kopretinka



ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

E!チャに帰る

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

UMAな話 Files④:河童【完結篇】

 現在地球上でデカい面をしている人類の直接の祖先は〝クロマニョン人〟といわれる人種なんですが、他の〝人類〟は、ネアンデルタール人をはじめ、すべて滅んでしまったというのは前述した通りです。
 しかしそれらは〝いつ滅んだのか?〟というのは明確には解っていませんし、現在発見されている人種が〝人類種の全て〟だという断言も出来ません。


↓ 現人類の直系の先祖だと考えられているクロマニョン人の頭蓋骨

Photo by Riebart

 ですから、前述の〝水棲類人猿〟から現人類とは別な進化をした〝河童族〟なる人類が生存していたという可能性も、まんざらヨタ噺でもないわけです。
 過去の文献には、福岡県の筑後川周辺に河童が住んでおり、地元住民と河童の揉め事とか、河童族同士の抗争といった記録が明記されており、少なくとも九州地方にはその昔〝河童〟と呼ばれる部族がいたのは間違いないとV(-\-)V的には思っています。

 ただ、その〝河童族〟が、今の河童のイメージ通り、頭に皿を乗っけていたり、手足に水かきが付いていたとまでは言いません。
 細々と生き続けていた〝別の人類〟が、河童と名付けられて、その生活様式の違いから、迫害されて滅んでいった後、
「アイツらは、化け物だったんだお d( ・`д・´)」
と言って、水かきだの甲羅だの、人を襲って尻子玉を抜くだのと、妖怪っぽい脚色をされていった可能性が高いとV(-\-)V的には思っています。


↓ 河童とは現人類とは違う進化をした種族だった…かもしれない。

Photo by makou0629

 実は河童に限らず、こうした〝妖怪にされちゃった民族〟というのは日本史のそこかしこに見受けられます。有名な所では土蜘蛛といわれる部族でしょう。

 土蜘蛛の外見は身が小さく、手足が異常に長くて、住居は山麓の洞穴などに住んでいたとされています。
 旅人を誘い込んでは生血を吸うという話もありますが、土蜘蛛の一族について記されていた記録は、比較的新しいモノだと平安時代で、源頼光が大江山の酒呑童子を討ったのと同時期に、土蜘蛛一族とも戦ったとされている伝承で、さらに遡れば有名な『古事記』や『日本書紀』にも、土蜘蛛の記述はありました。
 その土蜘蛛一族の正体というのは、〝本物の妖怪〟ではなく、天皇が司る朝廷に従わない土着の部族であっただろうという説が、ほぼ定説になっています。


↓ 今では妖怪扱いの〝土蜘蛛〟。その正体は古代〝天皇家に従わない一族〟だった。
~能と花の二夜~狂言『鐘の音』・能『土蜘蛛』 [DVD]

〝歴史は勝者が作る〟
と言いますが、朝廷に従わず迫害された部族は、ボロクソに貶されて、今では〝化け物扱い〟されてしまっているわけですが、河童もそうした〝迫害されてきた部族〟の一派であるのではないか?とV(-\-)V的には思っています。

 ただ、そう思うのはあくまで〝河童が実在する〟という前提であり、現在も河童が生存し続けているかとなると、否定的な考えにならざるをえません。
 数年前に〝あの〟東スポに〝河童発見!〟とかいう毎度の怪しげな記事に、各メディアが踊らされた事件がありましたが、知能をもった生物が、人知れず生存し続けられる〝秘境〟は、もはや日本のどこにもありません。
 河童はその正体が不明のまま、歴史の影に埋もれてしまった存在ではないでしょうか。
=完=

【このネタを初めから読む】

パラダイスK [紙ジャケット仕様] [ボートラ付]

E!チャに帰る

UMAな話 Files④:河童【5】

 〝ネアンデルタール人〟とか〝北京原人〟などといわれているヤツラがそれに当たるのですが、コイツらは現代人と遺伝子的に全く繋がりは無く、同じ人類でも種として別物なんです。

