出会い ゾビラックス軟膏 E!チャット管理人 X-ふぁいる  X-Files

幽霊な話【21】

 その番組によれば、単なるシミュラクラ現象以外にも、人間が透けて背景が写り込んでいる写真や、被写体の手や足が消えてしまっている写真など、投稿された心霊写真と同じ現象を再現してみせ、その理由を説明していました(多くの場合は、カメラのセッティングや構図が原因だった)。

↓ 足のない心霊写真…の失敗作。シャッタースピードやモデルの動作で手や足のない写真なんていうモノは比較的簡単に撮れる。問題はそれを意図的にやったかどうかで、偶然撮れちゃった場合は心霊写真として騒ぐ結果になる。
Dedi Self # Ghost
Dedi Self # Ghost / Gregory Tonon


 現在はネットで〝心霊写真 真相〟といったキーワードで検索すれば、世の中にはびこっている心霊写真…のような写真が、意図的に撮影可能だということを解説したWebサイトがいくらでもみつかります。

 さらに近年は
〝PCによる画像処理…_φ(-_-;)b〟
が素人でも楽にできますので、ありもあしない心霊画像や心霊動画が、ますます出回っているわけです。


↓ 今はPCの画像加工ソフトが出回っているので、誰でもちょっと練習すれば、簡単に心霊写真が作れるようになった(画像はイメージ)
Japanese Ghost Tale by Tucia
Japanese Ghost Tale by Tucia / Tucia


 こうした心霊写真や動画の正体が作り物だったり、撮影者の意図とは無関係に偶然心霊現象のように見えちゃったりしたモノだという根拠は、
〝幽霊がちゃんと服を着ている Σ(゚ロ゚;)〟
というあんまり指摘されていない事実があります。

 幽霊が超自然的な魂だとしたら、実体として見えるのは幽霊の真の姿である裸…つまりすっぽんぽんでなければおかしいでしょう。まぁ、生前の習慣として外を出歩くときには服を着るという先入観が、幽霊自身にもあって服まで実体化させている可能性もゼロではありません。しかしそのイメージを目撃者と共有できるのか?という疑問は生まれるわけです。


↓ 幽霊がホントに魂だけの存在だとしたら、当然ヌードで現れるべきではないだろうか?(画像はイメージ)
Viktor Oliva - The Absinthe Drinker
Viktor Oliva - The Absinthe Drinker / paukrus


 そんなわけで、幽霊に関する目撃例の九割以上は本人の錯覚か、作為をもって捏造されたヨタ噺と考えるのが順当かと思われます。
 しかし幽霊が実在しないと断言するには、納得のいかない事例があるのも事実です。そこで幽霊がホントにいると仮定した場合に、その正体はなんなのでしょう?

 私見ではありますが、幽霊の正体は
〝病気の一種…_φ(・・ )b〟
だと思っています。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 幽霊の正体は病人?(画像はイメージ)
ghost hour
ghost hour / AlicePopkorn


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

幽霊な話【20】

 もともとオーブが撮影された場所というのは、その多くが心霊スポットとして有名な廃墟だったりするわけです。掃除もロクにしていない場所に人間が上がりこめば、溜まっていたホコリが空中に漂い、フラッシュの光を反射してしまう事は想像に難くありません。

↓ 心霊写真のネタになる場所なんて、普段人が立ち入らない廃墟のような場所が多い。そんな場所を歩き回れば、ホコリが舞い上がるのは当然のことであり、そのホコリにフラッシュの光が反射するのも当然の成り行き…(画像はイメージ)
orbs-Oktober2009
orbs-Oktober2009 / AlicePopkorn


 一瞬光るカメラのフラッシュだけに反応するわけですから、移った画像を見て
「何も見えなかったのに、カメラにだけ反応した! Σ(゜o゜ノ)ノ」
と驚いてしまうわけです。
 まぁ、人の形をした幽霊辺りに比べれば、霊的なエネルギーの塊みたいで、何となく信憑性はあるかもしれませんが、カメラやビデオに〝なぞの発光体〟が写り込んでしまった場合、まずは合理的な理由を考えた方がいいでしょう。


↓ とはいえ、超自然現象のオーブを全否定する気はない。なまじ人の姿をしている幽霊より、不定形な霊エネルギーの方が、まだ信憑性は高い(画像はイメージ)
intergalactic orb
intergalactic orb / pHotosHo0x


《心霊写真(動画)》
 これを〝自然現象〟とするのは、いささか無理がありますが、写真という技術が生み出された直後から、
「幽霊が写真に写った! ( ̄□ ̄;)!!」
という話はありました。


↓ 写真に霊が写っていた?
[_I’m just walking with a ghost And it’s walking by my side_]
[_I’m just walking with a ghost And it’s walking by my side_] / Still Moments


 幽霊を見たというだけより、写真という物証があった方が説得力が高いという事ですが、写真が発明されて以後、心霊写真は星の数ほどありますが、
〝ほとんど全てが偽物 ┐('~`;)┌〟
とされています。


↓ 古ぃ~~い心霊写真。もちろんトリックである。こうした偽心霊写真は写真の技術が生まれた直後から生み出され、後の映画の特撮技術にも影響を及ぼしている。
Man with a female spirit
Man with a female spirit / National Media Museum


 前述したシミュラクラ現象で、自然の風景の中に人の顔を、脳内で認識してしまったという〝勘違い系〟から、カメラの構造や撮影方法が原因の〝偶然系〟、あるいは最初から売名行為で映像を加工した〝確信犯〟など、心霊写真や心霊動画のほとんどは、ホントに霊が写り込んでいるわけではないわけです。

 V(-¥-)Vが若かりし頃は、まだ民放TV局が元気いっぱいで、オカルト番組が山ほど作られていました。そんな中で怪しげな心霊写真を、これまた怪しげな霊能力者が鑑定するといった番組がある一方、プロのカメラマンが視聴者から送られてきた心霊写真と、まったく同じモノを撮影してみせ、心霊写真(もどき)が撮影されてしまった真相を披露するなんてモノもあったのです。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 番組のタイトルは忘れてしまったが(確かどっかのワイドショーだった)、プロのカメラマンが心霊写真の真相を明かすため、視聴者から送られてきた心霊写真を調べ、同じ場所で全く同じ現象を再現した写真を撮るという企画があった(画像はイメージ)。
The photographer at the Dark Hedges, Northern Ireland
The photographer at the Dark Hedges, Northern Ireland / j0sh (www.pixael.com)


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

幽霊な話【19】

 またメタンも死体が腐敗したりする過程で発生します。その昔死体の埋葬が土葬で、人間以外の野生私物の死骸がそこら中で野晒しになっていました。


↓ 映画『羅生門』の1シーン。この作品の舞台は平安時代。原作小説を読めば分かるが、路傍には人間の死体が普通に打ち捨てられていた。人間だけに限らず野生生物の死体などを回収する保健所なんかないので、死体は放置がデフォだった。そんな環境で有機体から出るメタンガスや燐が自然発火する現象も珍しくはなかった。
Rashomon (1950)
Rashomon (1950) / japanesefilmarchive


 そんな状況で死骸からメタンガスや燐が発生し、ちょっとした火種に触れて燃え上がったのを見た人が、
「人魂(鬼火・狐火)?! ( ̄□ ̄;)!!」
と騒いだわけです。

 メタンガスも燐(正確にはリン化水素などの燐化合物)も可燃性ガスですので、一定上の濃度があれば、容易に発火します。そうした天然ガスの炎症減少は、野晒しになった死骸の周りや、死体を土葬した墓の周りで発生するわけですので、オカルト的なイメージを作り上げていったのでしょう。


↓ 本文では説明しなかったが、「球電」といわれる特殊な雷も人魂や鬼火などの正体ではないかと言われている。球電はきわめて珍しい気象現象だが、実際に確認されている自然現象だが、人魂と間違える可能性は高い(画像はイメージ)。
Ball Lightning
Ball Lightning / inottawa