 ネアンデルタール人も北京原人も滅んでしまった種ですが、河童といわれる連中もそうした滅んだ人類一種のではないかというのが、この〝河童=亜人間説〟になるわけですが、この河童が別の人類であるという説は、もう一つサルから人類を繋ぐ進化のミッシングリングに関る学説に関連があるという、なかなか壮大な話になってきます。


↓ ネアンデルタール人の想像復元模型

Photo by Mara ~earth light~

↓ ……これは何かの間違い ( ̄▽ ̄;)
北京原人の逆襲 [DVD]

↓北京原人は現在、〝ホモ・エレクトス〟という原人の一種としてカテゴライズされている。同じ猿でもニホンザルとチンパンジーが〝全然別モノ〟であるように、現人類とこれら原人は別の種族だとされている。

Photo by Ryan Somma

 さて、人類も学問的に言えば〝サルの一種〟なんですが、他のサルにくらべて外見の特徴や生活様式に相当な違いがあり、その中でも、
・直立歩行が出来る
・体毛が大変薄い
・呼吸を〝自分の意思〟である程度コントロールできる

 という大きな違いがあります(他にも、オーバースローでモノを投げられるとか、人類特有の特徴はあるが、この記事とは直接関係ないので端折る)。


↓ 訓練すれば100km/h以上のスピードでモノを投げられる動物は人間だけ。

Photo by DJ Anto D

 人類がこれらの特徴を獲得するのに、一つの学説として水生類人猿説(アクア説とか、なぎさ原人説ともいう)』というモノがあるんです。
 その昔、まだ人類の祖先がサルとほとんど変わらない〝猿人〟だった頃、波の穏やかな遠浅の海辺で生活していたサルたちがいました。
 海辺のエリアで生活をする利点は、魚介類(主に貝など)が豊富で食料を確保しやすい事と、陸上の天敵が襲ってきた場合、海の中に逃げ込んで攻撃を避けることが出来るという点がありました。


↓ 渚で暮らす猿人の痕跡・・・ってこの足跡、靴はいてないか?

Photo by Balaji.B

 ただ、よほどこのサルたちを襲う天敵が多かったのか、このサルたちは生活の多くを海に浸かった状態で行うようになったと考えられています。
 そんな生活を送ると、水の浮力が手伝ってだんだん身体が起きてきて、直立歩行が可能になり、それが現人類の祖先になっていったというのが〝水生類人猿説〟の基本的な考え方です。


↓ 原人は海に潜る事で、直立歩行を獲得し体毛も薄くなったと考える学説。ちなみにこのおっさんは現代人。

Photo by elbragon

 この説では、人類の祖先が海水の浮力の手助けによって直立歩行を獲得したというだけでなく、半水中生活の影響で体毛が薄くなったという仮説にもなっていますし(クジラは勿論、ジュゴンやカバなど、水中生活をする哺乳類は体毛が薄くなる傾向が多い。もっとも、体温の確保が重要な〝北の海〟で生活するアシカやトドなどは、保温の為に体毛は薄くならない)、こういった生活をすることで、サルたちは〝潜って泳ぐ〟事を覚え、自らの意思で〝息を止める事〟つまり、自分の意思で呼吸をコントロールする事を覚えたとも考えられているわけです。

↓ V(-\-)Vのお気に入り海棲哺乳動物のマナティ。北洋に住むものを除けば、水棲哺乳類の体毛は薄くなる
マナティ
画像参照-Wikipedia-『マナティ』

 まぁ、この〝水生類人猿説〟は、現在のところサルから人類への進化を説明する仮説の一つに過ぎませんが(しかもこの学説に対する反論も多く、人類学会の中では決して主流の学説ではない)、この学説が事実であった場合、河童というのは、この頃に分化した種の生き残りだったかもしれません。
=続く=