 あと人魂によく似たモノに〝オーブ(Oeb)〟と呼ばれる発光現象があります。オカルトビリーバーズ系の情報では、
オーブは、その昔日本では〝玉響(たまゆら)〟と呼ばれていた ( ̄^ ̄)b」
となっているようです。

 ただ昔オカルト小僧だったV(-¥-)Vの記憶が正しければ、
〝オーブなんてモノ自体、比較的最近騒がれ始めたモノ (-,―∂)ポリポリ〟
になります。


↓ 大ヒットしたゲーム『ドラゴンクエスト』。このシリーズのうち『ドラゴンクエストⅢ~そして伝説へ~』の中で、〝オーブ〟というアイテムを集めるイベントがあった。しかし当時オーブという呼び名には、何のオカルト性もなかったのをV(-¥-)Vはしっかり覚えている。
ドラクエ
ドラクエ / marumeganechan


 オーブが盛んに取り上げられ始めたのは、写メが一般化したりデジカメが安価になって、一般人が日常的に写真撮影を始めた頃からです。

 オーブ現象といわれる画像や動画は、画面の中に大小さまざまな光の玉が浮いているモノなんですが、この正体は
90%以上、カメラのフラッシュが反射した空中のホコリ…_φ(-_-;)b〟
だと思われます。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓ ありがちな〝オーブ画像〟。正体は本文で書き垂れた通り。
GHOSTLY ORB ?
GHOSTLY ORB ? / spectrefloat


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

幽霊な話【18】

 いわゆる〝追証実験〟と呼ばれるモノですが、実験結果はバラバラで、
・人が死ぬとホントに体重が減るのか?
・減るとしたら何g減るのか?

という疑問が解決できなかったのです。


↓ 死亡時における体重減少は、世界中で科学者が追実験を行ったが、論文通りの規則性は見つからなかった(画像はイメージ)。
The moment Twitter lost Steve Jobs
The moment Twitter lost Steve Jobs / robhawkes


 この実験が初めて行われたのは前述の通り20世紀初頭と、今から100年近く前の話で、現代ほどの精密測定が出来たかは怪しいと思った方がいいでしょう。その後行われた実験でも、死んだ瞬間に体重が必ず減るとは限らなかったり、減少する重量のバラつきがあまりに多かったわけです。そんなわけでオカルト業界を除き、現時点で死ぬと魂が抜け出て体重が減るというのはヨタ噺とされています。

 もっとも
〝魂に重量はあるか? ( ̄~ ̄)〟
という基本的な問題に結論は出ていませんので、死んだ人の体重が減らなかったり、体重の減少に規則性が無かったからといって、魂の存在そのものを否定できないでしょう。


↓ そもそも魂に質量はあるか?その疑問に答えが出ていない限り、死亡時に体重が減っても減らなくても、魂実在の証明にはならない(画像はイメージ)。

"The Monster in me" series pt. 2 / MAGIC PASSION * PHOTOGRAPHY *


 また人魂によく似た現象で「鬼火」とか「狐火」と呼ばれる現象があります。外見上は人魂と鬼火、そして狐火を区別する明確な基準はないようです。あくまで見た人が
「あれは人魂だべぇ~! щ(゚д゚щ)」
とか、
「オラ、鬼火を見ただ~! (;゜Д゜)」
と決めるわけです。


↓ 「鬼火」とか「狐火」と呼ばれるモノは、自然発火現象がその正体だという説が一般化している(画像はイメージ)。
A fox in the night
A fox in the night / fisherkiller


 そんな人魂・鬼火・狐火の正体は、
〝燐やメタンによる、自然発火現象…_φ(・・ )b〟
という説が有力になっています。

 燐やメタンというのは、地球上ではありふれた物質です。特に燐は地球型の植物や動物の体内には欠かせない物質で、化学肥料にも多く含まれているのをご存知の方は多いでしょう。
=続く==続く=

【このネタを初めから読む】

↓ 家庭園芸をしている人ならご存知の方は多いが、化学肥料には燐が含まれている(画像はイメージ)
土遊び
土遊び / sawamur


ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

幽霊な話【17】

 この人魂は昭和世代まではドラマや映画などで幽霊が登場するとき、幽霊の脇で飛び回り、さながら幽霊の恐怖を盛り上げる〝小道具〟として使われていました。ただリアル心霊話として人魂だけが取り上げられることは意外と少ないようです。

↓ 昭和世代の幽霊登場シーンでは、幽霊の周りに飛び交う人魂が定番だった。当時はまだ幽霊には足が無いとか、今とは違った幽霊の定義があった(画像はイメージ)
Fire Ball 1
Fire Ball 1 / BSC Photography


 人魂の正体は前述の通り、魂が実体化したモノだと言われています。特に怨念を残して死んだ人に限らず、人が死ねば肉体から魂が抜け出て、人魂になるというわけです。

 生き物が死ぬと魂が抜け出るというのは、神話レベルの大昔から語られていました。そして20世紀初頭に医師が、臨終寸前の患者を精密な秤の上に寝かせたところ、
「人が死んだ瞬間、体重が減った! ヽ(`Д´)9」
という研究発表をしました。


↓ その昔、臨終の患者の体重を測定したところ、死んだ直後に明らかな体重減少がある…という学説が発表された(画像はイメージ)。
telling his story
telling his story / Genista


 ただしこの研究内容は、現代ではオカルト系のネタとして取り上げられる事はあっても、クソ真面目な学会で議論される事はありません。というのも、この研究の内容は2014年に日本どころか、世界中を騒がせたSTAP細胞騒動と同じく、
〝再現性がない (/-_-\)〟
という学術研究としては致命的な欠陥があったのです。

 ネットで「死ぬ 体重 減る」といったキーワードで検索してもらえればわかると思いますが、人が死ぬと何グラム体重が減るのか?ということは資料によってバラバラです。V(-¥-)Vが検索した時にも1ページ目だけで21gから40gまで、実に様々なデータが表示されていました。


↓ 死ぬと体重が減少するという学説を追証するため、世界中で実験が行われたらしいが、発表された学説を裏付けるほどの再現性はなかった(画像はイメージ)。
GRIP Experiment 2010
GRIP Experiment 2010 / NASA Goddard Photo and Video


 実験を行ったのもドイツの医師だったり、アメリカの医師だったり、どうもハッキリしません。とはいえ色んな学者が同じ実験をするのは、科学の世界では当然の話です。STAP細胞でも論文が発表された時点で、
「ホントにそんな方法で、万能細胞ができるん? (゜σ゜)」
と世界中の科学者が同じ条件で実験をします。
=続く=

【このネタを初めから読む】

↓2014年丸々1年間、学会を騒がせたSTAP細胞騒動。 学説として発表したにも関わらず、世界中の科学者が誰一人としてSTAP現象を再現できなかった。〝魂の体重〟もこれと同じで、死んでも体重が減らなかったり、減ったとしても数値は誤差程度だったりとバラつきが激しすぎていたらしい。
GOS_001.jpg

ランキングに〝ポチっ〟する (*´ω`)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

テーマ : 無駄知識
ジャンル : サブカル

(・∀・)ランキング(・∀・)
真面目にランキング参加中です。よろしければポチッと押していただけるとV(-¥-)Vが喜びます。
V(-¥-)Vの本














プロフィール

V(-¥-)V

Author:V(-¥-)V
廃れチャットサイト『E!チャット』の管理人です。

カテゴリ
3D球体タグクラウド
もくじから探すなんて面倒くせぇという人のために… (・∀・)
V(-¥-)V’s アルバム
あわせて読みたい
あわせて読みたい

最近読まれた記事
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

gremz
リンク
(・∀・) 自動リンク (・∀・)
最新トラックバック
最新コメント
feedmeter
フィードメーター - E!チャット管理人 X-ふぁいる
RSSリンクの表示