E!チャに帰る

UMAな話 Files④:河童【4】

 普通、川辺を歩いていて川面を何かが泳いでいるのを発見し、甲羅が浮いているのを見れば、
「スッポン(又は亀)か? (゜σ゜)」
ぐらいに思うもので、それを河童だと思うのは相当無理があるのでないかと感じてしまうわけです。


↓ 水辺で甲羅がある生き物を発見しても、普通は河童だとは思わない…

Photo by Jason Rojas

 まぁ、基本的にハチュウ類は死ぬまで成長し続けるので、よほど長生きすれば、日本国内でも河童と見間違えるくらいデカいスッポンもあり得ない話でもないのですが、スッポンの寿命と言うのは意外と短く、養殖用にスッポンの暮らしやすい環境に整えられた飼育下ですら15年ほどで逝ってしまいます。

 そうした〝天寿をまっとうしたスッポン〟でも、その甲羅の大きさはせいぜい35㎝ほどです。
 確かに35cmといえば、デカいことはデカいんですが、〝河童と見間違える〟ほどデカいかというと…ちょっと微妙なところでしょう。


③宇宙人説:……え~っと…二足歩行で、知的行動をする、と噂されるUMAには必ずと言っていい程、この〝エイリアン説〟が唱えられていまして、この説を支持するヲタどもは
「体型や、皮膚の表面がヌメヌメしている(体毛が無い方の河童)ので、コイツは一般に言われている〝グレイ〟だお! ヽ(`Д´)9」
とほざくわけです。


 このカテゴリの記事を好き好んで読んでいる方なら、大抵はご存知だとは思いますが、念のために解説しますと、グレイという異星人というのは、TVやマンガなどで紹介されるエイリアンの画像としては、おそらく最も有名な白っぽいラッキョウのような頭に、異様にデカイ吊り上った黒目が印象的な頭でっかちの、あの〝エイリアン〟です。

↓〝グレイ〟と呼ばれるタイプのエイリアン。某国では、すでにグレイが捕獲され、生体実験が繰り返されている・・・(大嘘)

Photo by jurvetson

 まぁ、河童の身長は目撃例や伝承で、グレイと同じ1mちょっとというのが多い様ですし、人とコミュニケーションをとれるだけの知能をも持っているというトコロは、一応グレイに共通していると言えないこともないんですが、
「頭の皿や、背中の甲羅はどうなってんねん?!ヽ(`Д´)ノ」
とツッコミを入れたくなるのはV(-\-)Vだけではないでしょう(ただ比較的近年、昭和の頃に目撃された河童情報は、皿や甲羅の無いタイプのモノもあり、〝河童=グレイ説〟はその辺りを論拠としている)。


④亜人類説:もしホントに河童が実在する(あるいは過去に実在した)として、V(-\-)V的に最も支持したいのはこの説です。
 この世には白人や黒人、そして黄色人種など様々な人種が存在しますが、生物学的に見るとすべて〝ホモ・サピエンス〟という単一の生物になります。


↓ 巨匠レオナルド・ダヴィンチの描いた〝理想的な人体図〟。ホモ・サピエンスという〝種〟の理想体型
ウィトルウィウス的人体図
画像参照-Wikipedia-『ウィトルウィウス的人体図』

 白人も黒人も黄色人種もDNA的に突き詰めれば、すべてアフリカで誕生した現人類の始祖に辿りつくという学説(アフリカ単一起源説)が、もっとも有力な人類起源の学説になっているわけです(各人種に体格・体色など外観的な違いがあるのは、アフリカから全世界に散っていった祖先が、その生活環境の違いから差異が発生したモノ)。

 そんなわけで、現在〝人類〟と呼ばれている生物は単一種なわけですが、過去地球上にはホモ・サピエンス以外の人類も存在してました。
=続く=


↓ アフリカの大地(遠望できるのはキリマンジャロ)。現存している人類の始祖はここで誕生した(らしい)。

Photo by cjasik

E!チャに帰る
(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示